HoloLens (第 1 世代) の操作方法

ホログラムの世界に入る準備はできていますか? ここでは、開始にあたって必要な情報をお伝えします。

このガイドでは、Mixed Reality の概要とホログラムを操作するためのジェスチャについて説明し、Windows Holographic を紹介します。

Mixed Reality について

HoloLens では、ホログラムが物理環境と一体化して、現実世界の一部であるかのような見た目やサウンドを生み出します。 ホログラムが自分の周囲にあっても、自分の周りに実在するものを見て、自由に動き、他の人々や物体とやり取りすることができます。 このエクスペリエンスを "Mixed Reality" と呼びます。

ホログラフィック フレームによって、ユーザーの目が細部に最も敏感になる位置にホログラムが配置されます。レンズが透明であるため、ユーザーの周辺視野が妨害されません。 立体音響により、ホログラムが自分の背後にある場合でもホログラムを特定できます。 HoloLens はユーザーの環境を認識して理解するため、実際の物体の上および周囲にホログラムを配置できます。アプリやゲームでも同様のことができます。 そのため、ゲームのキャラクターがソファに座ったり、宇宙ロボットが壁から飛び出したりすることがあります。

手を使って HoloLens を操作する

HoloLens の操作は、スマートフォンの使用によく似ています。 Holographic のウィンドウ、メニュー、およびボタンは、手を使って操作できます。 ポイント、クリック、タップの代わりに、視線入力、音声、手の動きを使用してアプリやホログラムを選択し、HoloLens を操作できます。

このような基本操作を知っていれば、HoloLens の操作は簡単です。

ここでは、初めて HoloLens を使用する場合の基本事項について説明します。 [スタート] メニューにもジェスチャのチュートリアルがあります。ジェスチャの詳細アプリを探してください。

ハンド トラッキング フレーム

HoloLens には、ユーザーの左右を数フィートずつ見ることのできるセンサーが搭載されています。 手を使用する場合は、手の位置をこのフレーム内に収める必要があります。そうしないと、HoloLens では認識できません。 ユーザーが動くと、フレームも一緒に動きます。

Image that shows the HoloLens hand-tracking frame.

ブルームでスタート メニューを開く

[スタート] メニューを開くには:

  1. ジェスチャ フレームに収まるように、手を自分の正面に出します。
  2. ブルーム: すべての指をすぼめてから、手を開きます。 Animation that shows the bloom gesture.

視線入力とエアタップでホログラムを選択する

アプリまたはその他のホログラムを選択するには、選択するホログラムを直接見ながらエアタップします。 次の手順に従います。

  1. 選択するホログラムを見つめます。
  2. 人差し指をまっすぐ上に伸ばして、天井を指します。
  3. エアタップ: 指先を下げてから、またすばやく上げます。 Air-tap gesture animation.

声を使用してホログラムを選択する

  1. 視線カーソルは、頭を動かすことで移動するドットです。 これを使用すると、音声コマンドの対象を高い精度で指定できます。
  2. 選択対象のホログラムを見つめます。
  3. ホログラムを選択するには、「選択」と言います。

ホログラムとアプリ

それではジェスチャを試してみましょう。

インストールされているアプリはスタート メニューにありますが、Microsoft Store にはさらに多くの HoloLens (第 1 世代) 用アプリがあります。

スタート メニューを開き、アプリを選択します。

HoloLens でのアプリの使用は、PC での場合と少し異なります。一部のアプリでは、2D ビューが使用され、他の Windows アプリケーションと同様の外観です。 他のアプリ (イマーシブ アプリ) では 3D ビューが使用されます。起動した場合、見えるのはそのアプリだけになります。

アプリ ウィンドウまたはアプリ起動ツールを配置すると、削除するまで保持されます。 Mixed Reality ホームにあるホログラムは、いつでも移動またはサイズ変更できます。

アプリの移動、サイズ変更、回転

HoloLens でのアプリの移動とサイズ変更は、PC の場合と少し異なります。 アプリをドラッグする代わりに、見つめる動作と共にジェスチャまたはクリッカーを使用します。 アプリ ウィンドウを 3D 空間内で回転させることもできます。

ヒント

音声を使ってアプリの位置やサイズを調節することもできます。アプリを見つめて、「正面から見る」、「もっと大きく」、「もっと小さく」と言います。または、Cortana を使ってアプリを動かすには、「Hey Cortana, move *app name* here」 (コルタナさん、"アプリ名" をここに移動して) と言います。

