レジストリ ポリシー設定によりファイルがブロックされている場合に Office で表示されるエラー メッセージ

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

Microsoft Office プログラムでファイルを開くか保存するときに、ファイルがブロックされます。 この場合に、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

  • レジストリ ポリシー設定によってブロックされている種類のファイルを開こうとしています。
  • トラスト センターのファイル制限機能の設定でブロックされている種類 <File Type> のファイルを開こうとしています。
  • Microsoft Office の以前のバージョンで作成されたファイルを開こうとしています。 レジストリ ポリシー設定により、このバージョンでは、このファイルの種類を開くことはできません。
  • レジストリ ポリシー設定によってブロックされているファイルを保存しようとしています。
  • セキュリティ センターのファイル制限機能の設定でブロックされている種類 (<File Type>) のファイルを保存しようとしています。

解決方法

この問題を解決するには、以下の一般的な解決策に従い、ファイル ブロックの設定を変更し、特定のファイル タイプの制限を無効にしてみてください。

  1. [ファイル] > [オプション] を選択します。

    Office でファイルを開くことができない場合は、白紙の文書を開いて Office アプリケーションを起動します。 たとえば、Word ファイルを開くことができない場合、Word 2016 以降のバージョンで新しい文書を開いてオプションを確認します。

  2. [オプション] ウィンドウで、[セキュリティ センター] > [セキュリティ センターの設定] を順にクリックします。

  3. [セキュリティ センター] ウィンドウで [ファイル制限機能の設定] をクリックし、開くか保存するファイルの種類の [開く] または [保存] チェック ボックスをオフにします。

    注意

    このオプションをオフにすると、ユーザーがファイルを開いたり、保存したりできるようになります。 このオプションをオンにすると、ファイルがブロックされます。

    [セキュリティ センター] ウィンドウ

  4. [OK] を 2 回クリックします。

  5. ブロックされたファイルを再度開くか保存してみてください。

注意

[ファイル制限機能の設定] は、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) で制御でき、推奨される セキュリティ ベース ライン設定の一部です。 既定でブロックされているファイルの種類を有効にすると、セキュリティが危険にさらされる可能性があります。

GPO を開く方法は次のとおりです。

  1. グループ ポリシー管理コンソールを開きます。

  2. 次の GPO に移動します。

    ユーザーの構成\管理用テンプレート\Microsoft <Product Name>\<Product Name> オプション\セキュリティ\セキュリティ センター\ファイル制限機能の設定

    <Product Name> を、影響を受ける Office アプリケーション名 (Word 2019など) に置き換えます。

GPO を使用するには、管理用テンプレート ファイルをダウンロードする必要がある場合もあります。

詳細情報

埋め込まれたまたはリンクされた Office ファイルを Office アプリケーションで開くときにこの問題が発生する場合もあります。 たとえば、Visio オブジェクトを Word 文書に埋め込むことがあります。 この Visio オブジェクトを開こうとすると、Word で同様のエラー メッセージが表示されます。 この問題を解決するには、ブロックされるファイルの種類を所有しているアプリケーションで、[ファイル制限機能の設定] を変更する必要があります。 この例では、Word ではなく Visio で [ファイル制限機能の設定] を変更する必要があります。 エラー メッセージにファイルの種類として Excel が表示される場合は、Excel で [ファイル制限機能の設定] を変更します。