Word 2010 または Word 2007 文書に図やオブジェクトが表示されない

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

Microsoft Office Word 2010 または Word 2007 文書を開いたときに、その文書に含まれている図やオブジェクトが表示されないことがあります。 この問題は、図、グラフィックス イメージ、オートシェイプなどのオブジェクトが含まれる文書で発生する可能性があります。

注意

この問題は、Word の新しいバージョンでも発生する可能性があります。

原因

この問題は、図やオブジェクトの折り返しのスタイルに [行内] オプション以外を使用している場合で、 次のいずれかの条件に該当するときに発生します。

  • 下書き表示かアウトライン表示で Word 文書を表示している。
  • [描画オブジェクトとテキスト ボックスを画面に表示する] チェック ボックスがオフになっている。
  • [Word で作成した描画オブジェクトを印刷する] チェック ボックスがオフになっている。
  • [下書き印刷する] チェック ボックスがオンになっている。
  • [値の代わりにフィールド コードを表示する] オプションがオンになります。

図やオブジェクトで [行内] オプションを使用している場合、この問題は、[図をイメージ枠で表示する] オプションがオンになっている場合に発生する可能性があります。

また、この問題は、ビデオ ドライバーの問題が発生している場合にも発生する可能性があります。

回避策

[行内] オプション以外の折り返しのスタイルを使用している場合

[行内] オプション以外の折り返しのスタイルを使用している場合、次のいずれかの回避策を使用します。

折り返しのスタイルとして [行内] を使用する

図やオブジェクトの折り返しのスタイルを [行内] に変更するには、使用している Word のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

Word 2007
  1. 図またはオブジェクトをクリックします。
  2. [書式] タブで、[配置][文字列の折り返し] をクリックします。
  3. [行内] をクリックします。
Word 2010
  1. 図またはオブジェクトをクリックします。
  2. [書式] タブで、[配置][文字列の折り返し] をクリックします。
  3. [行内] をクリックします。
    [行内] オプションを使用すると、図またはオブジェクトは任意の表示モードで表示されます。

[行内] オプション以外の折り返しのスタイルを使用する場合は、次のいずれかの回避策を使用します。

表示モードを変更する

この問題は、下書き表示かアウトライン表示で文書を表示している場合に発生する可能性があります。 この問題を回避するには、次のいずれかの表示モードで文書を表示します。

  • 印刷レイアウト
  • 全画面閲覧
  • Web レイアウト
  • 印刷プレビュー (Word 2007 の場合)。 目的

Word 2010: [ファイル]、[印刷] の順にクリックします。
Word 2010 および Word 2007 文書には、独立したテキスト レイヤーと描画レイヤーがあります。 図やオブジェクトで [行内] オプション以外のテキストの折り返しを使用すると、その図やオブジェクトは描画レイヤーに挿入されます。 下書き表示やアウトライン表示で文書を表示した場合、Word 2010 および Word 2007 では描画レイヤーが表示されません。 この回避策に記載されている表示モードのいずれかを使用すると、Word 2010 および Word 2007 文書に描画レイヤーが表示されます。

[描画オブジェクトとテキスト ボックスを画面に表示する] オプションをオンにする

[描画オブジェクトとテキスト ボックスを画面に表示する] オプションをオンにすると、印刷レイアウト表示または Web レイアウト表示で図やオブジェクトを表示できます。 [描画オブジェクトとテキスト ボックスを画面に表示する] オプションをオンにするには、使用している Word のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

Word 2007
  1. Microsoft Office ボタン をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [構成内容の表示][描画オブジェクトとテキスト ボックスを画面に表示する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。
Word 2010 以降
  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [構成内容の表示][描画オブジェクトとテキスト ボックスを画面に表示する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。

[Word で作成した描画オブジェクトを印刷する] オプションをオンにする

[Word で作成した描画オブジェクトを印刷する] チェック ボックスをオンにすると、印刷プレビューで図やオブジェクトを表示できます。 また、図やオブジェクトを印刷することもできます。 [Word で作成した描画オブジェクトを印刷する] チェック ボックスをオンにするには、使用している Word のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

Word 2007
  1. Microsoft Office ボタン をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [表示] をクリックします。
  3. [印刷オプション][Word で作成した描画オブジェクトを印刷する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。
Word 2010 以降
  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。
  2. [表示] をクリックします。
  3. [印刷オプション] の [Word で作成した描画オブジェクトを印刷する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。

