VBE 用語集VBE Glossary

Visual Basic エディター (VBE) の用語集です。Glossary of terms for Visual Basic Editor (VBE).

アクセス キーaccess key

Alt キーを押したまま押すキー。メニューを開いたり、コマンドを実行したり、オブジェクトを選択したり、オブジェクトに移動したりできます。A key pressed while holding down the ALT key that allows the user to open a menu, carry out a command, select an object, or move to an object. たとえば、Alt + F キーを押すと [ファイル] メニューが開きます。For example, ALT+F opens the File menu.

ActiveX コントロールActiveX control

ユーザーによるアプリケーションの対話的操作を可能または拡張するためにフォームに配置するオブジェクト。An object that you place on a form to enable or enhance a user's interaction with an application. ActiveX コントロールにはイベントがあり、他のコントロールに組み込むことができます。ActiveX Controls have events and can be incorporated into other controls. これらのコントロールのファイル名拡張子は .ocx です。These controls have an .ocx file name extension.

ActiveX オブジェクトActiveX object

オートメーション インターフェイスを通して他のアプリケーションまたはプログラミング ツールに公開されるオブジェクト。An object that is exposed to other applications or programming tools through Automation interfaces.

アドインadd-in

Visual Basic 開発環境に機能を追加するカスタマイズされたツール。A customized tool that adds capabilities to the Visual Basic development environment.

ANSI 文字セットANSI Character Set

キーボードを使用して最大 256 個の文字 (0-255) を表すために使用される ANSI (American National Standards Institute) の 8 ビット文字セット。American National Standards Institute (ANSI) 8-bit character set used to represent up to 256 characters (0-255) using your keyboard. 前半の 128 文字 (0-127) は、標準の U.S. キーボードの文字と記号に対応しています。The first 128 characters (0-127) correspond to the letters and symbols on a standard U.S. keyboard. 次の 128 文字 (128-255) は、国際アルファベット記号、アクセント記号、通貨記号および分数などの特殊文字を表します。The second 128 characters (128-255) represent special characters, such as letters in international alphabets, accents, currency symbols, and fractions.

アプリケーションapplication

単一のプログラムとして連携して動作するコードと表示要素の集合。A collection of code and visual elements that work together as a single program. 開発者は開発環境内でアプリケーションを作成して実行でき、ユーザーは通常は開発環境の外部で実行可能ファイルとしてアプリケーションを実行します。Developers can build and run applications within the development environment, while users usually run applications as executable files outside the development environment.

引数argument

プロシージャに渡される定数、変数、または式。A constant, variable, or expression passed to a procedure.

配列array

同じ組み込みデータ型を持ち、順番にインデックスを付けられた要素のセット。A set of sequentially indexed elements having the same intrinsic data type. 配列の各要素は、一意の識別インデックス番号を持っています。Each element of an array has a unique identifying index number. 配列の 1 つの要素を変更しても、他の要素は影響を受けません。Changes made to one element of an array don't affect the other elements.

ASCII 文字セットASCII Character Set

ASCII (American Standard Code for Information Interchange) の 7 ビット文字セット。標準の U.S. キーボードにある文字と記号を表すために使用されます。American Standard Code for Information Interchange (ASCII) 7-bit character set used to represent letters and symbols found on a standard U.S. keyboard. ASCII 文字セットは、ANSI 文字セットの前半の 128 文字 (0-127) と同じです。The ASCII character set is the same as the first 128 characters (0-127) in the ANSI character set.

自動書式設定automatic formatting

入力したコードの、キーワードの先頭文字を大文字にし、スペースを標準化し、記号を追加し、前面色と背面色を設定することによって、自動的に書式を設定する機能。A feature that automatically formats code as you enter it by capitalizing the first letter for keywords, standardizing spacing, adding punctuation, and setting the foreground and background colors.

オートメーション オブジェクトAutomation object

オートメーション インターフェイスを通して他のアプリケーションまたはプログラミング ツールに公開されるオブジェクト。An object that is exposed to other applications or programming tools through Automation interfaces.

基本クラスbase class

継承によって他のクラスを派生できる元のクラス。Original class from which other classes can be derived by inheritance.

ビットマップbitmap

ピクセルによって表され、ビットの集合として保存されるイメージ。各ビットが 1 つのピクセルに対応します。An image represented by pixels and stored as a collection of bits in which each bit corresponds to one pixel. カラー システムでは、複数のビットが各ピクセルに対応します。On color systems, more than one bit corresponds to each pixel. 通常、ビットマップのファイル名拡張子は .bmp です。A bitmap usually has a .bmp file name extension.

ビット単位の比較bitwise comparison

2 つの数値式で同じ位置にあるビット間で行うビット単位の比較。A bit-by-bit comparison between identically positioned bits in two numeric expressions.

ブール式Boolean expression

True または False に評価される式。An expression that evaluates to either True or False.

Boolean データ型Boolean data type

可能な値が True (-1) または False (0) の 2 つだけであるデータ型。A data type with only two possible values, True (-1) or False (0). Boolean 変数は 16 ビット (2 バイト) の数値として保存されます。Boolean variables are stored as 16-bit (2-byte) numbers. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

バインドされたコントロールbound control

Data コントロールを通してデータベースの特定のフィールドにアクセスできるデータ認識コントロール。A data-aware control that can provide access to a specific field or fields in a database through a Data control. データ認識コントロールは、通常、DataSource および DataField プロパティによって Data コントロールにバインドされます。A data-aware control is typically bound to a Data control through its DataSource and DataField properties. Data コントロールがあるレコードから次のレコードに移動すると、 Data コントロールに接続されたすべての連結コントロールが、現在のレコードのフィールドのデータを表示するように変更されます。When a Data control moves from one record to the next, all bound controls connected to the Data control change to display data from fields in the current record. ユーザーが連結コントロールのデータを変更してから異なるレコードに移動すると、変更は自動的にデータベースに保存されます。When users change data in a bound control and then move to a different record, the changes are automatically saved in the database.

