中心概念

すべての Office アドインは、Office アドイン プラットフォーム上で構築します。 すべての Office アドインでは共通のフレームワークが共有され、これにより特定の機能の実装が可能になります。 このことは、Excel、Outlook、またはその他の Office アプリケーションのいずれのアドインを構築するのかにかかわらず、ダイアログ ボックス、アドイン コマンド、作業ウィンドウ、シングル サインオン (SSO) などの機能を実装できることを意味します。

どのようなアドインを構築する場合でも、Office アプリケーションやプラットフォームの可用性、Office JavaScript API のプログラミング パターン、アドインの設定と機能をマニフェスト ファイル上で指定する方法、アドインをテスト、デバッグ、公開する方法など、重要な概念を理解する必要があります。 これらの情報については、ドキュメントの「Core concepts (中心概念)」セクションを参照してください。 構築するアドインに対応するアプリケーション固有のドキュメント (たとえば、 Excel) を詳しく見る前に、このドキュメントを確認してください。

ベストプラクティス 計画
Office アドインのベストプラクティスとシステム要件について説明します。
コードブロック 開発
Office アドインを開発するための API やパターンについて説明します。
推奨テスト テストとデバッグ
Office アドインのテストとデバッグを行う方法について説明します。
展開 公開する
Office アドインの展開方法と公開方法について説明します。
リファレンス リファレンス
Office JavaScript API、アドイン マニフェスト、エラー コード リストなどのリファレンス ドキュメントを参照してください。