Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)Range.CurrentRegion property (Excel)

現在の領域を表すRangeオブジェクトを返します。Returns a Range object that represents the current region. 現在の選択範囲は、空白の行と空白の列の任意の組み合わせで囲まれた範囲です。The current region is a range bounded by any combination of blank rows and blank columns. 読み取り専用です。Read-only.

構文Syntax

Currentregionexpression.CurrentRegion

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

注釈Remarks

このプロパティは、選択範囲を自動的に拡大して、 Xlrangeautoformat フォーマット 値などの現在の領域全体が含まれるようにする多くの操作に便利です。This property is useful for many operations that automatically expand the selection to include the entire current region, such as the XlRangeAutoFormat values.

このプロパティは、保護されたワークシートでは使うことができません。This property cannot be used on a protected worksheet.

Example

次の使用例は、シート 1 でアクティブ セル領域を選択します。This example selects the current region on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Activate 
ActiveCell.CurrentRegion.Select

次の使用例では、ヘッダー行のあるシート 1 にテーブルがあると仮定します。This example assumes that you have a table on Sheet1 that has a header row. この例では、見出し行を選択せずにテーブルを選択します。The example selects the table without selecting the header row. この使用例を実行する前に、テーブルのいずれかのセルをアクティブにしておく必要があります。The active cell must be somewhere in the table before you run the example.

Set tbl = ActiveCell.CurrentRegion 
tbl.Offset(1, 0).Resize(tbl.Rows.Count - 1, _ 
 tbl.Columns.Count).Select

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.