ブレーク モードbreak mode

開発環境でのプログラム実行の一時的な停止。Temporary suspension of program execution in the development environment. ブレーク モードでは、プログラムの実行を調査、デバッグ、リセット、ステップ実行、または続行できます。In break mode, you can examine, debug, reset, step through, or continue program execution. 次の場合にブレーク モードに入ります。You enter break mode when you:

  • プログラムの実行中にブレークポイントに到達した場合。Encounter a breakpoint during program execution.

  • プログラムの実行中に Ctrl + Break を押したとき。Press CTRL+BREAK during program execution.

  • プログラムの実行中に、Stop ステートメントが検出されたか、トラップされない実行時エラーが発生した場合。Encounter a Stop statement or untrapped run-time error during program execution.

  • Break When True ウォッチ式を追加したとき。Add a Break When True watch expression. ウォッチの値が変化して True と評価されると、実行が停止します。Execution stops when the value of the watch changes and evaluates to True.

  • Break When Changed ウォッチ式を追加したとき。Add a Break When Changed watch expression. ウォッチの値が変化すると、実行が停止します。Execution stops when the value of the watch changes.

ブレークポイントbreakpoint

実行を自動的に停止するように選択されたプログラム行。A selected program line at which execution automatically stops. ブレークポイントはコードと一緒には保存されません。Breakpoints are not saved with your code.

参照渡しby reference

引数の値をプロシージャに渡すのではなく引数のアドレスを渡す方法。A way of passing the address of an argument to a procedure instead of passing the value. これにより、プロシージャは実際の変数にアクセスできます。This allows the procedure to access the actual variable. 結果として、アドレスを渡されたプロシージャで変数の実際の値を変更できます。As a result, the variable's actual value can be changed by the procedure to which it is passed. 特に指定がない限り、引数は参照で渡されます。Unless otherwise specified, arguments are passed by reference.

Byte データ型Byte data type

0 ~ 255 の範囲の正の整数値を保持するために使用されるデータ型。A data type used to hold positive integer numbers ranging from 0-255. Byte 変数は、1 つの符号なし 8 ビット (1 バイト) 値として格納されます。Byte variables are stored as single, unsigned 8-bit (1-byte) numbers. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

値別by value

引数のアドレスをプロシージャに渡すのではなく引数の値を渡す方法。A way of passing the value of an argument to a procedure instead of passing the address. これにより、プロシージャは変数のコピーにアクセスできます。This allows the procedure to access a copy of the variable. 結果として、値を渡されたプロシージャでは変数の実際の値を変更できません。As a result, the variable's actual value can't be changed by the procedure to which it is passed.

文字コードcharacter code

ANSI 文字セットなどのセット内の特定の文字を表す数値。A number that represents a particular character in a set, such as the ANSI character set.

クラスclass

オブジェクトの正式な定義。The formal definition of an object. クラスは、実行時にオブジェクトのインスタンスが作成される基になるテンプレートとして機能します。The class acts as the template from which an instance of an object is created at run time. クラスでは、オブジェクトのプロパティと、オブジェクトの動作を制御するために使用されるメソッドが定義されます。The class defines the properties of the object and the methods used to control the object's behavior.

クラス モジュールclass module

クラスの定義を格納するモジュール。クラスのプロパティとメソッドの定義が含まれます。A module that contains the definition of a class, including its property and method definitions.

コード モジュールcode module

プロジェクト内のすべてのモジュール間で共有できるパブリック コードを格納しているモジュール。A module containing public code that can be shared among all modules in a project. Visual Basic の最近のバージョンでは、コード モジュールは標準モジュールと呼ばれます。A code module is referred to as a standard module in later versions of Visual Basic.

コード ペインcode pane

コードの入力と編集に使用される、コード ウィンドウに含まれるペイン。A pane contained in a code window that is used for entering and editing code. 1 つのコード ウィンドウは 1 つ以上のコード ペインを含むことができます。A code window can contain one or more code panes.

コレクションcollection

関連する一連のオブジェクトを含む 1 つのオブジェクト。An object that contains a set of related objects. コレクションに変更が発生するたびに、コレクション内のオブジェクトの位置が変わる可能性があります。そのため、コレクション内の特定のオブジェクトの位置が異なることがあります。An object's position in the collection can change whenever a change occurs in the collection; therefore, the position of any specific object in the collection can vary. Collection オブジェクトはコレクション クラスの標準的な例です。クラスのインスタンスはコレクションです。The Collection object is the standard example of a collection class; instances of the class are collections. コレクションは、引数を受け入れず、適切な IUnknown オブジェクトを返し、その VB_UserMemId 属性が -4 に設定された NewEnum というメソッドを実装する必要があります。Collections must implement a method called NewEnum that accepts no arguments, returns an appropriate IUnknown object, and has its VB_UserMemId attribute set to -4.

コマンド ラインcommand line

プログラムを実行するためにユーザーによって提供されるパス、ファイル名、および引数の情報。The path, file name, and argument information provided by the user to run a program.

コメントcomment

コードの動作について説明する、コードに追加されたテキスト。Text added to code that explains how the code works. Visual Basic では、コメント行はアポストロフィ (') または Rem キーワードとスペースで開始できます。In Visual Basic, a comment line can start with either an apostrophe (') or with the Rem keyword followed by a space.

