Microsoft Intune のライセンス

Microsoft Intune は、学校や中小企業のための使いやすい管理機能から企業のお客様が必要とする高度な機能まで、さまざまな顧客のニーズと組織の規模に合わせて利用できます。 Microsoft Intune が含まれるライセンスのほとんどでは、サブスクリプションが有効である限り、Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用する権限も与えられます。 Intune を管理するには、管理者にライセンスが割り当てられている必要があります (ライセンス未付与の管理者が許可されているのでない限り)。

Microsoft Intune

Intune は次のライセンスに含まれています。

  • Microsoft 365 E5
  • Microsoft 365 E3
  • Enterprise Mobility + Security E5
  • Enterprise Mobility + Security E3
  • Microsoft 365 Business Premium
  • Microsoft 365 F1
  • Microsoft 365 F3
  • Microsoft 365 Government G5
  • Microsoft 365 Government G3
  • Intune for Education

Microsoft Intune for Education

Intune for Education は次のライセンスに含まれています。

  • Microsoft 365 Education A5
  • Microsoft 365 Education A3

Intune での Configuration Manager マネージド デバイスのライセンス

既存の Configuration Manager マネージド デバイスで、ユーザー操作なしで大規模に共同管理を行うために Intune に登録する場合、共同管理には、Windows 10 の自動登録と呼ばれる Azure Active Directory (Azure AD) の機能が使用されます。 共同管理での自動登録には、Azure AD Premium (AADP1) と Intune の両方のライセンスが必要です。 2019 年 12 月 1 日以降、このシナリオで個別の Intune ライセンスを割り当てる必要がなくなりました。 Microsoft Endpoint Manager には、共同管理用の Intune ライセンスが含まれるようになりました。 このシナリオを使用する場合、個別の AADP1 ライセンス要件は変わりません。 他の登録シナリオでも、やはり Intune ライセンスを割り当てる必要があります。

プレミアム アドオン

Microsoft エンドポイント マネージャーでは、プレミアム アドオンを提供しています。 プレミアム アドオンのライセンスは、Microsoft エンドポイント マネージャー または Intune を含むライセンス オプションに追加コストで追加できます。

  • リモート ヘルプ: このアドオン機能を使用すると、ロールベースのリモート アクセス許可を持つセキュリティで保護されたヘルプデスクからエンドポイントへの接続が可能になります。

その他の情報

  • Microsoft Intune ユーザーとデバイスのサブスクリプションは、上記のバンドルに加えて、スタンドアロンとして入手できます。
  • Microsoft Intune デバイス専用のサブスクリプションは、キオスク、専用デバイス、電話室用デバイス、IoT、およびユーザーベースのセキュリティと管理機能を必要としない、一時使用のその他のデバイスを管理する目的で利用できます。 詳細については、「デバイスのみのライセンス」を参照してください。
  • Microsoft API 経由で Microsoft Intune サービスにアクセスするなど、ユーザーまたはデバイスで Microsoft Intune サービスを直接的または間接的に利用する場合、適切な Microsoft Intune ライセンスが必要になります。
  • 前の表にないライセンスには、Intune が含まれていません。

ライセンスのない管理者

Intune ライセンスを持っていない管理者に Microsoft エンドポイント マネージャーへのアクセス権を付与する方法の詳細については、「ライセンスのない管理者」を参照してください。

デバイスのみのライセンス

Microsoft Intune は、組織が特定のユーザーと提携していないデバイスを管理するのに役立つデバイスのみのサブスクリプション サービスを提供します。

推定使用量に基づいてデバイス ライセンスを購入できます。 Microsoft Intune デバイス ライセンスは、デバイスが次のいずれかの方法で登録されている場合に適用されます。

注意

Microsoft ライセンス ページにアクセスするか、ご質問がある場合や、製品エディション、製品ライセンスの更新プログラム、ボリューム ライセンス プラン、特定のユース ケースに関連するその他の情報に関する最新情報を受け取る場合は、アカウント担当者にお問い合わせください。

デバイスのみのライセンスの制限事項

デバイス ライセンスを使用してデバイスを登録する場合、次の Intune 関数はサポートされません。

ライセンスを確認する

Intune 無料試用版にサインアップすると、Microsoft Intune ライセンスが作成されます。 この試用版の一環として、Enterprise Mobility + Security (EMS) の試用版サブスクリプションも提供されます。 Enterprise Mobility + Security (EMS) サブスクリプションには、Azure Active Directory Premium および Microsoft Intune の両方が含まれます。

注意

次に示す手順を使用しても、このポータルにアクセスできない場合や、Intune ライセンスを所有していない場合は、Intune 無料試用版にサインアップできます。 Intune のセットアップ時には、Microsoft エンドポイント マネージャーに管理者アクセス権を付与できます。管理者アクセス権に Intune ライセンスは必要ありません。

Microsoft Intune ライセンスまたは試用版を確認するには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターにサインインします。
  2. [テナント管理] > [テナントの状態] を選択します。
    [テナントの詳細] タブの下に、MDM 機関ライセンス ユーザーの総数、および Intune ライセンスの合計 が表示されます。
  3. [テナント管理] > [役割] > [アクセス許可] を選択します。
  4. すべて の Intune リソースに対する 完全な アクセス許可を持つ 管理者 であることを確認します。

注意

Microsoft Intune の詳細については、学習モジュール「Microsoft Intune をセットアップする」を参照してください。

Azure AD Premium ライセンスを確認するには、次の手順を使用します。

  1. Azure portalにサインインします。
  2. Azure Active Directory を選択します。 [基本情報] でライセンスを表示します。

Azure AD Premium ライセンスを所有していない場合は、「Azure Active Directory Premium エディションにサインアップする」を参照してください。

次の手順

製品のエディション、製品ライセンス更新、ボリューム ライセンス プラン、特定のユース ケースに関連するその他の情報など、最新の情報が必要であれば、Microsoft ライセンス ページを参照してください。

ユーザーやデバイスのライセンスがサービスへのアクセスに与える影響について、また、ライセンスをユーザーに割り当てる方法については、「ユーザー アカウントに Intune ライセンスを割り当てる」を参照してください。