CommandBarControls メソッド (Office)CommandBarControls.Add method (Office)

新しい CommandBarControl オブジェクトを作成し、指定されたコマンド バーのコントロールのコレクションに追加します。Creates a new CommandBarControl object and adds it to the collection of controls on the specified command bar.

注意

[!メモ] 一部の Microsoft Office アプリケーションにおける CommandBars の使用方法が、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの新しいリボン コンポーネントによって置き換えられました。The use of CommandBars in some Microsoft Office applications has been superseded by the new ribbon component of the Microsoft Office Fluent user interface. 詳細については、「 Office Fluent リボンの概要」を参照してください。For more information, see Overview of the Office Fluent ribbon.

構文Syntax

追加(TypeIdParameterBeforeTemporary)expression.Add (Type, Id, Parameter, Before, Temporary)

expression 必須です。expression Required. CommandBarControls オブジェクトを表す変数を指定します。A variable that represents a CommandBarControls object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
TypeType 省略可能Optional VariantVariant 指定したコマンド バーに追加するコントロールの種類を指定します。The type of control to be added to the specified command bar. 使用できる定数は、MsoControl クラスの msoControlButtonmsoControlEditmsoControlDropdownmsoControlComboBoxmsoControlPopup のいずれかです。Can be one of the following MsoControl constants: msoControlButton, msoControlEdit, msoControlDropdown, msoControlComboBox, or msoControlPopup.
IdId 省略可能Optional VariantVariant 組み込みのコントロールを表す整数を指定します。An integer that specifies a built-in control. この引数を 1 に設定するか省略すると、指定した種類の空白のカスタム コントロールがコマンド バーに追加されます。If the value of this argument is 1, or if this argument is omitted, a blank custom control of the specified type will be added to the command bar.
ParameterParameter 省略可能Optional VariantVariant 組み込みのコントロールの場合、この引数はコンテナー アプリケーションでコマンドを実行するときに使用されます。For built-in controls, this argument is used by the container application to run the command. カスタム コントロールの場合、この引数を使用して、Visual Basic のプロシージャに情報を渡したり、Tag プロパティの 2 番目の値のようなコントロールの情報を格納することができます。For custom controls, you can use this argument to send information to Visual Basic procedures, or you can use it to store information about the control (similar to a second Tag property value).
BeforeBefore 省略可能Optional VariantVariant コマンド バーにおける新しいコントロールの位置を表す数字を指定します。A number that indicates the position of the new control on the command bar. 新しいコントロールは、指定した位置にあるコントロールの直前に挿入されます。The new control will be inserted before the control at this position. この引数を省略すると、コントロールは指定したコマンド バーの末尾に追加されます。If this argument is omitted, the control is added at the end of the specified command bar.
TemporaryTemporary 省略可能Optional VariantVariant True を指定すると、新しいコントロールが一時的なものになります。True to make the new control temporary. コンテナーアプリケーションが閉じられると、コントロールは自動的に削除されます。Controls are automatically deleted when the container application is closed. 既定値は False です。The default value is False.

Example

次の使用例は、切り取り、コピー、および貼り付け用のボタンを持ったユーザー設定の編集ツールバーを作成します。This example creates a custom editing toolbar that contains buttons (controls) for cutting, copying, and pasting.

Dim customBar As CommandBar 
Dim newButton As CommandBarButton 
Set customBar = CommandBars.Add("Custom") 
Set newButton = customBar.Controls _ 
    .Add(msoControlButton, CommandBars("Edit") _ 
    .Controls("Cut").Id) 
Set newButton = customBar.Controls _ 
    .Add(msoControlButton, CommandBars("Edit") _ 
    .Controls("Copy").Id) 
Set newButton = customBar.Controls _ 
    .Add(msoControlButton, CommandBars("Edit") _ 
    .Controls("Paste").Id) 
customBar.Visible = True

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.