Configuration Manager クライアントのコンテンツ キャッシュを構成する

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ)

クライアント キャッシュには、クライアントがアプリケーションとプログラムをインストールするときに使用する一時ファイルが格納されます。 ソフトウェア更新プログラムはクライアント キャッシュも使用しますが、常にサイズ設定の何でもキャッシュにダウンロードします。 クライアントを手動でインストールする場合、クライアント プッシュ インストールを使用する場合、インストール後に、サイズや場所などのキャッシュ設定を構成します。

Configuration Manager コンソールでクライアント設定を使用してキャッシュ フォルダーのサイズを指定できます。 詳細については、「クライアント キャッシュ設定 」を参照してください

Configuration Manager クライアント キャッシュの既定の場所は、既定のディスク領域は %windir%\ccmcache 5120 MB です。

重要

クライアント キャッシュに使用するフォルダーを暗号化しない。 Configuration Manager は、暗号化されたフォルダーにコンテンツをダウンロードできません。

概要

Configuration Manager クライアントは、展開の利用可能な時間の直後に必要なソフトウェアのコンテンツをダウンロードしますが、展開のスケジュールされた時刻まで実行を待機します。 スケジュールされた時刻に、Configuration Manager クライアントは、コンテンツがキャッシュで使用できるかどうかを確認します。 コンテンツがキャッシュに含め、正しいバージョンである場合、クライアントはキャッシュされたコンテンツを使用します。 必要なバージョンのコンテンツが変更された場合、またはクライアントがコンテンツを削除して別のパッケージを作成する場合、クライアントはコンテンツを再びキャッシュにダウンロードします。

クライアントがキャッシュのサイズより大きいプログラムまたはアプリケーションのコンテンツをダウンロードしようとすると、キャッシュ サイズが不十分のため展開が失敗します。 クライアントは、キャッシュ サイズが不十分な状態メッセージ 10050 を生成します。 後でキャッシュ サイズを大きくすると、次の結果が得られます。

  • 必要なプログラムの場合: クライアントはコンテンツのダウンロードを自動的に再試行しない。 パッケージとプログラムをクライアントに再展開します。
  • 必要なアプリケーションの場合: クライアントは、クライアント ポリシーをダウンロードするときにコンテンツのダウンロードを自動的に再試行します。

クライアントがキャッシュのサイズより小さいコンテンツをダウンロードしようとしたが、キャッシュが満たされている場合、必要なすべての展開は次の処理まで再試行を続ける。

  • キャッシュ領域が使用可能
  • ダウンロードのタイム アウト
  • 再試行回数が制限に達する

後でキャッシュ サイズを大きくすると、クライアントは次の再試行間隔の間にコンテンツの再ダウンロードを試みます。 クライアントは、18 回試行するまで、4 時間ごとにコンテンツをダウンロードします。

キャッシュされたコンテンツは自動的には削除されません。新しいコンテンツでディスク領域が必要な場合にのみ削除されます。 クライアントがコンテンツを使用した後、構成された数分間キャッシュに残ります。 コンテンツをクライアント キャッシュに保持するオプションを使用してコンテンツを構成した場合、クライアントは自動的にコンテンツを削除しません。 構成された数分以内にダウンロードされたコンテンツによってキャッシュ領域が使用され、クライアントが新しいコンテンツをダウンロードする必要がある場合は、キャッシュ サイズを大きくするか、永続キャッシュ コンテンツを削除するオプションを選択します。 詳細については、「クライアント設定 について」を参照してください

重要

エクスプローラーまたはコマンド ラインを使用して、クライアント キャッシュ フォルダー Windows手動で削除しない。 このアクションにより、Configuration Manager クライアントに問題が発生する可能性があります。 クライアントはキャッシュを管理し、ファイル システムとは別にコンテンツを追跡します。 常にサポートされているメソッドを使用して、キャッシュ内のファイルを削除します。

アプリケーションの場合のみ、関連する展開のコンテンツが現在キャッシュに存在する場合、クライアントは新しいファイルまたは変更されたファイルのみをダウンロードします。 関連する展開には、同じ展開の種類と、より古いアプリケーションの古いリビジョンの展開が含まれます。

Configure

クライアントの手動インストール中、またはクライアントのインストール後にクライアント キャッシュを構成するには、次の手順を使用します。

手動クライアントインストール時にキャッシュを構成する

インストール 元のCCMSetup.exeコマンドを実行し、必要な次のプロパティをスペースで区切って指定します。

  • DISABLECACHEOPT

  • SMSCACHEDIR

  • SMSCACHEFLAGS

注意

SMSCACHESIZE ではなく Configuration Manager コンソール設定クライアント サーバーで使用できるキャッシュ サイズ設定を使用します。 詳細については、「クライアント キャッシュ設定 」を参照してください

これらのコマンド ライン プロパティを使用する方法の詳細については、「CCMSetup.exeクライアント インストールのプロパティについて」 を参照してください

クライアント プッシュ インストール時にキャッシュを構成する

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理]ワークスペースに移動し、[サイト構成] を 展開 し、[サイト] ノード を選択 します。

  2. 適切なサイトを選択します。 リボンの [ホーム] タブの [クライアント インストール] グループ 設定、[クライアント インストール]設定を選択 し、[クライアント プッシュ インストール]を選択します。 [インストールのプロパティ] タブに切り替 えます。

  3. スペースで区切られた次のプロパティを指定します。

    • DISABLECACHEOPT

    • SMSCACHEDIR

    • SMSCACHEFLAGS

    注意

    SMSCACHESIZE ではなく Configuration Manager コンソール設定クライアント サーバーで使用できるキャッシュ サイズ設定を使用します。 詳細については、「クライアント キャッシュ設定 」を参照してください

これらのコマンド ライン プロパティを使用する方法の詳細については、「CCMSetup.exeクライアント インストールのプロパティについて」 を参照してください

クライアント コンピューターでキャッシュを構成する

  1. クライアント コンピューターで、Configuration Manager コントロール パネルを 開きます。

  2. [キャッシュ] タブ に切り替 えます。スペースと場所のプロパティを設定します。 既定の場所はです %windir%\ccmcache

  3. キャッシュ フォルダー内のファイルを削除するには、[ファイルの削除] を選択します

    重要

    エクスプローラーまたはコマンド ラインを使用して ccmcache フォルダー Windows手動で削除しない。 このアクションにより、Configuration Manager クライアントに問題が発生する可能性があります。 クライアントはキャッシュを管理し、ファイル システムとは別にコンテンツを追跡します。 常にサポートされているメソッドを使用して、キャッシュ内のファイルを削除します。 たとえば、コントロール パネル の [ファイル の削除] オプションです。

クライアント サーバーでクライアント キャッシュ サイズを構成設定

クライアントを再インストールせずに、クライアント キャッシュのサイズを調整します。 Configuration Manager コンソールのクライアント サーバーで使用可能 設定キャッシュ サイズの設定を使用します。 詳細については、「クライアント キャッシュ設定 」を参照してください

次の手順

クライアント通知