Wi-Fi プロファイルを作成する

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

重要

バージョン 2203 以降では、この会社のリソース アクセス機能はサポートされなくなりました。 詳細については、「 リソース アクセスの非推奨に関するよく寄せられる質問」を参照してください。

Configuration ManagerのWi-Fi プロファイルを使用して、組織内のユーザーにワイヤレス ネットワーク設定を展開します。 これらの設定を展開すると、ユーザーが Wi-Fi に簡単に接続できるようになります。

たとえば、すべてのWindowsノート PC の接続を有効にするWi-Fi ネットワークがあるとします。 ワイヤレス ネットワークへの接続に必要な設定を含むWi-Fi プロファイルを作成します。 次に、階層内にWindowsノート PC を持つすべてのユーザーにプロファイルを展開します。 これらのデバイスのユーザーは、ワイヤレス ネットワークの一覧にネットワークを表示し、このネットワークに簡単に接続できます。

次の OS バージョンのWi-Fiプロファイルを構成できます。

  • Windows 8.1 32 ビットまたは 64 ビット

  • Windows RT 8.1

  • Windows 10またはWindows 10 Mobile

また、Configuration Managerを使用して、オンプレミスのモバイル デバイス管理 (MDM) を使用してモバイル デバイスにワイヤレス ネットワーク設定を展開することもできます。 一般的な情報については、「 オンプレミス MDM とは」を参照してください。

Wi-Fi プロファイルを作成するときに、さまざまなセキュリティ設定を含めることができます。 これらの設定には、サーバー検証用の証明書と、Configuration Manager証明書プロファイルを使用してプッシュされたクライアント認証が含まれます。 証明書プロファイルの詳細については、「 証明書プロファイル」を参照してください。

Wi-Fi プロファイルを作成する

  1. Configuration Manager コンソールで、[資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動し、[コンプライアンス 設定] を展開し、[Company Resource Access] を展開し、Wi-Fi プロファイル ノードを選択します。

  2. [ ホーム ] タブの [ 作成 ] グループで、[ Wi-Fi プロファイルの作成] を選択します。

  3. Wi-Fi プロファイルの作成ウィザードの [ 全般 ] ページで、次の情報を指定します。

    • 名前: コンソールでプロファイルを識別する一意の名前を入力します。

    • 説明: 必要に応じて、Wi-Fi プロファイルの詳細情報を提供する説明を追加します。

    • ファイルから既存のWi-Fi プロファイル アイテムをインポート する: このオプションを選択すると、別のWi-Fi プロファイルの設定が使用されます。 このオプションを選択すると、ウィザードの残りのページは、プロファイルと サポートされているプラットフォーム****のインポートという 2 つのページWi-Fi簡略化されます。

      重要

      インポートするWi-Fi プロファイルに、Wi-Fi プロファイルの有効な XML が含まれていることを確認します。 ファイルをインポートすると、Configuration Managerはプロファイルを検証しません。

    • レポートの非準拠重大度: Wi-Fi プロファイルが非準拠であると評価された場合にデバイスが報告する次のいずれかの重大度レベルを選択します。 たとえば、プロファイルのインストールに失敗した場合は、非準拠です。

      • なし: このコンプライアンス規則に違反したコンピューターは、Configuration Manager レポートのエラー重大度を報告しません。

      • Information

      • Warning

      • Critical

      • イベントで重大: このコンプライアンス規則に失敗したコンピューターは、Configuration Manager レポートの重大 なエラー重大度を報告します。 デバイスは、非準拠状態をWindows イベントとしてアプリケーション イベント ログに記録します。

  4. ウィザードの [Wi-Fi プロファイル] ページで、次の情報を指定します。

    • ネットワーク名: デバイスがネットワーク名として表示する名前を指定します。

      重要

      Configuration Managerは、ネットワーク名の apostrophe (') 文字またはコンマ (,) 文字の使用をサポートしていません。

    • SSID: ワイヤレス ネットワークの大文字と小文字を区別する ID を指定します。

    • このネットワークが範囲内にあるときに自動的にConnectする

    • このネットワークに接続している間に他のワイヤレス ネットワークを探す

    • ネットワークが名前をブロードキャストしていない場合のConnect (SSID)

  5. [ セキュリティ構成] ページで、次の情報を指定します。

    重要

    オンプレミス MDM のWi-Fi プロファイルを作成する場合、Configuration Managerの現在のブランチでは、次のWi-Fiセキュリティ構成のみがサポートされます。

    • セキュリティの種類: WPA2 Enterprise または WPA2 Personal
    • 暗号化の種類: AES または TKIP
    • EAP の種類: スマート カードまたはその他の証明書 または PEAP
    • セキュリティの種類: ワイヤレス ネットワークで使用するセキュリティ プロトコルを選択するか、ネットワークがセキュリティで保護されていない場合は [認証なし ] (開く) を選択します。

    • 暗号化: セキュリティの種類でサポートされている場合は、ワイヤレス ネットワークの暗号化方法を設定します。

    • EAP の種類: 選択した暗号化方法の認証プロトコルを選択します。

      注意

      Windows Phone デバイスの場合のみ:EAP の種類 の LEAPEAP-FAST はサポートされていません。

      [ 構成] を 選択して、選択した EAP の種類のプロパティを指定します。 このオプションは、選択した一部の EAP の種類では使用できません。

      重要

      [EAP の種類の構成] ウィンドウはWindowsから取得されます。 選択した EAP の種類をサポートするコンピューターでConfiguration Manager コンソールを実行していることを確認します。

    • 各ログオン時にユーザー資格情報を記憶 する: ユーザー資格情報を保存するには、このオプションを選択します。ユーザーがWindowsにサインインするたびにワイヤレス ネットワーク資格情報を入力する必要はありません。

  6. ウィザードの [詳細設定] 設定 ページで、Wi-Fi プロファイルの追加の設定を指定します。 ウィザードの [セキュリティ構成] ページで選択したオプションによっては、詳細設定を使用できない場合や、異なる場合があります。 たとえば、認証モード、シングル サインオン オプションなどです。

  7. [プロキシ 設定] ページで、ワイヤレス ネットワークでプロキシ サーバーを使用している場合は、[このWi-Fi プロファイルのプロキシ設定を構成する] オプションを選択します。 次に、プロキシの構成情報を指定します。

  8. [ サポートされているプラットフォーム ] ページで、このWi-Fi プロファイルが適用される OS バージョンを選択します。

  9. ウィザードを終了します。

次のステップ