範囲の Justify メソッド (Excel)Range.Justify method (Excel)

対象セル範囲内の文字列を、そのセル範囲に合わせて割り付けます。Rearranges the text in a range so that it fills the range evenly.

構文Syntax

両端揃えexpression.Justify

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

戻り値Return value

バリアント型Variant

注釈Remarks

セル範囲の大きさが不十分なときは、下のセルに文字列を上書きするかどうかを確認するメッセージが表示されます。If the range isn't large enough, Microsoft Excel displays a message telling you that text will extend below the range. [OK ] ボタンを選択すると、選択範囲を超えたセルの内容は、両端揃えされた文字列に置き換えられます。If you choose the OK button, justified text replaces the contents in cells that extend beyond the selected range. このメッセージが表示されないようにするには、 DisplayAlerts プロパティを False に設定します。To prevent this message from appearing, set the DisplayAlerts property to False. このように設定すると、対象セル範囲が小さい場合には、対象セル範囲外のセルの内容が自動的に上書きされます。After you set this property, text will always replace the contents in cells below the range.

Example

次の使用例は、シート 1 のセル A1 で、文字列の割り付けを行います。This example justifies the text in cell A1 on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Range("A1").Justify

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.