2013 年の累積的な更新プログラムをインストールした後Exchange Server ID 106 エラー: パフォーマンス カウンターの更新エラー

元の KB 番号:  2870416

現象

Microsoft Exchange Server 2013 クライアント アクセス サーバーの役割を新しいサーバーにインストールしてからサーバーを再起動すると、アプリケーション ログに多数のイベント ID 106 エラーが表示されます。 たとえば、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

ID: 106
Level: Error
Source: MSExchange Common
Machine: -
Message: Performance counter updating error. Counter name is Per-Tenant KeyToRemoveBudgets Cache Size, category name is MSExchangeRemotePowershell. Optional code: 3. Exception: The exception thrown is: System.InvalidOperationException: The requested Performance Counter is not a custom counter, it has to be initialized as ReadOnly.\

セットアップ ログ (ExchangeSetup.log Exchangeを確認すると、次の情報が表示されます。

[WARNING]パフォーマンス カウンター定義ファイル C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Bin\Perf\AMD64\GlsPerformanceCounters.xmlが見つかりませんでした。

原因

この問題は、パフォーマンス カウンターを読み込めないので発生します。

解決方法

注意

次のメソッドは問題を解決しますが、一部のカウンターはデータセンター専用のため、MSExchange Common のイベント ID 106 はオンプレミス展開から本当に排除されません。

この問題を解決するには、不足しているカウンターを手動で読み込む必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. パフォーマンス モニターを閉じ、不足しているカウンターを使用しようとしている可能性がある他の監視サービスを停止します。

  2. [Exchangeシェル] で、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Add-Pssnapin Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.Setup
    
  3. パフォーマンス New-PerfCounters カウンターを追加するために実行します。 たとえば、次のコマンドで定義されているパフォーマンス カウンターを読み込む場合GlsPerformanceCounters.xmlコマンドレットを実行します。

    New-PerfCounters -definitionfilename "C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Setup\Perf\GlsPerformanceCounters.xml"