アプリを移動する

アプリ (アプリ ウィンドウのタイトル バーの部分) を見つめ、次のいずれかの操作を行います。

  • アプリを長押しして選択します。 アプリの移動先まで手を動かし、指を上げてアプリを配置します。
  • [調整] を選択し、長押しして、アプリの移動先まで手を動かします。 指を上げてアプリを配置し、[完了] を選択します。
  • [調整] を選択し、クリッカーを長押しして、アプリの移動先まで手を動かします。 クリッカーを離し、[完了] を選択します。

ヒント

アプリを移動するときにドロップする場合は、自分の手を視線で追い、手がジェスチャ フレームから出ないようにしてください。

アプリのサイズを変更する

アプリを見つめて、次のいずれかの操作を行います。

  • アプリ ウィンドウの隅または縁を見つめて、長押しします。 手を動かしてアプリのサイズを変更し、終わったら指を上げます。
  • [調整] を選択します。 アプリの隅にある青色の正方形の 1 つを見つめて、長押しし、手を動かしてアプリのサイズを変更します。 指を上げてアプリを配置し、[完了] を選択します。
  • [調整] を選択します。 アプリの隅にある青色の正方形の 1 つを見つめて、クリッカーを長押しし、手を動かしてアプリのサイズを変更します。 クリッカーを離し、[完了] を選択します。

ヒント

調節モードでは、任意のホログラムを移動またはサイズ変更できます。

アプリを回転させる

アプリを見つめ、両手で長押しして選択します。 アプリを回転させるには、一方の手を固定し、それを中心にもう一方の手で円弧を描きます。 操作を終えたら、両手の人差し指を上げます。

アプリ ウィンドウのコンテンツをスクロールする

アプリ ウィンドウのコンテンツを見つめます。 タップして長押しし、手を少し上方向または下方向へ動かして、コンテンツをスクロールします。

複数のユーザーとの HoloLens の共有

1 つの HoloLens を多くの人と共有したり、多くの人が一連の HoloLens デバイスを共有したりすることは一般的です。

複数のユーザーと共有し、それぞれが自分のアカウントを使用する

前提条件: HoloLens (第 1 世代) を Windows Holographic for Business にアップグレードする必要があります

独自の Azure Active Directory (Azure AD) アカウントを使用する場合は、複数のユーザーがデバイスに独自のユーザー設定とユーザー データを保持できます。

複数のユーザーが HoloLens で自分のアカウントを使用できるようにするには、次の手順に従います。

  1. デバイスを設定するときに、[職場または学校が所有しています] を選択し、Azure AD アカウントを使用してサインインします。
  2. セットアップが完了したら、必ず、アカウント設定 ([設定] > [アカウント]) に [その他のユーザー] が含まれるようにしてください。

HoloLens を使用するには、各ユーザーが次の手順に従う必要があります。

  1. 別のユーザーがデバイスを使用していたことがある場合は、電源ボタンを 1 回押してスタンバイ状態にします。 次に、電源ボタンを再度押すとロック画面に戻ります。

  2. Azure AD アカウントの資格情報を使用して、デバイスにサインインします。 デバイスを初めて使用する場合は、HoloLens を自分の目で調整する必要があります。

デバイス ユーザーの一覧を表示したり、デバイスからユーザーを削除したりするには、[設定]>[アカウント]>[その他のユーザー] に移動します。

すべて同じアカウントを使用して複数のユーザーと共有する

複数のユーザーが、1 つのユーザー アカウントを使用しているときに HoloLens デバイスを共有することもできます。

同じアカウントを共有するユーザーは、[設定] で HoloLens を再調整する必要があります。 調整の詳細情報を読んでください。

HoloLens (第 1 世代) クリッカーについて

HoloLens (第 1 世代) クリッカーは、ホログラムを操作するもう 1 つの方法です。 HoloLens とペアリングし、見つめる動作と共に使用して、選択、スクロールなどを行います。

次のステップ

お疲れさまでした。 HoloLens (第 1 世代) を使用する準備ができました。

これで、特定のニーズに合わせて HoloLens (第 1 世代) を構成できます。

マウスやキーボードなどの bluetooth デバイスを接続する

音声と Cortana について

大変です。 ホログラムが見つからない

HoloLens の使用中に配置したホログラムが見つからない場合には、次の方法を試すことができます。

  • 適切な領域を見ているか確認します。ホログラムがある場所は、配置した場所です。
  • 今いる場所が、直射日光が当たりすぎない明るい部屋であるか確認します。
  • 待機します。 HoloLens が空間を認識できない場合、以前に配置されたホログラムが再表示されるまでに最大で 1 分かかることがあります。
  • 問題が解決しない場合は、[設定]>[システム]>[ホログラム] でホログラムのストレージ データを消去して、Mixed Reality ホームにホログラムをもう一度配置する必要があります。