比較演算子comparison operator

2つ以上の値または式の間の関係を示す記号または単語。Symbol(s) or a word indicating a relationship between two or more values or expressions. 演算子には、より小さい (<)、以下 (<=)、より大きい (>)、以上 (>=)、等しくない (<>)、等しい (=) などがあります。These operators include less than (<), less than or equal to (<=), greater than (>), greater than or equal to (>=), not equal (<>), and equal (=). 追加の比較演算子として Is および Like があります。Additional comparison operators include Is and Like. IsLikeは、Select Caseステートメントで比較演算子として使用することはできません。Note that Is and Like can't be used as comparison operators in a Select Case statement.

比較演算子も参照してください。See also Comparison operators.

コンパイラ ディレクティブcompiler directive

コンパイラの処理を変更するために使用されるコマンド。A command used to alter the action of the compiler.

コンパイル時compile time

ソース コードが実行可能コードに変換される期間。The period during which source code is translated to executable code.

条件付きコンパイラ定数conditional compiler constant

#Const コンパイラ ディレクティブを使用して定義されている Visual Basic 識別子、またはホスト アプリケーションで定義されていて、Visual Basic コードの特定のブロックがいつコンパイルされるか、またはコンパイルされるかどうかを特定するために他のコンパイラ ディレクティブによって使用される Visual Basic 識別子。A Visual Basic identifier that is defined using the #Const compiler directive or defined in the host application and used by other compiler directives to determine when or if certain blocks of Visual Basic code are compiled.

定数constant

プログラムの実行中に一定の値を保持している名前付きアイテム。A named item that retains a constant value throughout the execution of a program. 定数は、文字列リテラルか数値リテラル、別の定数、または Is および指数を除く数値または論理演算子を含む任意の組み合わせです。A constant can be a string or numeric literal, another constant, or any combination that includes arithmetic or logical operators except Is and exponentiation. 各ホスト アプリケーションは、独自の定数セットを定義できます。Each host application can define its own set of constants. ユーザーは Const ステートメントで追加の定数を定義できます。Additional constants can be defined by the user with the Const statement. コード内の任意の場所で実際の値の代わりに定数を使用できます。You can use constants anywhere in your code in place of actual values.

コンテナーcontainer

他のオブジェクトを格納できるオブジェクト。An object that can contain other objects.

コントロールcontrol

認識されるプロパティ、メソッド、イベントの独自のセットを持ち、フォーム上に配置できるオブジェクト。An object you can place on a form that has its own set of recognized properties, methods, and events. ユーザー入力の受け取り、出力の表示、イベント プロシージャのトリガーにコントロールを使用します。You use controls to receive user input, display output, and trigger event procedures. ほとんどのコントロールはメソッドを使用して操作できます。You can manipulate most controls using methods. 対話形式のコントロールもあれば (ユーザー操作に対応)、静的なコントロールもあります (コードによってのみアクセス可能)。Some controls are interactive (responsive to user actions), while others are static (accessible only through code).

コントロール配列control array

共通の名前、型、イベント プロシージャを共有するコントロールのグループ。A group of controls that share a common name, type, and event procedures. 配列内の各コントロールは、どのコントロールがイベントを認識するかを特定するために使用できる一意のインデックス番号を持ちます。Each control in an array has a unique index number that can be used to determine which control recognizes an event.

通貨データ型Currency data type

-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807 の範囲のデータ型。A data type with a range of -922,337,203,685,477.5808 to 922,337,203,685,477.5807. このデータ型は、お金が関係する計算および精度が特に重要な固定小数点計算に使用します。Use this data type for calculations involving money and for fixed-point calculations where accuracy is particularly important. Visual Basic では、アットマーク (@) 型宣言文字が Currency を表します。The at sign (@) type-declaration character represents Currency in Visual Basic. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

データ型data type

保持できるデータの種類を決定する変数の特性。The characteristic of a variable that determines what kind of data it can hold. データ型には、バイト型 (Byte)、ブール型 (Boolean)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、通貨型 (Currency)、10 進型 (Decimal)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、日付型 (Date)、文字列型 (String)、オブジェクト型 (Object)、バリアント型 (Variant) (既定)、ユーザー定義型、およびオブジェクトの特定の型があります。Data types include Byte, Boolean, Integer, Long, Currency, Decimal, Single, Double, Date, String, Object, Variant (default), and user-defined types, as well as specific types of objects. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

Date データ型Date data type

日付および時刻を実数として格納するために使用されるデータ型。A data type used to store dates and times as a real number. Date 変数は 64 ビット (8 バイト) の数値として格納されます。Date variables are stored as 64-bit (8-byte) numbers. 小数点の左側の値は日付で、小数点の右側の値は時刻を表します。The value to the left of the decimal represents a date, and the value to the right of the decimal represents a time. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

日付式date expression

日付として解釈できる任意の式。日付リテラル、日付とみなされる数値、日付とみなされる文字列、関数から返される日付を含みます。Any expression that can be interpreted as a date, including date literals, numbers that look like dates, strings that look like dates, and dates returned from functions. 日付式は、100 年 1 月 1 日から 9999 年 12 月 31 日の範囲の日付を表すことができる数値または文字列の任意の組み合わせに制限されます。A date expression is limited to numbers or strings, in any combination, that can represent a date from January 1, 100 - December 31, 9999.

日付は実数の一部として格納されます。Dates are stored as part of a real number. 小数点の左側の値は日付で、小数点の右側の値は時刻を表します。Values to the left of the decimal represent the date; values to the right of the decimal represent the time. 負の値は、1899 年 12 月 30 日より前の日付を表します。Negative numbers represent dates prior to December 30, 1899.

日付リテラルdate literal

シャープ記号 (#) で囲まれた、有効な形式の文字列の任意のシーケンス。Any sequence of characters with a valid format that is surrounded by number signs (#). 有効な形式には、コードのロケール設定によって指定された日付形式または汎用日付形式が含まれます。Valid formats include the date format specified by the locale settings for your code or the universal date format.

