数式を編集するときにエラーが発生Office

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

Office アプリケーション (Word など) で数式エディター 3.0 を使用して挿入された数式を編集すると、次のエラー が表示されます。

Microsoft の数式は使用できません

数式エディターのエラー

原因

数式エディター 3.0 は、多くのバージョンの Office に含まれるデザイン サイエンス ( ) によって構築されたサード パーティ製のコンポーネントでしたが、実装に関するセキュリティ上の問題が https://www.dessci.com 原因で削除されました。 Office新しい数式エディターが追加されています。

セキュリティの問題の詳細については、「CVE-2017-11882」を参照|Microsoft Office破損の脆弱性 。

解決方法

新しい数式エディターでは、数式エディター 3.0 によって作成された既存の数式は編集されませんが、新しい数式、一般的な数式、または手で記述されたインク方程式を挿入できます。 数式関数は、[挿入] タブの下の Word、Excel、または PowerPoint にあります

短いビデオ チュートリアルを含む数式の挿入と編集の詳細については、「数式または数式を記述する 」を参照してください

または、サード パーティ製アプリ MathType を使用すると、セキュリティ上の問題なく数式エディター 3.0 の数式を編集できます。 MathType は Wiris スイートの一部です。 無料の MathType 30 日間試用版をダウンロードできます。Microsoft Equation Editor 3.0ユーザーへようこそ

詳細情報

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。