ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Edge

発行元2016 年 7 月 19 日
更新日: 2021 年 2 月 5 日

製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

Microsoft Edge のライフサイクル ポリシーはどのようなものですか?

Microsoft Edge は、モダン ポリシーに従います。 機能の更新プログラムは、およそ 6 週間のサイクルでリリースされます。 Microsoft Edge のライフサイクル ポリシーの詳細については、こちらを参照してください。

レガシ バージョンの Microsoft Edge デスクトップ アプリのサポートの終了は、2021 年 3 月 9 日です。 これは、その日以降、Microsoft Edge レガシがセキュリティ更新プログラムを受信しないことを意味します。 詳細については、こちらを参照してください。

ライフサイクルに関する追加情報においては、チャネル別のサービス ガイドライン とサポートされるオペレーティング システムの一覧を参照してください。 Microsoft Edge をインストールした後に Microsoft Edge Legacy にアクセスする方法については、こちらを参照してください。

既定のブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 ダウンロードするには、こちらを参照してください。

Internet Explorer のライフサイクル ポリシーはどのようなものですか?

Microsoft では、Microsoft Edge を既定のブラウザーとして使用することを推奨し、下位互換性のために Internet Explorer 11 をサポートします。 Microsoft Edge でサポートされているオペレーティング システムの一覧については、こちらを参照してください。

Internet Explorer は、Windows オペレーティング システムのコンポーネントであり、インストールされる製品のライフサイクル ポリシーに従います。 以前のバージョンの Internet Explorer を実行しているお客様は、最新バージョンの Edge に移行することをお勧めします。

IE 11 での Teams および Office 365/Microsoft 365 のサポートについては、こちらを参照してください。

IE11 での Azure DevOps のサポートについては、こちらを参照してください。

2016 年 1 月 12 日から、サポートされているオペレーティング システムで使用可能な最新バージョンの Internet Explorer ブラウザーのみがテクニカル サポートとセキュリティ更新プログラム配信の対象になります。 ライフサイクルが 2016 年 1 月 12 日またはその前に終了する製品は影響を受けないため、表に記載されていません。

Windows デスクトップ オペレーティング システム Internet Explorer のバージョン
Windows 7 SP1 * Internet Explorer 11
Windows 8.1 Update Internet Explorer 11
Windows 10 Internet Explorer 11

Windows Server オペレーティング システム Internet Explorer のバージョン
Windows Server 2008 SP2 * Internet Explorer 9
Windows Server 2008 IA64 (Itanium) * Internet Explorer 9
Windows Server 2008 R2 SP1 * Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 IA64 (Itanium) * Internet Explorer 11
Windows Server 2012** Internet Explorer 11
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11
Windows Server 2016 と今後のリリース Internet Explorer 11

Windows Embedded オペレーティング システム Internet Explorer のバージョン
Windows Embedded Compact 7 Internet Explorer 7
Windows Embedded Compact 2013 Internet Explorer 7
Windows Embedded Standard 2009 (WES09) * Internet Explorer 8
Windows Embedded POSReady 2009 * Internet Explorer 8
Windows Embedded Standard 7 Internet Explorer 11
Windows Embedded POSReady 7 Internet Explorer 11
Windows Thin PC*** Internet Explorer 11
Windows Embedded 8 Standard** Internet Explorer 11
Windows 8.1 Industry Update Internet Explorer 11

*これらの製品はサポートされなくなりました。 サポート終了日と移行情報については、「ライフサイクル製品検索」を参照してください。 Extended Security Update (ESU) プログラムが利用可能な場合があります。 詳細については、こちらを参照してください。

**2020 年 2 月 12 日以降、Internet Explorer (IE) 10 は Windows Server 2012 および Windows Embedded 8 Standard ではサポートされなくなりました。 IE 11 にアップグレードするには、こちらを参照してください。

***2017 年 1 月 10 日、Windows Thin PC の IE 8 が IE 11 に置き換わりました。 2016 年 1 月 12 日以降も引き続き Internet Explorer 8 の更新プログラムを受け取るには、Microsoft アカウント チームにお問い合わせださい。

Internet Explorer 11 は Internet Explorer の最後のバージョンですか?

はい、Internet Explorer 11 は Internet Explorer の最後のメジャー バージョンです。 Internet Explorer 11 は、インストールされている Windows のバージョンのライフサイクルに合わせて、セキュリティ更新プログラムとテクニカル サポートを引き続き受けることができます。 Microsoft Update カタログ、Windows Update、および Windows Server Update Services (WSUS) で、IE 11 を入手できます。

エンタープライズ基幹業務 (LOB) アプリケーションが、サポートが終了した Internet Explorer のバージョンに依存している場合はどうなりますか?

Internet Explorer からの移行を容易にするために、Microsoft Edge では Internet Explorer モードを提供することで、下位互換性が向上します。これにより、お客様は多くのレガシ Web アプリケーションを実行できるようになります。 Microsoft は、オペレーティング システムのライフサイクルの期間中、Microsoft Edge で Internet Explorer モードをサポートすることを約束します。

お客様が特定の Internet Explorer ランタイム DLL に依存するアプリケーションを実行している場合の Microsoft のガイダンスはどのようになっていますか?

Microsoft は、各 Windows オペレーティング システムに対応した最新バージョンの Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラムのみをリリースします。 お客様は、最新バージョンの Internet Explorer をインストールし、Internet Explorer ランタイム DLL を更新して、更新プログラムを受け取り、サポート対象となる構成を維持する必要があります。

ユーザーが Internet Explorer の機能を無効にしたとき、Internet Explorer ランタイム DLL を使用するサード パーティのソフトウェアがある場合、Internet Explorer ランタイム DLL をどのようにして更新できますか?

お客様が Internet Explorer ランタイム DLL を更新する必要がある場合は、最新バージョンの Internet Explorer (IE 11) をインストールしてランタイム DLL を更新する必要があります。 その後で、セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取ることになります。