メールボックスを空き時間情報に移動した後、ユーザーは空き時間情報を表示Office 365

現象

メールボックスをメールボックスに移動Microsoft Office 365、オンプレミスのユーザーは、メールボックスの空き時間情報を表示スケジュール アシスタント。

スクリーンショットは、オンプレミスユーザーがメールボックスの空き時間情報を表示できないスケジュール アシスタント。

また、ユーザーは予定表フォルダーを表示できなくなったので、ユーザーは "更新できません" というエラーを受け取ります。

スクリーンショットは、ユーザーが Calendar フォルダーを表示できなくなったとエラーを受け取った状態を示しています。

原因

予定表フォルダーの既定のアクセス許可は、[なし] または [共同作成者] に 設定 されます。 フォレスト間のシナリオで スケジュール アシスタント を使用して空き時間情報をクエリする場合、可用性サービスは委任されたユーザーアクセス許可の代わりに組織の関係を使用します。 スケジュール アシスタント要求するユーザーの代わりに、組織の関係に代わってフォレスト間要求を行います。 組織の関係は、予定表のアクセス許可に表示される既定のアカウントにリンクします。 そのため、「空き時間」や「空き時間、件名、場所」など、明示的に付与されたアクセス許可を処理することはできません。

回避策

予定表フォルダーの既定のアクセス許可が [なし] または [共同作成者] に設定されている場合は、予定表を Outlook の予定表ビューに直接添付してユーザー委任を使用する場合にのみ詳細を取得できます。 ハイブリッド展開では、空き時間情報と予定表共有機能は、両方のユーザーが同じ環境にある場合とは異なる動作をします。 既定のアクセス許可は、リモート フォレスト内のユーザーが表示できる空き時間情報の種類を決定します。 既定のアクセス許可が [なし] または [ 共同作成者] に設定されている場合、リモート ユーザーの空き時間情報は表示されません。ユーザーはメールボックスの予定表を表示できません。 これは、どちらの種類のアクセス許可も空き時間情報の表示レベルを提供しないのでです。

スクリーンショットは、既定のアクセス許可レベルが投稿者に設定されています。空き時間情報の表示レベルは提供されません。

スクリーンショットは、空き時間情報の表示レベルを提供せずに、既定のアクセス許可レベルが [なし] に設定されている状態を示しています。

リモート ユーザーがメールボックスの空き時間情報を表示できる必要がある場合、メールボックス所有者は、既定のアクセス許可を空き時間または空き時間、件名、場所に変更して、この問題を回避できます。 これにより、すべてのリモート ユーザーで共有される空き時間情報が変更されます。 たとえば、既定のアクセス許可を空き時間 に設定できます

既定のアクセス許可レベルを空き時間に変更したスクリーンショット。

リモート ユーザーは、次の方法で空き時間情報スケジュール アシスタント。

スクリーンショットは、リモート ユーザーが空き時間情報データをユーザーに表示スケジュール アシスタント。

または、リモート ユーザーは空き時間情報データを追加の予定表として表示できます。

スクリーンショットは、リモート ユーザーが空き時間情報データを追加の予定表として表示できる状態を示しています。

リモート ユーザーには、予定表フォルダーのコンテンツへの追加アクセス権を取得するための予定表フォルダーのアクセス許可を付与できます。

スクリーンショットは、ユーザーのアクセス許可がレビューアに設定され、完全な詳細を読み取ることができます。

注意

ハイブリッド環境では 、空き時間、件名、場所 (制限付き詳細) のアクセス 許可が不十分です。 予定表アイテムの詳細を表示するには、少なくとも レビュー アーのアクセス許可をユーザーに付与する必要があります。

リモート ユーザー (テスト ユーザー 1) にメールボックス予定表フォルダーが表示されます。

スクリーンショットは、メールボックスの予定表フォルダーを示しています。

詳細情報

フォレスト間の空き時間情報の構成の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

3079932ユーザーは、リモート フォレスト内の基本的な空き時間情報のみを表示Office 365

既定の予定表のアクセス許可を設定する場合、またはユーザー予定表のアクセス許可を明示的に付与する場合、投稿者のアクセス許可にはいくつかの違いがあります。 既定の予定表のアクセス許可が設定されている場合、[ 空き時間情報] 設定では None が使用 されます

既定の予定表のアクセス許可レベルが投稿者に設定されている場合、[空き時間情報] 設定が [なし] に設定されているスクリーンショットを示します。

ユーザーに投稿者権限が付与された場合、アクセス許可レベルは自動的に [カスタム] に変更 されます。 これには、 空き時間が含まれます

スクリーンショットは、ユーザーに投稿者の権限が付与された後にアクセス許可レベルが自動的に [カスタム] に変更され、空き時間情報が含まれます。

予定表でアイテムを作成できるユーザーはフォルダーを表示し、空き時間情報を表示することもできます。