指定範囲の ShowDependents メソッド (Excel)Range.ShowDependents method (Excel)

アクティブ セル (参照元) から、その値を直接参照しているセル (参照先) に向けてトレース矢印を引きます。Draws tracer arrows to the direct dependents of the range.

構文Syntax

Showdependents者(削除)expression.ShowDependents (Remove)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
RemoveRemove 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 直接の参照先へのトレース矢印を 1 レベル削除するには、 True を指定します。True to remove one level of tracer arrows to direct dependents. トレース矢印を 1 レベル展開するには、False を指定します。False to expand one level of tracer arrows. 既定値は False です。The default value is False.

戻り値Return value

バリアント型Variant

Example

次の使用例は、シート 1 のアクティブ セルから、その参照先に向けてトレース矢印を描きます。This example draws tracer arrows to dependents of the active cell on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Activate 
ActiveCell.ShowDependents

次の使用例は、シート 1 のアクティブ セルから参照先に向かうトレース矢印を 1 レベル削除します。This example removes the tracer arrow for one level of dependents of the active cell on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Activate 
ActiveCell.ShowDependents Remove:=True

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.