グラフの傾向線の数式が不正確Excel

現象

グラフ内の XY 散布図の傾向線に対して表示される数式Microsoft Excel正しくありません。 Microsoft Excel"x" 変数の値を手動で置き換える場合、正しくない傾向線がプロットされます。

trendline の形式

  • Trendline 数式は 、データ ポイントに最も適した線を検索する数式です。
  • R 2 乗の値 は、傾向線の信頼性を測定します。近い R2 は 1 になります。傾向線がデータに適合します。

注意

傾向線の数式は、XY 散布図に使用されます。 このグラフは、X 軸と Y 軸の両方を値としてプロットします。 線グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフでは、Y 軸のみを値としてプロットします。 これらのグラフの種類では、ラベルが実際に何かにかかわらず、X 軸は線形系列としてプロットされます。 したがって、これらの種類のグラフに表示される場合、傾向線は不正確になります。 この動作は仕様です。

原因

Microsoft Excel X 値を手動で入力すると、表示される数式によって不正確な結果が得られたため、トレンドラインが正しくプロットされません。 外観の場合、各 X 値はグラフに表示される有効桁数に四捨五入されます。 この動作により、グラフ領域のスペースを少なくすることができます。 ただし、グラフの精度は大幅に低下します。 これにより、傾向が正しく表示されない可能性があります。

回避策

この動作を回避するには、表示される小数点以下の桁数を増やして、傾向線の数式の桁数を増やします。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. グラフで、傾向線の数式を選択します。
  2. [書式] メニューの [選択した データ ラベル] をクリックします
  3. [数値] タブを 選択し、[カテゴリ] ボックスの一覧 [数値] を選択 します。
  4. [小数点以下 の桁数] ボックスで、小数点以下の桁数を 30 に増やして、すべての小数点以下の桁数を確認できます。
  5. [OK] を選択します。

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。