Office でハイパーリンクをクリックすると、エラーメッセージが表示される"インターネット サーバーまたはプロキシ サーバーが見つかりませんでした" というエラー メッセージが表示される

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

Office ドキュメント内でハイパーリンクを作成し、そのリンクをクリックしたときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

<URL> を開くことができません。インターネット サーバーまたはプロキシ サーバーが見つかりませんでした。

<URL> を開くことができません。指定されたファイルを開くことができません。

<URL> = 挿入したハイパーリンク。

注意

ハイパーリンクは、ブラウザーまたは [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックス ([スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします) に直接入力しても機能しません。

原因

この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します。

  • Microsoft Internet Explorer を使用していて、以下のいずれかの条件に該当する。

    • プロキシ サーバーとして -または-
    • ローカル ネットワーク上で、HTTP リクエストの配置を許可しないファイアウォールを使用している
  • Internet Explorer が通常使用するブラウザーでない。

  • ForceShellExecute レジストリ キーが以下の場所に存在しないか、1 に設定されていません。

    • 64 ビット オペレーティング システムにインストールされている 32 ビット版 Office の場合:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\9.0\Common\Internet

    • 32 ビット オペレーティング システムにインストールされている 32 ビット版 Office または 64 ビット オペレーティング システムにインストールされている 64 ビット版 Office の場合:

      HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Office\9.0\Common\Internet

回避策

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下の Microsoft サポート技術情報の記事番号をクリックしてください。

322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Internet サブキーをレジストリに追加し、[値のデータ] を設定する

この問題を回避するには、ForceShellExecute サブキーが存在しない場合は追加して [値のデータ] を設定します。ForceShellExecute サブキーが存在する場合は、[値のデータ] を設定します。

  1. 実行中のプログラムをすべて終了します。

  2. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順に選択します。 [名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] を選択します。

  3. レジストリ エディターで、次のいずれかのサブキーを参照します (存在しない場合は、キーを作成します)。

    • 64 ビット版 Windows 上の 32 ビット版 Office の場合:

      *HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\9.0\Common\Internet*

    • 32 ビット版 Windows 上の 32 ビット版 Office の場合:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\9.0\Common\Internet

    • 64 ビット版 Windows 上の 64 ビット版 Office の場合:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\9.0\Common\Internet

  4. Internet サブキーが選択されていることを確認します。 [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。 次のレジストリ値を追加します。

    値の名前: ForceShellExecute

  5. [ForceShellExecute] をダブルクリックし、[値のデータ] を 1 に設定します。 [OK] を選択します。

  6. [レジストリ] メニューの [レジストリ エディターの終了] をクリックします。

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

詳細情報

この回避策を使用した後、Microsoft Word 文書や Microsoft Excel ワークシートへのハイパーリンクが正常に機能しない場合があります。

Office では、Urlmon.dll ファイルを使用して、すべてのインターネット移行を処理します。

この場合、Urlmon.dll ファイルは、プロキシ サーバー、http://を介してファイルを取得する要求を送信します。 プロキシ サーバーは、http://requestの HTTP ユーザー エージェント フィールドに基づいて、要求が Internet Explorer から送信されたことを確認します。 その後、基本的に「アクセスが拒否されました」というエラー 403 が表示されます。

Urlmon.dll ファイルはこれを取得し、前述のエラー メッセージを返すだけです。 エラーは、要求が失敗したことを意味しますが、失敗した理由を示すことはありません。

回避策として、URLで ShellExecute() を使用します。 これにより、オペレーティング システムは既定のブラウザーで URL を開始できます。 既定のブラウザーがプロキシ サーバーによって制限されていない場合は、適切なページが表示されます。