Range Table メソッド (Excel)Range.Table method (Excel)

ワークシートで定義した入力値と数式に基づいて、データ テーブルを作成します。Creates a data table based on input values and formulas that you define on a worksheet.

構文Syntax

(Rowinputcolumninput)expression.Table (RowInput, ColumnInput)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
RowInputRowInput 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant テーブルの行入力として使うセルを指定します。A single cell to use as the row input for your table.
ColumnInputColumnInput 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant テーブルの列入力として使うセルを指定します。A single cell to use as the column input for your table.

戻り値Return value

バリアント型Variant

注釈Remarks

このデータ テーブルは、ワークシートの特定の定数を変化させて、ほかのセルの値への影響を調べるケース スタディのために使います。Use data tables to perform a what-if analysis by changing certain constant values on your worksheet to see how values in other cells are affected.

Example

次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:K11 に書式設定された乗算表を作成します。This example creates a formatted multiplication table in cells A1:K11 on Sheet1.

Set dataTableRange = Worksheets("Sheet1").Range("A1:K11") 
Set rowInputCell = Worksheets("Sheet1").Range("A12") 
Set columnInputCell = Worksheets("Sheet1").Range("A13") 
 
Worksheets("Sheet1").Range("A1").Formula = "=A12*A13" 
For i = 2 To 11 
 Worksheets("Sheet1").Cells(i, 1) = i - 1 
 Worksheets("Sheet1").Cells(1, i) = i - 1 
Next i 
dataTableRange.Table rowInputCell, columnInputCell 
With Worksheets("Sheet1").Range("A1").CurrentRegion 
 .Rows(1).Font.Bold = True 
 .Columns(1).Font.Bold = True 
 .Columns.AutoFit 
End With

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.