たとえば、#12/31/92# は 1992 年 12 月 31 日を表す日付リテラルであり、English-U.S. がアプリケーションのロケール設定です。For example, #12/31/92# is the date literal that represents December 31, 1992, where English-U.S. is the locale setting for your application. 異国語間の移植性を最大にするには日付リテラルを使用します。Use date literals to maximize portability across national languages.

日付の区切り記号date separators

日付の値を書式設定するときに日、月、年を区切るために使用される文字。Characters used to separate the day, month, and year when date values are formatted. 文字はシステムの設定または Format 関数によって決定されます。The characters are determined by system settings or by the Format function.

DBCSDBCS

文字を表すために 1 または 2 バイトを使用する文字セット。256 より多くの文字を表すことができます。A character set that uses 1 or 2 bytes to represent a character, allowing more than 256 characters to be represented.

動的データ交換 (DDE)dynamic data exchange (DDE)

Microsoft Windows 下で実行するアプリケーション間のアクティブなリンクを通してデータを交換するための確立されたプロトコル。An established protocol for exchanging data through active links between applications that run under Microsoft Windows.

10 進数データ型Decimal data type

10 の累乗でスケーリングされた 10 進数値を格納するデータ型。A data type that contains decimal numbers scaled by a power of 10. ゼロ スケーリングの値つまり小数点のない数値の場合、範囲は +/-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 です。For zero-scaled numbers, that is, numbers with no decimal places, the range is +/-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335. 小数点以下 28 桁の数値の場合、範囲は +/-7.9228162514264337593543950335 です。For numbers with 28 decimal places the range is +/-7.9228162514264337593543950335. Decimal として表現できる最も小さい 0 以外の値は 0.0000000000000000000000000001 です。The smallest non-zero number that can be represented as a Decimal is 0.0000000000000000000000000001.

現時点では、Decimal データ型は Variant 内でのみ使用できることに注意してください。Note that at this time the Decimal data type can only be used within a Variant. 変数を Decimal 型として宣言することはできません。You cannot declare a variable to be of type Decimal. ただし、 CDec 関数を使用するとサブタイプが Decimal である Variant を作成できます。You can, however, create a Variant whose subtype is Decimal using the CDec function. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

宣言declaration

定数、変数、プロシージャの名前を設定し、データ型などの特性を指定する実行可能ではないコード。Nonexecutable code that names a constant, variable, or procedure, and specifies its characteristics, such as data type. DLL プロシージャの場合、宣言では名前、ライブラリ、引数を指定します。For DLL procedures, declarations specify names, libraries, and arguments.

デザイナーdesigner

Visual Basic 開発環境でビジュアル設計ウィンドウを提供します。Provides a visual design window in the Visual Basic development environment. このウィンドウを使用して、新しいクラスを視覚的に設計できます。You can use this window to design new classes visually. Visual Basic には、フォーム用の組み込みデザイナーがあります。Visual Basic has built-in designers for forms. Visual Basic の Professional および Enterprise エディションには、ActiveX コントロールおよび ActiveX ドキュメントのデザイナーが含まれています。The Professional and Enterprise editions of Visual Basic include designers for ActiveX controls and ActiveX documents.

デザイン時design time

開発環境において、コントロールを追加したり、コントロールやフォームのプロパティを設定したりして、アプリケーションを構築する期間。The time during which you build an application in the development environment by adding controls, setting control or form properties, and so on. これに対し、実行時には、ユーザーのようにアプリケーションと対話します。In contrast, during run time, you interact with the application like a user.

開発環境development environment

コードの記述、コントロールの作成、コントロールやフォームのプロパティの設定などを行うアプリケーションの部分。The part of the application where you write code, create controls, set control and form properties, and so on. アプリケーションの実行と対比されます。This contrasts with running the application.

実行時に読み込まれてアプリケーションにリンクされるルーチンのライブラリ。A library of routines loaded and linked into applications at run time. DLL は、C、MASM、FORTRAN などの他のプログラミング言語で作成されます。DLLs are created with other programming languages such as C, MASM, or FORTRAN.

ドッキングされたウィンドウdocked window

メイン ウィンドウのフレームに結び付けられているウィンドウ。A window that is attached to the frame of the main window.

ドキュメントdocument

アプリケーションで作成され、固有のファイル名を与えられている、すべての自己完結型の作成物。Any self-contained work created with an application and given a unique file name.

ドキュメント デザイン モードdocument design mode

通常はホスト アプリケーションの開発リボンのボタンによって切り替えられるデザイン モードであり、ドキュメントに埋め込まれたコントロールをマウスで操作すると、アクションがアクティブ化されるのではなく、ドキュメントの配置、サイズ、プロパティが調整されます。A design mode toggled by the host application typically via a button on the developer ribbon where mouse interactions with controls embedded in a document adjusts its placement, size and properties instead of activating its actions.

Double データ型Double data type

倍精度浮動小数点数を 64 ビットの値として保持しているデータ型。負の値の範囲は -1.79769313486231E308 から -4.94065645841247E-324、正の値の範囲は 4.94065645841247E-324 から 1.79769313486232E308 です。A data type that holds double-precision floating-point numbers as 64-bit numbers in the range -1.79769313486231E308 to -4.94065645841247E-324 for negative values; 4.94065645841247E-324 to 1.79769313486232E308 for positive values. Visual Basic では番号記号 (#) 型宣言文字が Double を表します。The number sign (#) type-declaration character represents the Double in Visual Basic. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

EmptyEmpty

Variant 変数に開始値が割り当てられていないことを示します。Indicates that no beginning value has been assigned to a Variant variable. Empty 変数は、数値コンテキストでは 0 として表され、文字列コンテキストでは長さが 0 の文字列 ("") として表されます。An Empty variable is represented as 0 in a numeric context or a zero-length string ("") in a string context.

