Microsoft Intune にサインアップまたはサインインする

このトピックでは、システム管理者が Intune アカウントにサインアップする方法を説明します。

Intune にサインアップする前に、Microsoft Online Services アカウント、Enterprise Agreement、または同等のボリューム ライセンス契約が既にあるかどうかを確認してください。 Microsoft ボリューム ライセンス契約や、Microsoft 365 などの他の Microsoft クラウド サービス サブスクリプションには、通常、職場または学校アカウントが含まれます。

既に職場または学校アカウントがある場合は、そのアカウントで サインイン し、Intune をサブスクリプションに追加します。 それ以外の場合は、新しいアカウントに サインアップ して、組織で Intune を使うことができます。

警告

新しいアカウントにサインアップした後で、既存の職場または学校アカウントを組み合わせることはできません。

Intune にサインアップする方法

  1. Intune のサインアップ ページにアクセスします。

Microsoft Intune 試用版アカウントのサインアップ Web ページのスクリーンショット

  1. サインアップ ページで、Intune の新しいサブスクリプションを管理するために、サインアップまたはサインインします。

サインアップ後の考慮事項

新しいサブスクリプションにサインアップした後、アカウント情報の記載されたメール メッセージが、サインアップ過程で登録したメール アドレスに送信されます。このメールは、サブスクリプションがアクティブであることを確認します。

サインアップ プロセスが完了すると、ユーザーの追加とライセンスの割り当てに使われる Microsoft 365 管理センターが表示されます。 既定の onmicrosoft.com ドメイン名を使ったクラウドベースのアカウントだけがある場合は、この時点でユーザーを追加し、ライセンスを割り当てることができます。 一方、組織のカスタム ドメイン名を使う場合や、オンプレミスの Active Directory からユーザー アカウント情報を同期する場合は、そのブラウザー ウィンドウを閉じてかまいません。

Microsoft Intune にサインインする

Intune にサインアップしたら、サポートされているブラウザーがインストールされている任意のデバイスを使用して、Intune にサインインし、サービスを管理できます。

既定では、アカウントに Azure AD の次のいずれかのアクセス許可が必要です。

  • グローバル管理者
  • Intune サービス管理者 (Intune 管理者 とも呼ばれます)

他のアクセス許可を持つユーザーに対してサービスを管理するためのアクセス権を付与するには、ロールベースのアクセス制御に関する記事をご覧ください

Intune 管理ポータルの URL

Microsoft エンドポイント マネージャー管理センター: https://endpoint.microsoft.com

Intune for Education: https://intuneeducation.portal.azure.com

Microsoft 365 によって提供される Intune サービスの URL

Microsoft 365 Business: https://portal.microsoft.com/adminportal

Microsoft 365 モバイル デバイス管理: https://admin.microsoft.com/adminportal/home#/MifoDevices

関連項目

Microsoft 365、Azure、または Intune にサインインできない