[下書き印刷する] チェック ボックスをオフにする

[下書き印刷する] チェック ボックスをオフにすると、印刷プレビューで図やオブジェクトを表示できます。 また、図やオブジェクトを印刷することもできます。 [下書き印刷する] チェック ボックスをオフにするには、使用している Word のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

Word 2007
  1. Microsoft Office ボタン をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [印刷] の [下書き印刷する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。
Word 2010 以降
  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [印刷] の [下書き印刷する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。

[値の代わりにフィールド コードを表示する] オプションをオフにする

このオプションをオフにするには、使用している Word のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

Word 2007
  1. Microsoft Office ボタン をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [構成内容の表示] の [値の代わりにフィールド コードを表示する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。
Word 2010 以降
  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [構成内容の表示] の [値の代わりにフィールド コードを表示する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。

折り返しのスタイルとして [行内] を使用している

[図をイメージ枠で表示する] チェック ボックスをオフにする

[図をイメージ枠で表示する] チェック ボックスをオフにすると、すべての表示モードで図やオブジェクトが表示されます。 [図をイメージ枠で表示する] オプションをオフにするには、使用している Word のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

注意

[行内] オプション以外の折り返しのスタイルを使用している場合、[図をイメージ枠で表示する] オプションは図やオブジェクトに影響しません。 [図をイメージ枠で表示する] オプションは、全画面閲覧を除くすべての表示モードで [行内] オプションを使用したときに、図やオブジェクトに影響します。

Word 2007
  1. Microsoft Office ボタン をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [構成内容の表示] の [図をイメージ枠で表示する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。
Word 2010 以降
  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [構成内容の表示] の [図をイメージ枠で表示する] チェック ボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。

注意

上記のすべての回避策を試した後も問題が解決しない場合は、ビデオ ドライバーで回避策を実行する前に、図を削除してもう一度追加することができます。

ビデオ ドライバーで問題が発生している

この問題が頻繁に発生する場合は、ビデオ ドライバーの設定か Windows の画面のプロパティの設定に問題がある可能性があります。 ここまでの回避策で問題が解決しない場合は、以下の回避策を試してください。

現在のビデオ ドライバーの画面の色の設定または画面の解像度を変更する

画面の色の設定を変更するには、状況に応じて次の手順を実行します。

Windows XP
  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [画面の色] の設定が [最高 (32 ビット)] に設定されている場合は、この設定を [中 (16 ビット)] に変更し、[OK] をクリックします。

引き続き問題が発生する場合は、画面の解像度を変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [画面の解像度] のスライダーを左に移動し、[OK] をクリックします。
Windows Vista
  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [色] の設定が [最高 (32 ビット)] に設定されている場合は、この設定を [中 (16 ビット)] に変更し、[OK] をクリックします。

引き続き問題が発生する場合は、画面の解像度を変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [解像度] のスライダーを左に移動し、[OK] をクリックします。
Windows 7
  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [モニター] をクリックします。
  4. [色][最高 (32 ビット)] に設定されている場合は、この設定を [中 (16 ビット)] に変更し、[OK] をクリックします。

引き続き問題が発生する場合は、画面の解像度を変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [解像度] ボックスの矢印をクリックして別の解像度を試し、[OK] をクリックします。

ハードウェア アクセラレータの設定を変更する

Windows XP
  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [設定] タブの [詳細設定] をクリックします。
  3. [トラブルシューティング] タブをクリックします。
  4. スライダーを左に動かしてハードウェア アクセラレータの値を減らし、[OK] を 2 回クリックします。
  5. コンピューターを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
Windows Vista および Windows 7
  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。次に「desk.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] をクリックします。
  3. [トラブルシューティング] をクリックします。
  4. ディスプレイ ドライバーで変更が許可されている場合は、[設定の変更] をクリックします。 スライダーを左に動かしてハードウェア アクセラレータの値を減らし、[OK] を 2 回クリックします。
  5. コンピューターを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

更新されたビデオ カードを入手する

ここに記載されている回避策がこの問題の解決に有効な場合は、製造元に問い合わせて更新されたビデオ ドライバーを入手してください。 ビデオ カードを既にアップグレードしている場合は、ビデオ カードの製造元にお問い合わせください。