エラー番号error number

Err オブジェクトの Number プロパティの設定に対応する、0 から 65,535 の範囲の整数。A whole number in the range 0 - 65,535 that corresponds to the Number property setting of the Err object. Err オブジェクトの Description プロパティ設定とこの番号の組み合わせで、特定のエラー メッセージを表します。When combined with the Description property setting of the Err object, this number represents a particular error message.

イベント ソース オブジェクトevent source object

アクションへの応答で発生するイベントのソースであるオブジェクト。An object that is the source of events that occur in response to an action. イベント ソース オブジェクトはプロパティによって返されます。An event source object is returned by a property. たとえば、CommandBarEvents プロパティでは CommandBarEvents オブジェクトを返します。For example, the CommandBarEvents property returns the CommandBarEvents object.

実行可能ファイルexecutable file

開発環境の外側で実行できる Windows ベースのアプリケーション。A Windows-based application that can run outside the development environment. 実行可能ファイルのファイル名拡張子は .exe です。An executable file has an .exe file name extension.

expression

文字列、数値、またはオブジェクトを生成するキーワード、演算子、変数、定数の組み合わせ。A combination of keywords, operators, variables, and constants that yields a string, number, or object. 式を使用して計算を実行し、文字を操作し、データをテストできます。An expression can be used to perform a calculation, manipulate characters, or test data.

ファイル番号file number

ファイルを開く Open ステートメントで使用される番号。Number used in the Open statement to open a file. 他のアプリケーションからアクセスできないファイルに対しては、1 ~ 255 の範囲のファイル番号を使用します。Use file numbers in the range 1-255, inclusive, for files not accessible to other applications. 他のアプリケーションからアクセスできるファイルには、256 ~ 511 の範囲のファイル番号を使用します。Use file numbers in the range 256-511 for files accessible from other applications.

フォーカスfocus

ある時点でマウス クリックまたはキーボード入力を受け取ることができること。The ability to receive mouse clicks or keyboard input at any one time. Microsoft Windows 環境では、ある時点でこの機能を持つことができるウィンドウ、フォーム、またはコントロールは 1 つだけです。In the Microsoft Windows environment, only one window, form, or control can have this ability at a time. 通常、"フォーカスを持っている" オブジェクトはキャプションまたはタイトル バーが強調表示されることで示されます。The object that "has the focus" is normally indicated by a highlighted caption or title bar. フォーカスは、ユーザーまたはアプリケーションによって設定されます。The focus can be set by the user or by the application.

フォームform

ウィンドウまたはダイアログ ボックス。A window or dialog box. フォームはコントロールのコンテナーです。Forms are containers for controls. MDI (マルチ ドキュメント インターフェイス) フォームも、子フォームおよびコントロールのコンテナーとして機能します。A multiple-document interface (MDI) form can also act as a container for child forms and some controls.

フォーム モジュールform module

ファイル名拡張子が .frm である Visual Basic プロジェクトのファイル。フォームのグラフィカルな記述、コントロールとそのプロパティの設定、定数、変数、および外部プロシージャのフォーム レベルの宣言、イベントと一般プロシージャを格納できます。A file in a Visual Basic project with an .frm file name extension that can contain graphical descriptions of a form; its controls and their property settings; form-level declarations of constants, variables, and external procedures; and event and general procedures.

Function プロシージャFunction procedure

プログラム内の特定のタスクを実行して値を返すプロシージャ。A procedure that performs a specific task within a program and returns a value. Function プロシージャは、Function ステートメントで開始し、End Function ステートメントで終了します。A Function procedure begins with a Function statement and ends with an End Function statement.

一般プロシージャgeneral procedure

別のプロシージャによって明示的に呼び出される必要があるプロシージャ。A procedure that must be explicitly called by another procedure. これに対し、イベント プロシージャは、ユーザーまたはシステムのアクションに対応して自動的に呼び出されます。In contrast, an event procedure is invoked automatically in response to a user or system action.

グラフィックス メソッドgraphics method

FormPictureBoxPrinter などのオブジェクトで動作するメソッドであり、アニメーションやシミュレーションなどの実行時の描画操作を実行します。A method that operates on an object such as a Form, PictureBox, or Printer, and performs run-time drawing operations such as animation or simulation. グラフィックス メソッドには、CircleClsLinePaintPicturePointPrintPSet があります。The graphics methods are Circle, Cls, Line, PaintPicture, Point, Print, and PSet.

ホスト アプリケーションhost application

Visual Basic for Applications の使用をサポートするアプリケーション。たとえば、Microsoft Excel、Microsoft Project などです。Any application that supports the use of Visual Basic for Applications, for example, Microsoft Excel, Microsoft Project, and so on.

アイコンicon

オブジェクトまたは概念のグラフィカルな表現。Microsoft Windows で最小化されたアプリケーションを表すために一般に使用されます。A graphical representation of an object or concept; commonly used to represent minimized applications in Microsoft Windows. アイコンは、最大サイズが 32 x 32 ピクセルのビットマップです。An icon is a bitmap with a maximum size of 32 x 32 pixels. アイコンのファイル名拡張子は .ico です。Icons have an .ico file name extension.

識別子identifier

定数または変数を参照する式の要素。An element of an expression that refers to a constant or variable.

プロセス内in process

アプリケーションと同じアドレス空間内で実行すること。Running in the same address space as an application.

挿入可能オブジェクトinsertable object

Microsoft Excel ワークシートなどの、カスタム コントロールの一種であるアプリケーション オブジェクト。An application object that is a type of custom control, such as a Microsoft Excel worksheet.

