未保存 Word 文書を復元する方法

次の方法を使用して、未保存 Word 文書を復元できます。

最近の Office ファイルを復元する方法についての情報を探している場合は、次の記事を参照してください。

文書を開けなかったり、文書内のコンテンツが破損している場合は、「Word で文書が破損している場合のトラブルシューティング方法」を参照してください。

失われた文書を検索するには、次の方法を実行します。

Word 文書を検索する

次の手順に従って、Windows で文書を検索してみてください。

  1. [スタート] を選択し、文書名を入力して (Windows 8.1 では、[検索] ボックスに名前を入力します)、Enter キーを押します。
  2. [ドキュメント] の一覧 (または Windows 8.1 の [ファイル] の一覧) に文書が含まれている場合は、文書をダブルクリックして Word で開きます。

検索結果にファイルが含まれていない場合は、次の方法に進みます。

Word バックアップ ファイルを検索する

Word のバックアップ ファイル名の拡張子は「.wbk」です。 Word で「バックアップ コピー」オプションを選択している場合は、ファイルのバックアップ コピーがある可能性があります。

このオプションがオンかどうかを確認するには、[ ファイル]  >[ オプション]  >[ 詳細] を選択し、[ 保存]  セクションまで下にスクロールして、[ 常にバックアップ コピーを作成する] を選択します。

Microsoft 365 サブスクリプションを使用している場合は、次の 2 つのフォルダーの場所でバックアップ ファイルを確認します。

  • C:\Users<UserName>\AppData\Roaming\Microsoft\Word
  • C:\Users<UserName>\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFiles

注: これらのパスで、<UserName> をユーザー名に置き換えます。

ファイルのバックアップ コピーを検索するには、[スタート] を選択し、[検索] ボックスに「.wbk」と入力して、Enter キーを押します。 「バックアップ~」という名前の後に見つからないファイルの名前が続くファイルが表示された場合は、ファイル名をダブルクリックして開きます。

文書のバックアップ ファイルが表示されない場合は、次の方法に進みます。

ごみ箱を確認する

ごみ箱を空にせずに Word 文書を削除すると、文書を復元できる場合があります。

  1. デスクトップのごみ箱をダブルクリックします。
  2. 文書の一覧を検索して、削除された Word ファイルがまだ残っているかどうかを確認します。 名前がわからない場合は、.doc、.docx、.dot などのファイルの種類を検索してください。
  3. 目的の Word ファイルが見つかったら、ファイル名を右クリックし、[復元] を選択してファイルを復元します。

目的のファイルが見つからない場合は、次の方法に進みます。

Windows のファイルの回復ツール

Windows 10 Version 2004 以降を実行している場合は、Windows のファイルの回復ツールを試すことができます。 Windows のファイルの回復は、Microsoft Store から入手できます。 このファイルを使用して、完全に削除されたファイルを復元できます。 ツールの詳細については、「Windows 10 で失われたファイルを復元する」を参照してください。

SharePoint と OneDrive に保存された文書を復元する

SharePoint に保存または同期した文書については、「SharePoint または Teams から削除されたごみ箱のアイテムを復元する」を参照してください。

OneDrive に保存または同期した文書については、「OneDrive で削除したファイルまたはフォルダーを復元する」を参照してください。

見つからないコンテンツまたは新しいバージョンを検索するには、次の方法を実行します。

Word は、Word 文書の変更を保護するためにさまざまなアクションを実行します。

  • Word で SharePoint または OneDrive から文書を開くと、プログラムは自動保存を使用して「クラウド」文書への変更を保存します。 自動保存機能を [オン] のままにしておくことをお勧めします。 画像は、[オン] の位置にある自動保存オプションを示しています。

  • Word でローカル ディスクまたはネットワーク共有フォルダーから文書を開くと、Word は自動回復を使用して変更を自動回復用ファイルに保存します。 既定の自動回復保存間隔は 10 分です。 自動回復機能を [オン] のままにしておくことをお勧めします。 画像は、Word オプションの [文書の保存] セクションを示しています。自動回復は 10 分ごとに設定されています。

