表計算の ISBLANK() 関数を使用すると、結果は "FALSE" Excelされます。

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

スプレッドシートで ISBLANK() 関数を使用Microsoft Excel結果は "FALSE" になります。 この動作は、セルが空の場合でも発生します。 さらに、数式バーにセルに何も表示しない場合でも、この動作が発生します。

原因

この動作は、セルに長さ 0 の文字列が含まれている場合に発生することがあります。 長さ 0 の文字列は、次の条件の結果である可能性があります。

  • 数式。
  • コピーと貼り付け操作。
  • 長さ 0 の文字列を含むセルは、長さ 0 の文字列をサポートし、長さ 0 の文字列を含むデータベースからインポートされます。

回避策

この問題を回避するには、セルから長さ 0 の文字列をクリアします。 これを行うには、セルを選択し、[編集] をクリック し、[すべてクリア] をクリックします

また、LEN 関数を使用して、セルに長さ 0 の文字列が含まれているかどうかを確認できます。 たとえば、チェックするセルが A1 の場合、数式は =OR(Len(A1)=0、 Isblank(A1)) です。

詳細情報

文字列の長さが 0 を作成するには、Microsoft Excelメソッドを使用します。

  • セル内の値 "" を 評価する数式を 入力します。

  • セルに単一のアポストロフィ (') を入力します。

  • 前の値のいずれかを含むセルをコピーし、別のセルに値のみを貼り付けます。

  • 長さ 0 の文字列を含むデータベースからデータをインポートします。

3 番目のメソッドまたは箇条書きの 4 番目のメソッドを使用して長さ 0 の文字列を作成する場合、数式バーは空白ですが、セルは使用されません。