整数データ型Integer data type

2 バイトの整数に格納される整数変数を保持するデータ型。範囲は -32,768 から 32,767 です。A data type that holds integer variables stored as 2-byte whole numbers in the range -32,768 to 32,767. Integer データ型は、列挙値を表すためにも使用されます。The Integer data type is also used to represent enumerated values. Visual Basic ではパーセント記号 (%) 型宣言文字が Integer を表します。The percent sign (%) type-declaration character represents an Integer in Visual Basic. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

組み込み定数intrinsic constants

アプリケーションによって提供される定数。A constant provided by an application. Visual Basic の定数はオブジェクト ライブラリに列記されており、Object Browserで表示できます。Visual Basic constants are listed in the object library and can be viewed with the Object Browser. 組み込み定数を無効にすることはできないので、同じ名前のユーザー定義定数は作成できません。Because you can't disable intrinsic constants, you can't create a user-defined constant with the same name.

キーワードkeyword

Visual Basic プログラミング言語の一部として認識される単語または記号。たとえば、ステートメント、関数名、演算子などです。A word or symbol recognized as part of the Visual Basic programming language; for example, a statement, function name, or operator.

行連結文字line-continuation character

論理的に 1 つのコード行を 2 つ以上の物理行に拡張するために開発環境で使用される、スペースとアンダースコアの組み合わせ (_)。The combination of a space followed by an underscore (_) used in the development environment to extend a single logical line of code to two or more physical lines. ただし、文字列式の中で行連結文字を使用してコード行を連結することはできません。However, you can't use a line-continuation character to continue a line of code within a string expression.

行ラベルline label

1 コード行を示すために使用されます。Used to identify a single line of code. 行ラベルは、文字で開始してコロン (:) で終了し、文字の任意の組み合わせを使用できます。A line label can be any combination of characters that starts with a letter and ends with a colon (:). 大文字と小文字は区別されず、1 列目から開始する必要があります。Line labels are not case sensitive and must begin in the first column.

行番号line number

1 行のコードを示すために使用されます。Used to identify a single line of code. 行番号は、それが使用されるモジュール内で一意の、任意の数字の組み合わせです。A line number can be any combination of digits that is unique within the module where it is used. 行番号は最初の列から開始する必要があります。Line numbers must begin in the first column.

リンク ウィンドウlinked window

メイン ウィンドウ以外の別のウィンドウに結合されたウィンドウ。A window that is joined to another window other than the main window.

リンク ウィンドウ枠linked window frame

相互にリンクされた複数のウィンドウを含むウィンドウ枠。A window frame containing multiple windows that have been linked together.

ロケールlocale

特定の言語および国/地域に対応する情報のセット。The set of information that corresponds to a given language and country/region. コードのロケール設定は、キーワードなどの用語の言語に影響し、小数点やリスト区切り文字、日付形式、文字並べ替え順序などのロケール固有の設定を定義します。The code locale setting affects the language of terms such as keywords and defines locale-specific settings such as the decimal and list separators, date formats, and character sorting order.

システム ロケールの設定は、ロケール対応の機能の動作方法に影響します。たとえば、数値を表示するとき、文字列を日付に変換するときなどです。The system locale setting affects the way locale-aware functionality behaves, for example, when you display numbers or convert strings to dates. システム ロケールの設定は、オペレーティング システムによって提供されているコントロール パネル ユーティリティを使用して行います。You set the system locale using the Control Panel utilities provided by the operating system.

コード ロケールとシステム ロケールは一般に同じように設定されますが、一部の状況では異なる場合があります。Although the code locale and system locale are generally set to the same setting, they may differ in some situations. たとえば、Visual Basic Standard Edition および Visual Basic Professional Edition では、コードは English-U.S. から変換されません。システム ロケールはユーザーの言語と国/地域に設定できますが、コード ロケールは常に English-U.S. に設定され、変更できません。For example, in Visual Basic, Standard Edition and Visual Basic, Professional Edition, the code is not translated from English-U.S. The system locale can be set to the user's language and country/region, but the code locale is always set to English-U.S. and can't be changed. この場合、English-U.S. の区切り文字、書式プレースホルダー、並べ替え順序が使用されます。In this case, the English-U.S. separators, format placeholders, and sorting order are used.

論理エラーlogic error

コードが正しくない結果を生成したり実行を停止したりする可能性のあるプログラミング エラー。A programming error that can cause code to produce incorrect results or stop execution. たとえば、正しくない変数名、正しくない変数の型、エンドレス ループ、比較の欠陥、配列の問題などが原因で発生することがあります。For example, a logic error can be caused by incorrect variable names, incorrect variable types, endless loops, flaws in comparisons, or array problems.

Long データ型Long data type

-2,147,483,648 から 2,147,483,647 の範囲の値の 4 バイト整数。A 4-byte integer ranging in value from -2,147,483,648 to 2,147,483,647. Visual Basic では、アンパサンド (&) 型宣言文字が Long を表します。The ampersand (&) type-declaration character represents a Long in Visual Basic. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

マージン インジケーターmargin indicator

[コード] ウィンドウのマージン インジケーター バーに表示されるアイコン。An icon displayed in the Margin Indicator bar in the Code window. マージン インジケーターはコード編集の間の視覚的な目印を提供します。Margin indicators provide visual cues during code editing.

MDI 子MDI child

MDI (マルチ ドキュメント インターフェイス) アプリケーションにおいて MDI フォームに含まれるフォーム。A form contained within an MDI form in a multiple-document interface (MDI) application. 子フォームを作成するには、MDI フォームの MDIChild プロパティを True に設定します。To create a child form, set the MDIChild property of the MDI form to True.

