Excel の自動回復関数の説明

概要

Microsoft Excel には、Microsoft Excel 2002 より前のバージョンの Excel に存在する自動保存アドインを置き換えた自動回復機能が組み込まれています。 自動回復機能は、開いているすべての Excel ファイルのコピーをユーザー定義可能な固定間隔で保存します。 電源障害時など、予期せず Excel が閉じる場合は、ファイルを回復できます。

この記事では、自動回復機能の概要について説明します。

詳細情報

自動回復設定を構成する方法

Microsoft Office Excel 2007 および Excel 2010

自動回復機能を構成するコントロールは、[Excel オプション] の [保存] 設定にあります。

注: [保存] 設定を開くには、Excel 2007 の [Microsoft Office] ボタンまたは Excel 2010 の [ファイル] メニューをクリックし、2007 の [Excel オプション] または Excel 2010 の [オプション] をクリックし、[保存] をクリックします。

自動回復設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ブックの保存] の [**次の間隔で自動回復用のデータを保存する] チェック ボックスをオンにして、自動回復機能を有効にします。

  2. [] ボックスには、1 から 120 までの任意の整数を入力できます。 このボックスは、保存の間に発生する分数を設定します。

    既定の間隔は 10 分ごとです。

  3. [自動回復用ファイルの場所] ボックスに、自動回復用ファイルを保存する場所のパスとフォルダー名を入力できます。

    既定の場所は次のとおりです。

    drive:\Documents and Settings*user_name*\Application Data\Microsoft\Excel

    • 入力した場所がローカル (ハード ドライブ上) またはネットワーク ドライブ上にあり、この場所が存在しない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

      ディレクトリ パス にアクセスできません。

      受信したメッセージに関連付けられている一意の番号を確認するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら I キーを押します。 このメッセージの右下隅に次の番号が表示されます。

      100100

    • [自動回復用ファイルの場所] ボックスをオフにしても新しい場所を入力しない場合、自動回復用ファイルは消去した場所に引き続き保存されます。 これは、新しい場所を入力するまで発生します。

      [データを自動保存する場所] ボックスは、新しい場所を入力するまで空白のままです。

  4. 個別のブックで自動バックアップ機能をオフにすることができます。 これを行うには、[自動回復の例外] ボックスの下にある [このブックの自動回復を行わない] チェック ボックスをオンにします。 [自動回復の例外] ボックスでブック名が選択されていることを確認します。

Microsoft Office Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel

自動回復ダイアログ ボックスを構成するコントロールは、[オプション] ダイアログ ボックスの [保存] タブにあります。

注: [オプション] ダイアログ ボックスを開くには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

[自動回復] ダイアログ ボックスを構成するには、次の手順に従います。

  1. [設定] の [**次の間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスをオンにして、自動回復機能を有効にします。

  2. [] ボックスには、1 から 120 までの任意の整数を入力できます。 このボックスは、保存の間に発生する分数を設定します。

    既定の間隔は 10 分ごとです。

  3. [自動回復用ファイルの場所] ボックスに、自動回復用ファイルを保存する場所のパスとフォルダー名を入力できます。

    既定の場所は次のとおりです。

    drive:\Documents and Settings*user_name*\Application Data\Microsoft\Excel

    • 入力した場所がローカル (ハード ドライブ上) で、その場所が存在しない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

      ディレクトリ パス にアクセスできません。

    • 入力した場所がネットワーク ドライブ上にある場合は、最初の自動回復試行までアラートを受け取りません。 次のエラー メッセージが表示されます。

      path にデータを自動保存することができません。 ネットワーク接続を確認するか、[ツール] メニューの [オプション] をクリックして [オプション] ダイアログ ボックスを表示し、[自動保存] タブをクリックして保存する場所を変更してください。

    • [自動回復用ファイルの場所] ボックスをオフにして新しい場所を入力しなかった場合、自動バックアップ ファイルは、オフにした場所に引き続き保存されます。 ユーザーが新しい場所を入力するまで、この動作が継続します。

      [データを自動保存する場所] ボックスは、新しい場所を入力するまで空白のままです。

  4. 個別のブックで自動バックアップ機能をオフにすることができます。 これを行うには、[ブック オプション] の下の [自動保存を行わない] チェック ボックスをオンにします。

自動バックアップのイベントの発生

Excel ファイルを開いて自動バックアップを有効にすると、最初にファイルを変更して、自動バックアップの保存間隔が経過し、Excel がしばらくの時間 (既定では 30 秒) アイドルになってから、ファイルが保存されます。 自動バックアップでファイルが保存された後は、ファイルにさらに変更が加えられ、保存間隔の時間が経過したときにだけファイルが保存されます。

