Excel が変更を保存しない理由のトラブルシューティング

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

ブックで作業しているときに、Microsoft Excel はファイルを自動的に保存します。 ファイルに一時ファイル名を付け、元のバージョンと同じフォルダーにファイルを配置します。 ブックを手動で保存すると、元のファイルが削除され、一時ファイルに元のファイル名が割り当てられます。

このプロセスが中断されると、ブックが正しく保存されない場合があります。 また、ファイルを保存しようとしたフォルダーに 1 つ以上の一時ファイルが見つかる場合があります。 さらに、いくつかのアラートまたはエラー メッセージのいずれかが表示されることがあります。

次の情報は、この問題の考えられる原因を特定するのに役立ち、問題の解決に役立つ解決策を提案します。

文書が保存されない考えられる原因

該当するタブを選択するか、以下の「迅速な解決」セクションに移動してください。

Microsoft Excel を Windows セーフ モードで実行しているときにブックを保存できない場合は、サードパーティのアドインまたは Excel の起動場所の 1 つからのファイルが原因で問題が発生している可能性があります。 既定では、Excel の起動時にスタートアップ ファイルが読み込まれます。

サードパーティ ソフトウェア ベンダーのアドインの中には、設計上既存の Excel 機能と連携するものもあれば、サードパーティ製品を使用するときにシームレスな移行を可能にすることを目的としたものもあります。 一般的には、これらのサードパーティのアドインによって Excel の機能が妨げられることはありません。 ただし、ファイルの保存など、一部の機能は影響を受ける可能性があります。

サードパーティの Excel アドインまたはファイルが Excel で「保存」の問題を引き起こしている可能性をテストして排除するには、ファイルをセーフ モードで保存してみてください。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Excel を終了します。

  2. [スタート] を選択し、[プログラム] をポイントします。

  3. Excel が起動したら、次のようなメッセージが表示されるまで Ctrl キーを押し続けます。

    Excelは、Ctrlキーが押されていることを検出しました。Excel をセーフ モードで起動しますか?

  4. [はい] を選択します。

  5. 新しい Excel ブックを開き、保存します。 それが機能する場合は、問題のあるファイルの保存を再試行してください。

ファイルが正常に保存された場合、Excel の起動場所にあるカスタム アドインまたはファイルが原因である可能性が高いです。 問題が発生しないようにするには、アドインまたはファイルの場所を見つけ、削除する必要があります。 問題の原因となったアドインまたはファイルを特定したら、ベンダーに連絡して、問題を解決する追加情報または更新プログラムを入手してください。

Microsoft Excel セーフモードの詳細については、Excel で F1 キーを押して [ヘルプ] メニューを開き、検索ボックスに [セーフ モード] と入力してから [検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

Excel の起動時に使用されるフォルダーを特定する方法およびこの機能を無効にする詳細オプションの関連情報を参照するには、以下の記事を参照してください。

迅速な解決

この記事に記載されている原因のいずれも状況に該当しない場合や、それでもブックを保存できない場合は、次のオプションを使用して、Excel ファイルを保存してください。 手順の詳細を表示するには、左側のシェブロン画像またはオプションの見出しを選択します。

オプション 1

新しいファイル名を使用してブックを保存する

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  2. 新しいファイル名を使用して Excel ブックを保存します。

オプション 2

元のワークシートを新しいブックに移す

  1. ブックにワークシートを追加します。 これを行うには、Shift+F11 キーを押します。
  2. (追加したワークシートを除く) すべてのワークシートをグループ化します。 これを行うには、最初のシートをクリックし、Shift キーを押えたまま最後のシートをクリックします。
  3. グループ化したシートを右クリックし、[移動またはコピー] をクリックします。
  4. [移動先ブック名] ボックスの一覧の [(新しいブック)] をクリックします。
  5. [OK] を選択します。

オプション 3

Excel ファイルを別の形式で保存する

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  2. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、現在のファイル形式以外のファイル形式を選択します。 Microsoft Excel 2007 以降のバージョンを使用している場合は、ファイルを .xls ではなく .xlsx または .xlsm として保存します。

オプション 4

ブックを別の場所に保存する

ノートブックをローカル ハード ディスク、ネットワーク ドライブ、リムーバブル ドライブなど別の場所に保存してみます。

オプション 5

元の場所に新しい Excel ブックを保存する

  1. Excel ブックを作成します。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    1. [保存先] ボックスで、元のブックが保存されていた場所を選択します。
    2. [ファイル名] ボックスに新規ファイル名を入力します。
    3. [保存] を選択します。