MDI フォームMDI form

MDI (マルチ ドキュメント インターフェイス) アプリケーションの背景を構成するウィンドウ。A window that makes up the background of a multiple-document interface (MDI) application. MDI フォームはアプリケーションのすべての MDI 子フォームのコンテナーです。The MDI form is the container for any MDI child forms in the application.

メンバーmember

コレクション、オブジェクト、またはユーザー定義型の要素。An element of a collection, object, or user-defined type.

メタファイルmetafile

ピクセルとしてではなく、線、円、ポリゴンなどのグラフィカル オブジェクトとしてイメージを格納するファイル。A file that stores an image as graphical objects such as lines, circles, and polygons rather than as pixels. メタファイルには標準と拡張の 2 種類があります。There are two types of metafiles, standard and enhanced. 標準メタファイルのファイル名拡張子は、通常は .wmf です。Standard metafiles usually have a .wmf file name extension. 拡張メタファイルのファイル名拡張子は、通常は .emf です。Enhanced metafiles usually have a .emf file name extension. ピクセルよりメタファイルの方が、イメージのサイズが変更されたときにイメージがより正確に保持されます。Metafiles preserve an image more accurately than pixels when the image is resized.

メソッドmethod

オブジェクトに対する処理を行うプロシージャ。A procedure that acts on an object.

モジュールmodule

宣言とそれに続くプロシージャのセット。A set of declarations followed by procedures.

モジュール レベルmodule level

モジュールの Declarations セクションでコードを記述します。Describes code in the Declarations section of a module. プロシージャの外部にあるすべてのコードはモジュール レベル コードと呼ばれます。Any code outside a procedure is referred to as module-level code. 最初に宣言を列記し、その後でプロシージャを記述する必要があります。Declarations must be listed first, followed by procedures.

モジュール変数module variable

FunctionSub、または Property プロシージャ コードの外部で宣言される変数。A variable declared outside Function, Sub, or Property procedure code. モジュール変数は、モジュールのすべてのプロシージャの外部で宣言されている必要があります。Module variables must be declared outside any procedures in the module. モジュールが読み込まれている間だけ存在し、モジュール内のすべてのプロシージャで認識できます。They exist while the module is loaded and are visible in all procedures in the module.

名前付き引数named argument

オブジェクト ライブラリで事前に名前が定義されている引数。An argument that has a name that is predefined in the object library. 名前付き引数を使用すると、構文によって予期される指定された順序で各引数の値を提供する代わりに、任意の順序で値を割り当てることができます。Instead of providing a value for each argument in a specified order expected by the syntax, you can use named arguments to assign values in any order. たとえば、次のような 3 つの引数を受け取るメソッドがあるものとします。For example, suppose a method accepts three arguments:

DoSomeThing namedarg1, namedarg2, namedarg3DoSomeThing namedarg1, namedarg2, namedarg3

名前付き引数に値を割り当てることで、次のようなステートメントを使用できます。By assigning values to named arguments, you can use the following statement:

DoSomeThing namedarg3 := 4, namedarg2 := 5, namedarg1 := 20 

名前付き引数は構文での通常の位置順序で指定しなくてもよいことに注意してください。Note that the named arguments don't have to appear in the normal positional order in the syntax.

NullNull

変数に有効なデータが含まれないことを示す値。A value indicating that a variable contains no valid data. Null は、変数への Null の明示的な代入、または Null を含む式の間の演算の結果です。Null is the result of an explicit assignment of Null to a variable or any operation between expressions that contain Null.

数値データ型numeric data type

任意の組み込み数値データ型 (バイト型 (Byte)、ブール型 (Boolean)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、通貨型 (Currency)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、日付型 (Date))。Any intrinsic numeric data type (Byte, Boolean, Integer, Long, Currency, Single, Double, or Date). データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

数値式numeric expression

数値として評価できるすべての式。Any expression that can be evaluated as a number. 式の要素には、キーワード、変数、定数、および結果が数値になる演算子の任意の組み合わせを使用できます。Elements of an expression can include any combination of keywords, variables, constants, and operators that result in a number.

数値型numeric type

任意の組み込み数値データ型 (バイト型 (Byte)、ブール型 (Boolean)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、通貨型 (Currency)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、日付型 (Date)) または任意のバリアント型 (Variant) 数値サブタイプ (空 (Empty)、整数型 (Integer)、長整数型 (Long)、単精度浮動小数点数型 (Single)、倍精度浮動小数点数型 (Double)、通貨型 (Currency)、10 進型 (Decimal)、日付型 (Date)、エラー型 (Error)、ブール型 (Boolean)、バイト型 (Byte))。Any intrinsic numeric data type (Byte, Boolean, Integer, Long, Currency, Single, Double, or Date) or any Variant numeric subtype (Empty, Integer, Long, Single, Double, Currency, Decimal, Date, Error, Boolean, or Byte). データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

オブジェクトobject

1 つの単位として扱うことができるコードとデータの組み合わせ。たとえば、コントロール、フォーム、アプリケーション コンポーネントなどです。A combination of code and data that can be treated as a unit, for example, a control, form, or application component. 各オブジェクトはクラスで定義されています。Each object is defined by a class.

オブジェクト ボックスObject box

フォームおよびフォーム内のコードが結び付けられているすべてのコントロールが一覧表示されるコード ウィンドウの左上隅にあるリスト ボックス、またはフォームとそのコントロールが一覧表示される [プロパティ] ウィンドウの上部にあるリスト ボックス。A list box at the upper-left corner of the Code window that lists the form and controls in the form to which the code is attached, or a list box located at the top of the Properties window that lists the form and its controls.

