Configuration Manager での OS 展開の準備

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ)

オペレーティング システムを展開する前に、Configuration Manager で行う必要があるいくつかの操作があります。 OS の展開を準備するには、次の記事を使用します。

OS イメージ のサイズ

OS イメージのサイズは大きいです。 たとえば、7 のイメージ サイズWindows 3 GB 以上です。 イメージのサイズと、OS を同時に展開するコンピューターの数は、ネットワークのパフォーマンスと使用可能な帯域幅に影響します。 ネットワークパフォーマンスをテストしてください。 影響をテストすると、イメージの展開に与える影響と、展開の完了に要する時間が測定されます。 ネットワークパフォーマンスに影響を与える Configuration Manager アクティビティには、イメージを配布ポイントに配布する、あるサイトから別のサイトにイメージを配布する、イメージをクライアントにダウンロードするなどのアクティビティがあります。

また、OS イメージをホストする配布ポイントで十分なディスクストレージ領域を計画してください。

詳細については、「配布ポイントの その他の計画に関する考慮事項」を参照してください

クライアント キャッシュ サイズ

Configuration Manager クライアントがコンテンツをダウンロードすると、利用可能な場合はバックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が自動的に使用されます。 OS をインストールするタスク シーケンスを展開する場合は、展開にオプションを設定して、Configuration Manager クライアントがタスク シーケンスを実行する前に完全なイメージをローカル キャッシュにダウンロードできます。

Configuration Manager クライアントが OS イメージをダウンロードする必要があるが、キャッシュに十分な領域が含されていない場合、クライアントはキャッシュ内の領域をクリアできます。 キャッシュ内の他のパッケージをチェックして、最も古いパッケージを削除すると、イメージに合わせて十分なディスク領域が解放されるかどうかを確認します。 パッケージを削除しても十分な領域が空かない場合、クライアントはイメージをダウンロードし、展開は失敗します。 この動作は、キャッシュに大きなパッケージが含まれる場合に発生する可能性があります。 パッケージを削除すると、キャッシュ内の十分なディスク領域が解放されます。クライアントはそれらを削除し、イメージをキャッシュにダウンロードします。

Configuration Manager クライアントの既定のキャッシュ サイズは、ほとんどの OS イメージ展開では十分な大きさではない可能性があります。 完全なイメージをクライアント キャッシュにダウンロードする場合は、展開するイメージのサイズに合わせて、展開先のコンピューターのクライアント キャッシュ サイズを調整します。

詳細については、「Configure the client cache」を参照してください