Microsoft Teams の分析とレポート

Microsoft Teams 管理センターで、Microsoft Teams についての新しい分析およびレポートのエクスペリエンスを利用することができます。 異なるレポートを実行して、自分の組織内のユーザーがどのように Teams を使用しているかについての洞察を得ることができます。 たとえば、何人のユーザーがチャネルおよびチャットのメッセージを通して通信を行っているか、および Teams に接続するために使用するデバイスの種類について、確認することができます。 自分の組織において、使用状況のパターンについてより理解を深めたり、ビジネスの意思決定を行う際に役立てたり、トレーニングやコミュニケーションの取り組みへの情報提供を行ったりするために、これらのレポートの情報を使用することができます。

レポートにアクセスする方法

レポートにアクセスするには、Microsoft 365 または Office 365 のグローバル管理者、Microsoft 365 または Office 365 のグローバル 閲覧者、Teams サービス管理者、または Skype for Business 管理者である必要があります。管理者ロールの管理Teams、各管理者ロールがアクセスできるレポートの詳細については、「管理者ロールを使用Teamsを使用して管理者ロールを管理するをTeams。

Microsoft Teams 管理センターに移動し、左側のナビゲーションで [Analytics & レポート] を選択し、[レポートの表示] で、実行するレポートを選択します。

注意

Microsoft Teams 管理センターのレポートは、Teams のレポートの一部である Microsoft 365 のアクティビティ レポートとはMicrosoft 365 管理センター。 アクティビティ レポートの詳細については、Microsoft 365 管理センター のアクティビティ Teamsを参照Microsoft 365 管理センター

Teams レポートの参照

Microsoft Teams 管理センターで使用できる Teams レポートの一覧と、各レポートで使用できる情報の概要を次に示します。

Microsoft では、Teams のレポート エクスペリエンスの継続的な改善と、機能の追加を行うための取り組みを行っています。 時間の経過とともに、追加の機能をレポートに組み入れるとともに、新しいレポートを Microsoft Teams 管理センターに追加していく予定です。

レポート 測定される項目
Teams の使用状況レポート アクティブなユーザー
チーム内およびチャネル内のアクティブ ユーザー
アクティブ チャネル
メッセージ
チームのプライバシー設定
チームのゲスト
Teams ユーザー アクティビティ レポート チーム チャットにユーザーが投稿したメッセージ
プライベート チャットにユーザーが投稿したメッセージ
ユーザーが参加する 1 対 1 の通話
開催された会議ユーザーの数
参加した会議ユーザーの数
会議の音声、ビデオ、画面の共有時間
ユーザーの最後のアクティビティの日付
Teams のデバイス使用状況レポート Windows ユーザー:
Mac ユーザー
iOS ユーザー
Android スマートフォン ユーザー
Teams のライブ イベントの使用状況レポート 合計ビュー数
開始時刻
イベントの状態
開催者
発表者
プロデューサー
録画設定
実稼働の種類
TeamsPSTN ブロックユーザー レポート 表示名
電話番号
理由
アクションの種類
アクションの日付と時刻
TeamsPSTN 分プール レポート 国または地域
機能 (ライセンス)
合計時間 (分)
使用時間 (分)
利用可能な分数
TeamsPSTN 使用状況レポート - 通話プラン タイム スタンプ
ユーザー名
電話番号
通話の種類
の呼び出し
国または地域へ
から呼び出されます。
国または地域から
通話料
通貨
[時間]
国内/国際
通話 ID
数値の種類
国または地域
電話会議 ID
機能 (ライセンス)
TeamsPSTN 使用状況レポート - 直接ルーティング タイム スタンプ
表示名
SIP アドレス
電話番号
通話の種類
の呼び出し
開始時刻
招待時間
失敗時間
終了時刻
[時間]
数値の種類
メディアのバイパス
SBC FQDN
Azure リージョン
イベントの種類
最終 SIP コード
最終 Microsoft サブコード
最終的な SIP フレーズ
関連付け ID
Teams情報保護ライセンス レポート
ユーザーが変更通知を使用してメッセージをプッシュする有効なライセンスを持っているかどうか

ユーザーによってトリガーされた変更通知イベントの総数

組織全体の変更通知イベントをリッスンしているアプリ

定義

Teams のレポートでは、アクティブなユーザーおよびアクティブチャネルのデータが示されます。 たとえば、レポートに対して指定した日付範囲の間、自分の組織内のユーザーが Teams でアクティブでない場合、そのユーザーのデータはそのレポートには含まれません。

アイテム 定義
アクティブなユーザー 指定された日付の期間内にチームでアクションを実行する一意のユーザーの数を測定します。
アクティブチャネル 指定された日付の期間内にユーザーが処理を実行するチームのチャネルの数を測定します。

ユーザー固有のデータを匿名にする

ユーザー アクティビティとデバイス使用状況TeamsレポートTeamsデータを匿名にする場合は、グローバル管理者である必要があります。 これにより、レポートとそのエクスポートの表示名、電子メール、AAD ID などの識別可能な情報が非表示になります。

  1. [Microsoft 365 管理センター組織] に移動設定、[設定] タブの > [ レポート]を 選択します

  2. [ レポート] を選択し、[匿名識別子 を表示する] を選択します。 この設定は、管理センターだけでなく、Microsoft 365 管理センター使用状況レポートTeams適用されます。

  3. [変更の 保存] を選択します

注意

この設定を有効にすると、ユーザー アクティビティ レポートとデバイスTeamsレポートのTeams情報が識別されます。 管理センターで使用できる他の使用状況レポートTeams影響を受けられません。