オプション 6

ブックをセーフ モードで保存する

Windows をセーフ モードで再起動し、ブックをローカル ハード ディスクに保存してみます。

補足資料

ファイルが正しく保存されないという問題を回避するために、自動保存を有効にすることをお勧めします。 詳細については、「自動保存とは」を参照してください。

Excel の使用時に特定の問題が発生する場合は、次の Web サイトで、使用しているプログラムのバージョン特有の情報を検索してください。

Microsoft Excel 製品ソリューション センター: Excel

方法の詳細ビュー

次のセクションでは、これらの方法の詳細について説明します。

Microsoft Excel ブックを保存するときに、以下の 1 つまたは複数の条件に該当する場合、問題が発生することがあります。

  • Excel ブックの保存先が、アクセス許可が制限されたネットワーク ドライブにある。
  • Excel ブックの保存先のドライブに十分な空き容量がない。
  • Excel ブックへの接続が切断されている。
  • ウイルス対策ソフトウェアと競合している。
  • 保存する Excel ブックが共有されている。
  • Excel ブックを保存するときに、パスの長さが 218 文字の制限を超えている。

Excel ブックを保存するための回避策

トラブルシューティングを行う前に、この問題を回避してブックを保存するには、次の方法を使用します。 問題の原因によって、現在のファイルを完全に回復できない場合があります。 ただし次の方法は通常成功します。 この方法は、元のファイル形式を維持する場合に、形式維持を目的として記載されています。

注意

次の方法では、最新の変更内容、形式、および使用している Excel のバージョンに固有なブックの機能セットをすべて保存できるわけではありません。 次の方法は、使用可能で保存済みのバージョンのファイルを取得することを目的としています。 これらの方法では、固有のファイル名を使用してローカル ハード ディスクにファイルを保存する必要があります。

方法 1: 新しいファイル名を使用してブックを保存する

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  2. 新しいファイル名を使用して Excel ブックを保存します。

方法 2: 元のワークシートを新しいブックに移す

  1. ブックにワークシートを追加します。 これを行うには、Shift+F11 キーを押します。

    注意

    関連するすべてのデータ シートを移動した後に、ブックに少なくとも 1 枚以上のシートが残っている必要があるため、このシートが必要です。

  2. (追加したワークシートを除く) すべてのワークシートをグループ化します。 これを行うには、最初のデータ シートを選択し、Shift キーを押えたまま最後のデータ シートを選択します。

  3. グループ化したシートを右クリックし、[移動またはコピー] をクリックします。

  4. [移動先ブック名] ボックスの一覧の [(新しいブック)] をクリックします。

  5. [OK] を選択します。

    注意

    この手順により、アクティブな (グループ化された) ワークシートが新しいブックに移動します。

ブックに VBA マクロが含まれている場合は、古いブックから新しいブックにモジュールをコピーしてください。

方法 3: Excel ファイルを別の形式で保存する

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  2. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、現在のファイル形式以外のファイル形式を選択します。 Microsoft Excel 2007 以降のバージョンを使用している場合は、ファイルを .xls ではなく .xlsx または .xlsm として保存します。

方法 4: ブックを別の場所に保存する

ブックをローカル ハード ディスク、ネットワーク ドライブ、リムーバブル ドライブなど別の場所に保存してみます。 正常に保存できる場合、問題の考えられる原因は次のとおりです。

  • ウイルス対策ソフトウェアとの競合
  • アクセス許可の制限
  • ファイル名の長さ
  • ファイル共有の競合

方法 5: 元の場所に新しい Excel ブックを保存する

新しい Excel ファイルを元の場所に保存するには、以下の手順を実行します。

  1. Excel ブックを作成します。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    1. [保存先] ボックスで、元のブックが保存されていた場所をクリックします。
    2. [ファイル名] ボックスに新規ファイル名を入力します。
    3. [保存] を選択します。

元の場所に新しいブックを保存できる場合、考えられる原因は次のとおりです。

  • ファイル名の長さ
  • ファイル共有の競合

元の場所に新しいブックを保存できない場合、問題の考えられる原因は次のとおりです。

  • ドライブの空き容量の不足

十分なドライブの空き容量がある場合は、手順 3 に進みます。

方法 6: ブックをセーフ モードで保存する

Windows をセーフ モードで再起動し、ブックをローカル ハード ディスクに保存してみます。

  • ブックの保存先としてネットワーク上の場所を使用する場合は、ネットワーク サポートを含めたセーフ モードで Windows を再起動して保存してください。
  • Microsoft Excel 2010 以降のバージョンの問題のトラブルシューティングには、Windows セーフ モードは使用できません。

Windows をセーフ モードで開始する方法の詳細については、「高度なスタートアップ オプション (セーフ モードなど)」を参照してください。

Windows をセーフ モードで再起動した後にブックを保存できる場合は、ファイルをもう一度保存してみます。 このためには、[ファイル] メニューの [保存] をクリックします。

セーフ モードで Windows を再起動してもブックが保存されない場合、考えられる原因は次のとおりです。

  • サードパーティのアドイン
  • ウイルス対策ソフトウェアとの競合
  • アクセス許可の制限
  • ファイル名の長さ

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。