Excel のセルに長い数値を入力すると、最後の数字はゼロに変更されます。

現象

Excel のセルに 15 桁を超える数字を入力すると、15 桁を超える数字がゼロに変更されます。 たとえば、クレジット カード ID 番号を次の形式で入力します。

####-####-####-####

この状況では、Excel は最後の数字を 0 に変更します。

原因

Excel は、浮動小数点数を格納および計算する方法について、IEEE 754 の仕様に従います。 したがって、Excel は 15 桁の有効桁数のみを数値に格納し、15 桁目以降の数字をゼロに変更します。

回避策

引用符を追加する

数字がゼロに変更されるのを防ぐには、数値を入力する前に単一引用符を入力します。

これを行うには、空白のセルを選択し、単一引用符 (') を入力し、番号を入力します。 すべての数字がセルに表示されます。

単一引用符を入力し、番号を入力します。

セルの書式設定

影響を受けるすべてのセルに引用符を入力しないようにするには、データを入力する前にセルをテキストとして書式設定できます。

  1. 影響を受けるすべてのセルを選択し 、Ctrl + 1 キーを押して [セルの書式設定] ダイアログ ボックス を開きます。

  2. [数値] タブで 、[カテゴリ] リストから [テキスト ] を選択、[OK] を選択します

    セルの書式設定

詳細情報

この動作は、セルが Number として書式設定され、入力された数値が 15 桁を超える場合にのみ発生します。 テキストとして書式設定されたセルの場合は、最大 32,767 文字を入力できます。 Excel はワークシートに最大 1,024 文字を表示します。

ユーザー設定の数値形式は、主に数値で動作するように設計されています。15 桁を超える数字を格納するカスタム番号形式を作成することはできません。 たとえば、次の形式を使用して、16 文字のクレジット カード ID を数値として格納することはできません。

####-####-####-####

ただし、テキストとして書式設定されたセルに数値を入力すると、Excel は数値ではなくテキストとして数値を格納しますので、すべての文字を入力するとそのまま残ります。

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。