Application. Range プロパティ (Excel)Application.Range property (Excel)

セルまたはセル範囲を表す**range** オブジェクトを返します。Returns a Range object that represents a cell or a range of cells.

構文Syntax

範囲(Cell1Cell2)expression.Range (Cell1, Cell2)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Cell1Cell1 必須Required バリアント型Variant 範囲の名前を指定します。The name of the range. A1 形式の参照をコード記述時の言語で指定します。This must be an A1-style reference in the language of the macro. 範囲名には、範囲を表す演算子 (:)、共通部分を表す演算子 (スペース)、または複数の範囲を表す演算子 (,) を含めることができます。It can include the range operator (a colon), the intersection operator (a space), or the union operator (a comma). ドル記号を含めることもできますが、無視されます。It can also include dollar signs, but they are ignored. 範囲の任意の部分には、ローカルに定義した名前を使用できます。You can use a local defined name in any part of the range. 名前を使用する場合、その名前はコード記述時の言語で表されたものと見なされます。If you use a name, the name is assumed to be in the language of the macro.
Cell2Cell2 省略可能Optional VariantVariant セル範囲の左上隅と右下隅のセルを指定します。The cell in the upper-left and lower-right corner of the range. 各引数には、単一のセル、列全体、または行全体を含む Range オブジェクト、あるいはコード記述時の言語で単一のセルの名前を示す文字列を指定できます。Can be a Range object that contains a single cell, an entire column, or entire row, or it can be a string that names a single cell in the language of the macro.

解説Remarks

オブジェクト修飾子を指定せずにこのプロパティを使用すると、ActiveSheet.Range のショートカットとなります。つまり、アクティブ シートから範囲を取得します。アクティブ シートがワークシートでない場合、このプロパティは失敗します。When used without an object qualifier, this property is a shortcut for ActiveSheet.Range (it returns a range from the active sheet; if the active sheet isn't a worksheet, the property fails).

Range オブジェクトに対して使用すると、このプロパティは Range オブジェクト基準にした相対的な範囲を返します。When applied to a Range object, the property is relative to the Range object. たとえば、セル C3 が選択されている場合に、Selection.Range("B1") を呼び出すと、Selection プロパティで取得される Range オブジェクトに相対的な範囲が返されるため、セル D3 が取得されます。For example, if the selection is cell C3, Selection.Range("B1") returns cell D3 because it's relative to the Range object returned by the Selection property. 一方、ActiveSheet.Range("B1") というコードでは、常にセル B1 が取得されます。On the other hand, the code ActiveSheet.Range("B1") always returns cell B1.

Example

次の使用例は、シート 1 のセル A1 の値を 3.14159 に設定します。This example sets the value of cell A1 on Sheet1 to 3.14159.

Worksheets("Sheet1").Range("A1").Value = 3.14159

次の使用例は、シート 1 のセル A1 に数式を作成します。This example creates a formula in cell A1 on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Range("A1").Formula = "=10*RAND()"

次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:D10 に対してループを行います。This example loops on cells A1:D10 on Sheet1. セルの値が 0.001 未満の場合は、値をゼロ (0) に置き換えます。If one of the cells has a value less than 0.001, the code replaces that value with 0 (zero).

For Each c in Worksheets("Sheet1").Range("A1:D10") 
 If c.Value < .001 Then 
 c.Value = 0 
 End If 
Next c

次の使用例は、testrange という名前の範囲をループし、範囲内の空のセルの数を表示します。This example loops on the range named TestRange and displays the number of empty cells in the range.

numBlanks = 0 
For Each c In Range("TestRange") 
 If c.Value = "" Then 
 numBlanks = numBlanks + 1 
 End If 
Next c 
MsgBox "There are " & numBlanks & " empty cells in this range"

次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:C5 のフォント スタイルを斜体に設定します。This example sets the font style in cells A1:C5 on Sheet1 to italic. この例は Range プロパティの構文 2 を使用します。The example uses Syntax 2 of the Range property.

Worksheets("Sheet1").Range(Cells(1, 1), Cells(5, 3)). _ 
 Font.Italic = True 

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.