Errors プロパティ (Excel)Range.Errors property (Excel)

ユーザーがエラーチェックオプションにアクセスできるようにします。Allows the user to access error checking options.

構文Syntax

エラーexpression.Errors

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

注釈Remarks

エラーチェックの各オプションに関連付けられているインデックス値の一覧を表示するには、 Errors オブジェクトを参照します。Reference the Errors object to view a list of index values associated with error checking options.

Example

次の使用例では、セル A1 に数値を文字列として設定します。In this example, a number written as text is placed in cell A1. その数値が文字列として記述されているかどうか判別し、その結果に応じて、メッセージを表示します。Microsoft Excel then determines if the number is written as text in cell A1 and notifies the user accordingly.

Sub CheckForErrors() 
 
 Range("A1").Formula = "'12" 
 
 If Range("A1").Errors.Item(xlNumberAsText).Value = True Then 
 MsgBox "The number is written as text." 
 Else 
 MsgBox "The number is not written as text." 
 End If 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.