ハイブリッド展開のユーザーは、ハイブリッド展開で作成された共有メールボックスにExchange Online

注意

2010 年から 2010 年のExchange 管理コンソールにMicrosoft Exchange Serverハイブリッド構成ウィザードはサポートされなくなりました。 したがって、古いハイブリッド構成ウィザードを使用しなくなりました。 代わりに、ハイブリッド構成ウィザードOffice 365使用します。 詳細については、「ハイブリッド構成ウィザード Office 365 2010 Exchange」を参照してください。

問題

次のような状況で問題が発生します。

  • オンプレミス のハイブリッド展開は、Microsoft Exchange ServerとMicrosoft Exchange Online展開Office 365。
  • 共有メールボックスは、共有メールボックスに直接Exchange Online。
  • 1 人または複数のユーザーにフル アクセス許可を割り当てる。

このシナリオでは、次の 1 つ以上の問題が発生します。

  • ユーザーは、ユーザーが共有メールボックスを開Outlook。
  • ユーザーは、共有メールボックスの空き時間情報を表示できません。
  • ユーザーは、共有メールボックスにメールを送信できません。

原因

これらの問題は、共有メールボックスが管理ツールを使用して作成された場合Exchange Online発生します。 この状況では、オンプレミスのユーザー Exchange共有メールボックスを参照するオブジェクトはありません。 したがって、その SMTP アドレスのすべてのクエリが失敗します。

ソリューション

注意

ハイブリッド展開は、現在の (N) および以前の (N-1) 累積的な更新プログラム (US) でのみサポートされます。 Exchange Server 2013 (CU20 以前のバージョン) または Exchange Server 2016 (CU9 以前のバージョン) を実行している場合は、サーバーの整合性を保護するために最新バージョンにアップグレードすることが重要です。

Exchange Server 2013 (CU21 以降のバージョン) または Exchange Server 2016 (CU10 以降のバージョン) を使用するオンプレミス環境の場合は、次の操作を行います。

管理シェルのスイッチでNew-RemoteMailbox``-Sharedコマンドレットを使用して、クラウド メールボックスのオンプレミス オブジェクトExchangeします。

このオブジェクトには、クラウド メールボックスと同じ名前、エイリアス、およびユーザー プリンシパル名 (UPN) が必要です。 詳細については、「 New-RemoteMailbox」を参照してください

たとえば、次のコマンドを実行します。

New-Remotemailbox -Name "<Shared mailbox>" -Alias <sharedmailbox> -UserPrincipalName <sharedmailbox@contoso.com> -Remoteroutingaddress <sharedmailbox@contoso.mail.onmicrosoft.com> -Shared

詳細情報

リモート共有メールボックスの詳細については、「共有メールボックスは、Exchange ハイブリッド展開でディレクトリ同期を実行した後にユーザー メールボックスに予期せず変換される」および「コマンドレット」を参照して、オンプレミスの Exchange 環境でリモート共有メールボックスを作成または変更します。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft Communityまたは TechNet フォーラムExchange移動します