Word を再起動して自動回復用ファイルを開く

Word を使用して、起動する度に自動回復用ファイルを検索します。 したがって、Word を閉じて再度開くと、自動回復機能を使用できます。 Word で自動回復されたファイルが見つかると、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示され、失われた文書が「文書名 [オリジナル]」または「文書名 [回復済み]」と表示されます。 表示された場合は、[ドキュメントの回復] ウィンドウに表示されたファイルをダブルクリックし、[ファイル] > [名前を付けて保存] をクリックして、文書を .docx ファイルで保存します。 拡張子を手動で .docx に変更するには、ファイルを右クリック し、[名前の変更] を選択します。

注: Microsoft 365 サブスクリプションでは、Word が起動すると、自動回復用ファイルが検索されます。 回復されたファイルが見つかった場合、Word はメッセージ バーを表示してファイルを開きます。 [保存] を選択して、回復されたファイルを .docx ファイルとして保存します。 回復されたファイルが多数ある場合、Word は通常、最後に変更されたファイルを開き、残りのファイルを [ドキュメントの回復] 作業ウィンドウに配置します。 画像は、回復された未保存ファイルを読み取るヘッダーを示しています。これは、コンピューターに一時的に保存されている回復されたファイルです。その横に [保存] ボタンがあります。

自動回復用ファイルを検索する

Microsoft 365 サブスクリプションを使用している場合は、次のフォルダーの場所でバックアップ ファイルを確認します。

  • C:\Users<UserName>\AppData\Roaming\Microsoft\Word
  • C:\Users<UserName>\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFiles

注: これらのパスで、<UserName> をユーザー名に置き換えます。

これらの場所に見つからないファイルが表示されない場合は、Word を開き、[ファイル] > [情報] > [ドキュメントの管理] > [保存されていない文書の回復] を選択します。

画像は、[保存されていない文書の回復] が選択された状態の [ドキュメントの管理] オプションを示しています。

ファイルがまだ見つからない場合は、手動で自動回復用ファイルを検索してみてください。 これを行うには、[スタート] をクリックし、[検索] ボックスに「.asd」と入力してから、Enter キーを押します。

拡張子が .asd のファイルを検索する場合は、次の手順を実行します。

  1. Wordを開き、[ファイル]  >[ 開く]  >[ 参照] に移動します。
  2. [ ファイル名] の右側にある [ファイルの種類] ボックスの一覧で、[ すべてのファイル] を選択します。
  3. 見つかったバックアップ ファイルを右クリックし、[ 開く] を選択します。

.asd ファイルがない場合は、次の方法に進みます。

一時ファイルを検索する

一時ファイル名の拡張子は .tmp です。 これらのファイルを検索するには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] を選択し、「.tmp」と入力して (Windows 8.1 では、[検索] ボックスに「.asd」と入力します)、Enter キーを押します。
  2. [ドキュメント] タブを選択します。
  3. ファイルをスクロールして、文書を最後に編集した日時と一致するファイル名を探します。
    • 見つからないファイルを検索する場合は、手順 4 に進みます。
    • ファイルが見つからない場合は、手順 1 ~ 3 を繰り返しますが、.tmp ではなくチルダ文字 (~) で検索します (一時ファイル名はチルダで始まります)。
  4. Word で、[ファイル] > [開く] に移動し、[フォルダー] タブを選択します。
  5. .tmp ファイルが見つかったフォルダーに移動または検索し、フォルダー名を選択してフォルダーの内容ウィンドウを開きます。
  6. ウィンドウの上部で、フォルダーの名前を選択します。 これにより、エクスプローラーが開きます。
  7. エクスプローラーで、ファイルの種類 (ファイル名フィールドの横、下部近く) を [すべてのファイル] に変更します。
  8. .tmp ファイルを開きます。

関連情報