Range.Value2 プロパティ (Excel)Range.Value2 property (Excel)

セルの値を返すか設定します。Returns or sets the cell value. 値の取得と設定が可能なバリアント型 (Variant) の値です。Read/write Variant.

構文Syntax

Value2expression.Value2

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

注釈Remarks

このプロパティとValueプロパティの唯一の違いは、 Value2プロパティでは、通貨および日付のデータ型を使用しないことです。The only difference between this property and the Value property is that the Value2 property doesn't use the Currency and Date data types. 倍精度浮動小数点型 (Double) を使用することにより、これらの 2 種類のデータ型の値を浮動小数点数として返すことができます。You can return values formatted with these data types as floating-point numbers by using the Double data type.

Example

次の使用例は、Value2 プロパティを使用して 2 つのセルの値を加算します。This example uses the Value2 property to add the values of two cells.

Range("a1").Value2 = Range("b1").Value2 + Range("c1").Value2

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.