Range ShowErrors メソッド (Excel)Range.ShowErrors method (Excel)

アクティブ セルが直接的または間接的に参照するセル (参照元) で、エラーの原因となる参照元セルから参照先セルに対してトレース矢印を引きます。エラーの原因となる 1 つまたは複数の参照元セルで構成される範囲を返します。Draws tracer arrows through the precedents tree to the cell that's the source of the error, and returns the range that contains that cell.

構文Syntax

Showerrorsexpression.ShowErrors

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

戻り値Return value

バリアント型Variant

Example

次の使用例は、シート 1 のアクティブ セルにエラーがあるときに、赤のトレース矢印を表示します。This example displays a red tracer arrow if there's an error in the active cell on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Activate 
If IsError(ActiveCell.Value) Then 
 ActiveCell.ShowErrors 
End If

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.