Borders オブジェクト (Excel)

Range オブジェクトまたは Style オブジェクトの 4 つの辺の罫線を表す、4 つの Border オブジェクトのコレクションです。

注釈

4 つの罫線すべてが属している Borders コレクションを取得するには、 Borders プロパティを使用します。

輪郭の辺ごとに扱えるのは、 Range オブジェクトと Style オブジェクトだけです。誤差範囲や区分線など、輪郭がある他のオブジェクトは、辺の数にかかわらず、1 つのエンティティとして扱われます。このオブジェクトは、輪郭全体を 1 単位としてプロパティを取得、設定する必要があります。詳細については、 Border オブジェクトを参照してください。

次の使用例は、ワークシート 1 のセル A1 の下側の罫線を二重線に設定します。

Worksheets(1).Range("A1").Borders.LineStyle = xlDouble

単体の Border オブジェクトを取得するには、 Borders ( index ) プロパティを使用します。引数 index には、罫線を指定します。次の使用例では、セル範囲 A1:G1 の下側の罫線の色を赤に設定します。

Worksheets("Sheet1").Range("A1:G1"). _
 Borders(xlEdgeBottom).Color = RGB(255, 0, 0)

引数 Index で使用できる定数は、 xlBordersIndex クラスの xlDiagonalDownxlDiagonalUpxlEdgeBottomxlEdgeLeftxlEdgeRightxlEdgeTopxlInsideHorizontalxlInsideVertical のいずれかです。

プロパティ

名前
Application
Color
ColorIndex
Count
Creator
Item
LineStyle
Parent
ThemeColor
TintAndShade
Value
Weight

関連項目

概念

Excel オブジェクト モデル リファレンス