Outlook クライアントで Teams または Skype for Business のアイテム保持ポリシーが表示される

元の KB 番号:   4491013

現象

Outlook デスクトップクライアントは、フォルダーのプロパティを表示するときにメールボックスに適用される既定のポリシーとして、Teams または Skype for Business のアイテム保持ポリシーを使用します。 予想される動作は、Exchange メールボックスポリシーを一覧表示することです。

原因

セキュリティ & コンプライアンスセンターで、組織が Teams または Skype for Business の複数のアイテム保持ポリシーを作成すると、Outlook クライアントは既定で Teams または Skype for business のいずれかのポリシーを表示します。

Outlook に表示される Teams または Skype for Business ポリシーは、ユーザーのメールフォルダーには適用されません。 そのため、Outlook クライアントには、メールフォルダーの正しくないポリシー情報が表示されます。

状態

Microsoft は、この問題を認識しており、情報が入手可能になった時点でこの記事の情報を投稿します。