Application.MacroOptions メソッド (Excel)Application.MacroOptions method (Excel)

マクロ オプション] ダイアログ ボックスのオプションに対応します。Corresponds to options in the Macro Options dialog box. 関数の挿入] ダイアログ ボックス内の組み込みまたは新しいカテゴリのユーザー定義関数 (UDF) を表示するのにはこのメソッドを使用することもできます。You can also use this method to display a user defined function (UDF) in a built-in or new category within the Insert Function dialog box.

構文Syntax

expression. MacroOptions( _Macro_ , _Description_ , _HasMenu_ , _MenuText_ , _HasShortcutKey_ , _ShortcutKey_ , _Category_ , _StatusBar_ , _HelpContextID_ , _HelpFile_ , _ArgumentDescriptions_ )

expressionApplication オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
MacroMacro 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant マクロ名またはユーザー定義関数 (UDF) を指定します。The macro name or the name of a user defined function (UDF).
DescriptionDescription 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant マクロの説明を指定します。The macro description.
HasMenuHasMenu 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant この引数は無視されます。This argument is ignored.
MenuTextMenuText 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant この引数は無視されます。This argument is ignored.
HasShortcutKeyHasShortcutKey 省略可能Optional VariantVariant True (_を登録する_必要がありますも指定する) マクロをショートカット キーを割り当てるには。True to assign a shortcut key to the macro ( ShortcutKey must also be specified). この引数がFalseの場合は、マクロをショートカット キーは割り当てられません。If this argument is False , no shortcut key is assigned to the macro. マクロでは、ショートカット キーが割り当てられている場合は、この引数をFalseに設定するとショートカット キーが削除されます。If the macro already has a shortcut key, setting this argument to False removes the shortcut key. 既定値は False です。The default value is False.
ShortcutKeyShortcutKey 省略可能Optional VariantVariant _HasShortcutKey_がに必要なそれ以外の場合は無視されます。Required if HasShortcutKey is True ; ignored otherwise. ショートカット キーです。The shortcut key.
CategoryCategory 省略可能Optional VariantVariant 既存マクロ関数の分類 (財務、日付と時刻、またはユーザー定義など) を指定する整数です。An integer that specifies an existing macro function category (Financial, Date & Time, or User Defined, for example). 組み込みのカテゴリに割り当てられている整数値の「解説」セクションを参照してください。See the Remarks section to determine the integers that are mapped to the built-in categories. ユーザー設定のカテゴリを示す文字列を指定することもできます。You can also specify a string for a custom category. 文字列を指定する場合は、関数の挿入] ダイアログ ボックスに表示されるカテゴリ名として扱われます。If you provide a string it will be treated as the category name that is displayed in the Insert Function dialog box. カテゴリ名が使用されていない場合は、その名前の新しいカテゴリが定義されています。If the category name has never been used, a new category is defined with that name. 組み込みの名前と同じ名前を使用するかどうか (「解説」セクションの一覧を参照)、Microsoft Excel が、その組み込みの分類にユーザー定義関数をマップします。If you use a category name that is the same as a built-in name (see list in Remarks section), Microsoft Excel will map the user defined function to that built-in category.
StatusBarStatusBar 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant マクロ実行時に表示されるステータス バー テキストを指定します。The status bar text for the macro.
HelpContextIDHelpContextID 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant マクロに登録するヘルプ トピックのコンテキスト ID を、整数で指定します。An integer that specifies the context ID for the Help topic assigned to the macro.
HelpFileHelpFile 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 引数 HelpContextId で指定したオンライン ヘルプのトピックが含まれるヘルプ ファイル名を文字列で指定します。The name of the Help file that contains the Help topic defined by HelpContextId.
ArgumentDescriptionsArgumentDescriptions 省略可能Optional 配列 (Array)Array 1 次元の配列には、関数の引数] ダイアログ ボックスに表示されている UDF の引数についての説明が含まれます。A one-dimensional array that contains the descriptions for the arguments to a UDF that are displayed in the Function Arguments dialog box.

解説Remarks

次の表は整数値とそれは、 Category パラメーターで使用できる組み込みのカテゴリにマップされます。The following table lists which integers are mapped to the built-in categories that can be used in the Category parameter.

整数値Integer 分類Category
11 財務Financial
22 日付/時刻Date & Time
33 数学/三角Math & Trig
44 統計Statistical
55 検索/行列Lookup & Reference
66 データベースDatabase
77 文字列操作Text
88 論理Logical
99 情報Information
1010 コマンドCommands
1111 ユーザー設定Customizing
1212 マクロ制御Macro Control
1313 DDE/外部DDE/External
1414 ユーザー定義User Defined
1515 1 番目のユーザー設定の分類First custom category
1616 2 番目のユーザー設定の分類Second custom category
1717 3 番目のユーザー設定の分類Third custom category
1818 4 番目のユーザー設定の分類Fourth custom category
1919 5 番目のユーザー設定の分類Fifth custom category
2020 6 番目のユーザー設定の分類Sixth custom category
2121 7 番目のユーザー設定の分類Seventh custom category
2222 8 番目のユーザー設定の分類Eighth custom category
2323 9 番目のユーザー設定の分類Ninth custom category
2424 10 番目のユーザー設定の分類Tenth custom category
2525 11 番目のユーザー設定の分類Eleventh custom category
2626 12 番目のユーザー設定の分類Twelfth custom category
2727 13 番目のユーザー設定の分類Thirteenth custom category
2828 14 番目のユーザー設定の分類Fourteenth custom category
2929 15 番目のユーザー設定の分類Fifteenth custom category
3030 16 番目のユーザー設定の分類Sixteenth custom category
3131 17 番目のユーザー設定の分類Seventeenth custom category
3232 18 番目のユーザー設定の分類Eighteenth custom category

Example

この例では、「マイ ユーザー設定のカテゴリ」という名前のユーザー設定の分類に"TestMacro"と呼ばれるユーザー定義のマクロを追加します。This example adds a user-defined macro called "TestMacro" to a custom category named "My Custom Category". 次の使用例を実行した後、「My カスタム カテゴリ」、またはカテゴリを選択」ドロップ ダウン ボックスの一覧で、[関数の挿入] ダイアログ ボックスで、"TestMacro"ユーザー定義関数が含まれているを参照してくださいする必要があります。After you run this example, you should see "My Custom Category" which contains the "TestMacro" user-defined function in the Or select a category drop-down list in the Insert Function dialog box.

Function TestMacro() 
    MsgBox ActiveWorkbook.Name 
End Function 
 
Sub AddUDFToCustomCategory() 
    Application.MacroOptions Macro:="TestMacro", Category:="My Custom Category" 
End Sub

関連項目See also

Application オブジェクトApplication Object