Application.OnKey メソッド (Excel)Application.OnKey method (Excel)

特定のキー、またはキーの組み合わせを押したときに、指定されたプロシージャを実行します。Runs a specified procedure when a particular key or key combination is pressed.

構文Syntax

expression.expression. OnKey( _Key_ , _Procedure_ )

expressionApplication オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
KeyKey 必須Required 文字列型 (String)String 押すキーを示す文字列を指定します。A string indicating the key to be pressed.
ProcedureProcedure 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 実行するプロシージャの名前を示す文字列です。A string indicating the name of the procedure to be run. _プロシージャ_の場合""(空文字列)、何も_キー_が押されたとき。If Procedure is "" (empty text), nothing happens when Key is pressed. OnKeyのこのフォームは、Microsoft Excel では、キーストロークの通常の結果を変更します。This form of OnKey changes the normal result of keystrokes in Microsoft Excel. _手順_を省略すると、 _Microsoft Excel で、通常その結果_し、 OnKeyメソッドで行った特殊なキーの割り当てをクリアします。If Procedure is omitted, Key reverts to its normal result in Microsoft Excel, and any special key assignments made with previous OnKey methods are cleared.

解説Remarks

_Key_引数には、alt キーを押し、ctrl キーまたは shift キーを押し、またはこれらのキーの任意の組み合わせと共に、1 つのキーを指定できます。The Key argument can specify any single key combined with ALT, CTRL, or SHIFT, or any combination of these keys. 各キーは 1 つまたは複数の文字では、次のように"a"文字、または"{ENTER}"ENTER キーをします。Each key is represented by one or more characters, such as "a" for the character a, or "{ENTER}" for the ENTER key.

対応するキーを押したときに表示されていない文字を指定するのには (たとえば: 入力 [または] タブ)、次の表に記載されているコードを使用します。To specify characters that aren't displayed when you press the corresponding key (for example: ENTER or TAB), use the codes listed in the following table. テーブル内の各コードは、キーボードのキーが 1 つを表します。Each code in the table represents one key on the keyboard.

キーKey コードCode
BackSpaceBACKSPACE {BACKSPACE} または {BS}{BACKSPACE} or {BS}
BreakBREAK {BREAK}
CapsLockCAPS LOCK {CAPSLOCK}
ClearCLEAR {CLEAR}
Delete または DelDELETE or DEL {DELETE} または {DEL}{DELETE} or {DEL}
DOWN ARROW {DOWN}
EndEND {END}
Enter (テンキー)ENTER (numeric keypad) {ENTER}
EnterENTER ~ (ティルダ)~ (tilde)
EscESC { ESCAPE} または {ESC}{ ESCAPE} or {ESC}
HelpHELP {HELP}
HomeHOME {HOME}
InsINS {INSERT}
LEFT ARROW {LEFT}
NumLockNUM LOCK {NUMLOCK}
PageDownPAGE DOWN {PGDN}
PageUpPAGE UP {PGUP}
ReturnRETURN {RETURN}
RIGHT ARROW {RIGHT}
ScrollLockSCROLL LOCK {SCROLLLOCK}
TabTAB {TAB}
UP ARROW {UP}
F1 ~ F15F1 through F15 {F1}{F15}{F1} through {F15}

Shift キーや ctrl キーと alt キーと組み合わせるキーを指定することもできます。You can also specify keys combined with SHIFT and/or CTRL and/or ALT. 別のキーと組み合わせるキーを指定するには、次の表を使用します。To specify a key combined with another key or keys, use the following table.

キーTo combine keys with コードPrecede the key code by
ShiftSHIFT + (正符号)+ (plus sign)
CtrlCTRL ^ (カレット)^ (caret)
AltALT % (パーセント記号)% (percent sign)

特殊文字のいずれかのプロシージャを割り当てるには (+、^、% というように)、文字を中かっこで囲みます。To assign a procedure to one of the special characters (+, ^, %, and so on), enclose the character in braces. 詳細については、この例を参照してください。For details, see the example.

Example

次の使用例は、InsertProc を Ctrl + + キーに、SpecialPrintProc を Shift + Ctrl + → キーに登録します。This example assigns "InsertProc" to the key sequence CTRL+PLUS SIGN and assigns "SpecialPrintProc" to the key sequence SHIFT+CTRL+RIGHT ARROW.

Application.OnKey "^{+}", "InsertProc" 
Application.OnKey "+^{RIGHT}", "SpecialPrintProc"

次の使用例は、Shift + Ctrl + → キーを通常の機能に戻します。This example returns SHIFT+CTRL+RIGHT ARROW to its normal meaning.

Application.OnKey "+^{RIGHT}"

次の使用例は、Shift + Ctrl + → キーを無効にします。This example disables the SHIFT+CTRL+RIGHT ARROW key sequence.

Application.OnKey "+^{RIGHT}", ""

関連項目See also

Application オブジェクトApplication Object