自動バックアップ ファイルの検索

自動保存する場所に不要なファイルが増えすぎないようにするため、自動バックアップされたファイルは次の場合に自動的に削除されます。

  • ファイルを手動で保存したとき
  • [名前を付けて保存] を使用して、新しい名前を付けてファイルを保存したとき
  • ファイルを閉じたとき
  • Excel を終了したとき (ファイルを保存したかどうかは関係ありません)
  • 現在のブックの自動保存を無効にしたとき
  • [次の間隔で回復用データの自動保存を行う] チェック ボックスをオフして、自動バックアップ機能を無効にしたとき

自動バックアップのタイミング

自動バックアップ タイマーにより、[オプション] ダイアログ ボックスの [自動保存] タブにある [分ごと] ボックスに設定された時間間隔で、Excel ファイルに対する変更がチェックされます。 このタイマーは Excel を起動すると開始されます。

注意

Excel 2007 では、[分ごと] ボックスは [Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [保存] にあります。 Excel 2010 では、[分ごと] ボックスは、[ファイル] の [オプション] の下にある [保存] カテゴリにあります。

最初の保存間隔が経過すると、Excel では開いているファイルが変更されたかどうかがチェックされます。 変更されたファイルが見つかると、アイドル タイマーが開始されます。 アイドル タイマーの目的は、保存を実行する前にワークシートに入力があったかどうかを確認することです。 アイドル タイマーはワークシートに入力があるたびに再開されるため、保存間隔が経過し、一定時間入力のないアイドル時間が発生するまで、自動バックアップの保存ファイルは作成されません。

既定のアイドル時間は 30 秒です。 既定のアイドル時間を変更するには、AutoRecoverDelay レジストリ キーを使用します。 それには、以下の手順を実行します。

重要: このセクション、メソッド、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

  1. Excel を実行している場合は、終了します。

  2. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

  3. 実行している Excel のバージョンに応じて、次のレジストリ キーのいずれかを見つけてクリックします。

    Microsoft Excel 2002 の場合

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Excel\Options

    Excel 2003 の場合

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Options

    Excel 2007 の場合

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\Options

    Excel 2010 の場合

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel\Options

  4. [編集] メニューの [新規] をクリックし、[DWORD 値] をクリックします。

  5. 新しい値の名前として次のテキストを入力します。

    AutoRecoverDelay

  6. Enter キーを押します。

  7. [AutoRecoverDelay] レジストリ キーを右クリックし、[修正] (または [変更]) をクリックします。

  8. [値] データ ボックスに 1 ~ 600 の数値を入力します。 これは自動バックアップの保存間隔の秒数です。

  9. TTL: [1 hour] が選択されていることを確認します。

  10. レジストリ エディターを終了します。

注意

アイドル タイマーに影響があるのは、プログラム内で手動で行った操作のみです。 ファイルを自動的に更新する数式がアイドル タイマーに影響を与えることはありません。 式の自動更新と自動更新の間にアイドル時間に達すると、ファイルが保存されます。

自動バックアップ機能によって保存されるファイル形式

自動バックアップでは、Excel で開くことができるすべてのファイル形式が保存されます。 スピードと簡潔さを維持するために、開かれたときの元のファイル形式に関係なく、自動バックアップではすべてのファイルを現在の Excel ファイル形式で保存します。 ファイルは、拡張子.xar を持つ任意のファイル名 (たとえば、~ar18a.xar) を付けた隠しファイルとして保存されます。

Excel が突然終了した後、再度 Excel を起動して、回復したファイルを保存するとき、保存するファイル形式として元のファイル形式と名前が提示されます。 回復のために、元のファイル名および関連付けられている.xar ファイル名が Excel によりレジストリに保存されます。

自動バックアップ機能と Excel の複数のインスタンス

Excel の複数のインスタンスの実行中に、1 つのインスタンスが突然終了した場合、新しいインスタンスが自動的に起動され、自動バックアップ ファイルが開かれます。 Excel のすべてのインスタンスが突然終了しても、コンピューターが実行されている場合は、Excel のインスタンスが 1 つ起動され、すべての自動バックアップ ファイルが開かれます。 電源異常の場合は、次に Excel を起動したときに、回復されたすべてのファイルが開かれます。

互換性

[自動保存を行わない] ブック オプションを除く、自動バックアップのすべての設定は、システム レジストリに格納されます。 自動バックアップの設定は、以前のバージョンの Excel で作成されたファイルと互換性があります。

[自動保存を行わない] (Excel 2007 では [このブックの自動保存を行わない]) ブック オプションを有効にして、以前のバージョンの Excel でファイルを開いて保存した後、新しいバージョンの Excel で再び開いても [自動保存を行わない] (Excel 2007 では [このブックの自動保存を行わない]) ブック オプションに影響はありません。

関連情報

Excel ファイルを保存するときのエラーのトラブルシューティング方法の詳細を参照するには、次のマイクロソフト サポート技術情報をクリックしてください。

271513 Excel ブックを保存するときに発生するエラーのトラブルシューティング方法