AddShape メソッド (Excel)Shapes.AddShape method (Excel)

ワークシートの新しいオートシェイプを表す**Shape** オブジェクトを返します。Returns a Shape object that represents the new AutoShape on a worksheet.

構文Syntax

AddShape(TypeLeftTopWidthHeight)expression.AddShape (Type, Left, Top, Width, Height)

表現 Shapes オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Shapes object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
TypeType 必須Required MsoAutoShapeTypeMsoAutoShapeType 作成するオートシェイプの種類を指定します。Specifies the type of AutoShape to create.
LeftLeft 必須Required SingleSingle 文書の左上隅を基準にして、オートシェイプの境界ボックスの左上隅の位置をポイント単位で指定します。The position (in points) of the upper-left corner of the AutoShape's bounding box relative to the upper-left corner of the document.
TopTop 必須Required SingleSingle 文書の上端を基準にして、オートシェイプの境界ボックスの左上隅の位置をポイント単位で指定します。The position (in points) of the upper-left corner of the AutoShape's bounding box relative to the top of the document.
WidthWidth 必須Required SingleSingle オートシェイプの境界ボックスの幅をポイント単位で指定します。The width of the AutoShape's bounding box, in points.
HeightHeight 必須Required SingleSingle オートシェイプの境界ボックスの高さをポイント単位で指定します。The height of the AutoShape's bounding box, in points.

戻り値Return value

ShapeShape

注釈Remarks

追加したオートシェイプの種類を変更するには、 AutoShapeType プロパティを設定します。To change the type of an AutoShape that you have added, set the AutoShapeType property.

Example

次の使用例は、myDocument に四角形を追加します。This example adds a rectangle to myDocument.

Set myDocument = Worksheets(1) 
myDocument.Shapes.AddShape msoShapeRectangle, 50, 50, 100, 200

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.