Application.GetOpenFilename メソッド (Excel)Application.GetOpenFilename method (Excel)

ユーザーからファイル名を取得するために、[ ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示します。ダイアログ ボックスで指定したファイルは、実際には開かれません。Displays the standard Open dialog box and gets a file name from the user without actually opening any files.

構文Syntax

expression.expression. GetOpenFilename( _FileFilter_ , _FilterIndex_ , _Title_ , _ButtonText_ , _MultiSelect_ )

expressionApplication オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
FileFilterFileFilter 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant ファイルの候補を指定する文字列 (ファイル フィルター文字列) を指定します。A string specifying file filtering criteria.
FilterIndexFilterIndex 省略可能Optional VariantVariant _FileFilter_で指定されているフィルターの数を 1 から、既定ファイル フィルター文字列のインデックス番号を指定します。Specifies the index numbers of the default file filtering criteria, from 1 to the number of filters specified in FileFilter. この引数は省略するか、存在するフィルターの数より大きい場合は、最初のファイル フィルターが使用されます。If this argument is omitted or greater than the number of filters present, the first file filter is used.
TitleTitle 省略可能Optional VariantVariant ダイアログ ボックスのタイトルを指定します。Specifies the title of the dialog box. この引数を省略すると、タイトルは、[開く] にします。If this argument is omitted, the title is "Open."
ButtonTextButtonText 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant Macintosh でのみ指定できます。Macintosh only.
MultiSelectMultiSelect 省略可能Optional VariantVariant Trueを選択する複数のファイル名を使用します。True to allow multiple file names to be selected. Falseを選択するファイル名を 1 つだけを許可します。False to allow only one file name to be selected. 既定値は False です。The default value is False.

戻り値Return value

バリアント型Variant

解説Remarks

_FileFilter_引数で渡された文字列は、ファイル フィルター文字列は、MS-DOS ワイルドカード、各部品に続いてのペア、コンマで区切られたそれぞれのペアで構成されます。This string passed in the FileFilter argument consists of pairs of file filter strings followed by the MS-DOS wildcard file filter specification, with each part and each pair separated by commas. 区切り、各ペアは、ファイル」ドロップ ダウン リスト ボックスに表示されます。Each separate pair is listed in the Files of type drop-down list box. 次の文字列が 2 つのファイル filters?text とアドインを指定するなど、:"テキスト ファイル (.txt)、.txt ファイル、アドインのファイル (.xla)、.xla」です。For example, the following string specifies two file filters?text and addin: "Text Files (.txt),.txt,Add-In Files (.xla),.xla".

1 つのファイル フィルター文字列に複数のワイルドカードを対応させるには、"Visual Basic ファイル (.bas;.txt),.bas;.txt" のように各ワイルドカードをセミコロン (;) で区切ります。To use multiple MS-DOS wildcard expressions for a single file filter type, separate the wildcard expressions with semicolons; for example, "Visual Basic Files (.bas; .txt),.bas;.txt".

引数 FileFilter を省略すると、"すべてのファイル (.),." を指定したことになります。If FileFilter is omitted, this argument defaults to "All Files (.),.".

このメソッドは、選択したファイル名またはユーザーが入力した名前を返します。This method returns the selected file name or the name entered by the user. 返される名前は、パス指定を含む場合があります。The returned name may include a path specification. _MultiSelect_がTrueの場合は、戻り値では (1 つだけのファイル名が選択されている) 場合でも、選択したファイル名の配列。If MultiSelect is True , the return value is an array of the selected file names (even if only one filename is selected). ユーザー ダイアログ ボックスをキャンセルする場合はFalseを返します。Returns False if the user cancels the dialog box.

このメソッドを実行することによって、カレント ドライブやカレント フォルダーが変更される可能性があります。This method may change the current drive or folder.

Example

この例をテキスト ファイルにファイル フィルターを使用して、[開く] ダイアログ ボックスが表示されます。This example displays the Open dialog box, with the file filter set to text files. ユーザーは、ファイル名を選択する、コードはそのファイル名をメッセージ ボックスに表示します。If the user chooses a file name, the code displays that file name in a message box.

fileToOpen = Application _ 
 .GetOpenFilename("Text Files (*.txt), *.txt") 
If fileToOpen <> False Then 
 MsgBox "Open " & fileToOpen 
End If

関連項目See also

Application オブジェクトApplication Object