Office 365 で使用した場合に Outlook がクラッシュしたり応答を停止したりする問題のトラブルシューティング方法

はじめに

この資料では、Office 365 と共に使用する場合に、Outlook で次の種類の問題をトラブルシューティングする方法について説明します。

  • Outlook が応答を停止 (ハング) します。
  • Outlook を積極的に使用していない場合でもクラッシュします。
  • Outlook を起動するとクラッシュします。

手順

Office 365 環境での Outlook の問題のトラブルシューティングを支援するには、次の手順を実行します。

手順 1: アドインで発生する可能性のある問題を調査する

  1. Outlook を終了します。

  2. [実行] ダイアログ ボックスを開きます。 それには、使用している Windows のバージョンに応じて、以下のいずれかの方法を使用します。

    • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 を実行している場合は、Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押します。
    • Windows 7 を実行している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「実行」と入力し、実行 キーを押します。
  3. Outlook /safe と入力し、[OK] をクリックします。

  4. 問題が解決した場合は、[ファイル] メニューの [オプション] をクリックし、[アドイン] をクリックします。

  5. [COM アドイン] を選択し、[設定] をクリックします。

  6. リスト内のすべてのチェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

  7. Outlook を再起動します。 問題が発生しない場合は、問題が発生するまで、一度に 1 つずつアドインの追加を開始します。

手順 2: Office を修復する

  1. [コントロール パネル] を開き、[プログラムのアンインストール] をクリックします。
  2. インストールされているプログラムの一覧で、Office インストールのエントリを右クリックし、[変更] をクリックしてから、[オンライン修復] をクリックします。

手順 3: Outlook 診断を実行する

  1. 問題を解決するための自動診断は、Outlook を実行すると開始されません

    注意

    ブラウザーに確認画面が表示されたら、[実行] をクリックします。

  2. ツールで問題が解決しない場合は、Windows または Look に移動して、Office 365 向け Microsoft サポート/回復アシスタント (SaRA) を起動します。

  3. 最初の画面で、[Outlook] を選択し、[次へ] を選択します。

  4. 必要に応じて、次のいずれかのオプションを選択し、[次へ] を選択します。

    • Outlook がハングまたはフリーズし続ける
    • Outlook が「Microsoft Outlook は動作を停止しました」というメッセージを表示してクラッシュし続ける。

    SaRA はいくつかの診断チェックを実行し、Outlook の接続の問題を修正するために使用できる解決策を返します。

手順 4: 新しい Outlook プロファイルを作成する

注意

手順 3 で SaRA を実行し、新しいプロファイルを作成した場合は、手順 4 をすべてスキップできます。

  1. コントロール パネルを開き、[メール] をクリックします。

  2. [プロファイルの表示] をクリックします。

  3. 削除するプログラムをクリックし、[削除] をクリックします。

    重要

    プロファイルを削除すると、関連付けられたデータ ファイルも削除されます。 データ ファイルがサーバーにバックアップまたは保存されているかどうかがわからない場合は、プロファイルを削除しないでください。 代わりに、手順 4 に進みます。

  4. [追加] をクリックします。

  5. [プロファイル名] ボックスに、新しいプロファイルの名前を入力します。

  6. ユーザー名、プライマリ SMTP アドレス、パスワードを指定します。 [次へ] をクリックします。

  7. 次のメッセージが表示される場合があります。

    alias@domain の設定のために、この Web サイトにアクセスすることを許可しますか? このメッセージで、[この Web サイトについては今後このメッセージを表示しない] チェック ボックスをオンにし、[許可] をクリックします。

  8. 確認画面が表示されたら、ログオン資格情報を入力し、[OK] をクリックします。

  9. セットアップが完了したら、[完了] をクリックします。

手順 5: サポートに問い合わせる前に SaRA Advanced Diagnostics を実行する

この手順では、Outlook の構成に関する詳細情報を作成し、検出された既知の問題の解決策を提供します。 また、サポートを呼び出す前に、サポート エンジニアが結果を確認できるように、結果を Microsoft にアップロードするオプションも提供します。

  1. Outlook Advanced Diagnostics をクリックします。
  2. ブラウザーに確認画面が表示されたら、[実行] をクリックします。

詳細

Outlook と共に使用されるコマンド ライン スイッチの詳細については、Microsoft Office 製品のコマンド ライン スイッチを参照してください。

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。