オブジェクト ブラウザーObject Browser

オブジェクト ライブラリの内容を調べて提供されるオブジェクトについての情報を取得できるダイアログ ボックス。A dialog box in which you can examine the contents of an object library to get information about the objects provided.

Object データ型Object data type

任意の Object 参照を表すデータ型。A data type that represents any Object reference. Object 変数はオブジェクトを参照する 32 ビット (4 バイト) のアドレスとして格納されます。Object variables are stored as 32-bit (4-byte) addresses that refer to objects. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

オブジェクト式object expression

特定のオブジェクトを指定し、オブジェクトの任意のコンテナーを含むことができる式。An expression that specifies a particular object and can include any of the object's containers. たとえば、アプリケーションでは Text オブジェクトが含まれている Document オブジェクトを含む Application オブジェクトを使用できます。For example, an application can have an Application object that contains a Document object that contains a Text object.

オブジェクト ライブラリobject library

使用できるオブジェクトについての情報をオートメーション コントローラー (Visual Basic など) に提供する、拡張子が .olb のファイル。A file with the .olb extension that provides information to Automation controllers (like Visual Basic) about available objects. Object Browserを使用してオブジェクト ライブラリの内容を調べ、提供されるオブジェクトについての情報を得ることができます。You can use the Object Browser to examine the contents of an object library to get information about the objects provided.

オブジェクト モジュールobject module

クラス モジュール、フォーム モジュール、ドキュメント モジュールなど、オブジェクトに固有のコードを含むモジュール。A module that contains code specific to an object, for example, class module, form module, and document module. オブジェクト モジュールには、関連付けられているオブジェクトの背後にあるコードが含まれます。Object modules contain the code behind their associated objects. オブジェクト モジュールのルールは、標準モジュールのルールとは異なります。The rules for object modules differ from those for standard modules.

オブジェクト型object type

オートメーションを通してアプリケーションによって公開されるオブジェクトの型。たとえば、ApplicationFileRangeSheet などがあります。A type of object exposed by an application through Automation, for example, Application, File, Range, and Sheet. 使用できるオブジェクトの詳細な一覧については、オブジェクト ブラウザーを使用するか、アプリケーションのドキュメントを参照してください。Use the Object Browser or refer to the application's documentation for a complete listing of available objects.

オブジェクト変数object variable

オブジェクトに対する参照を含む変数。A variable that contains a reference to an object.

オートメーション オブジェクトAutomation object

オートメーション インターフェイスを通して他のアプリケーションまたはプログラミング ツールに公開されるオブジェクト。An object that is exposed to other applications or programming tools through Automation interfaces.

パラメーターparameter

プロシージャに渡される引数をプロシージャ内で認識するために使用される変数名。Variable name by which an argument passed to a procedure is known within the procedure. この変数は、プロシージャに渡される引数を受け取ります。This variable receives the argument passed into the procedure. プロシージャが終了するとパラメーターのスコープも終了します。Its scope ends when the procedure ends.

パスpath

ディレクトリまたはフォルダーの場所を指定する文字列式。A string expression specifying a directory or folder location. 場所にドライブ指定を含めることもできます。The location can include a drive specification.

pipi

約 3.1415926535897932 である算術定数。A mathematical constant equal to approximately 3.1415926535897932.

ポイントpoint

1/72 インチ。A point is 1/72 inch. 通常、フォント サイズはポイントで測定されます。Font sizes are usually measured in points.

印字領域は 14 列ごとに開始します。Print zones begin every 14 columns. 各列の幅は、選択されているフォントのすべての文字の幅の平均です (ポイント単位)。The width of each column is an average of the width of all characters in the point size for the selected font.

プライベートPrivate

変数が宣言されているモジュールのみが認識できる変数。Variables that are visible only to the module in which they are declared.

プロシージャprocedure

1 つの単位として実行されるステートメントの名前付きシーケンス。A named sequence of statements executed as a unit. たとえば、FunctionPropertySub はプロシージャの種類です。For example, Function, Property, and Sub are types of procedures. プロシージャ名は常にモジュール レベルで定義されます。A procedure name is always defined at module level. すべての実行可能コードはプロシージャに含まれる必要があります。All executable code must be contained in a procedure. プロシージャを他のプロシージャの入れ子にすることはできません。Procedures can't be nested within other procedures.

[プロシージャ] ボックスProcedure box

[コード] ウィンドウおよび [デバッグ] ウィンドウの右上隅にあるリスト ボックスで、[オブジェクト] ボックスに表示されているオブジェクトで認識されるプロシージャが表示されます。A list box at the upper-right corner of the Code window and the Debug window that displays the procedures recognized for the object displayed in the Object box.

プロシージャ呼び出しprocedure call

Visual Basic にプロシージャの実行を指示するコード内のステートメント。A statement in code that tells Visual Basic to execute a procedure.

プロシージャ レベルprocedure level

FunctionProperty、または Sub プロシージャ内にあるステートメントを記述します。Describes statements located within a Function, Property, or Sub procedure. 通常は、最初に宣言が列記され、その後に代入と他の実行可能なコードがあります。Declarations are usually listed first, followed by assignments and other executable code.

モジュール レベルのコードはプロシージャ ブロックの外部にあることに注意してください。Note that module-level code resides outside a procedure block.

プロジェクトproject

モジュールのセット。A set of modules.

プロジェクト ウィンドウProject window

フォーム、クラス、標準モジュールの一覧、リソース ファイル、およびプロジェクト内の参照が表示されるウィンドウ。A window that displays a list of the form, class, and standard modules; the resource file; and references in your project. ファイル名拡張子が .ocx および .vbx のファイルは、プロジェクト ウィンドウには表示されません。Files with .ocx and .vbx file name extensions aren't displayed in the Project window.

プロパティ ウィンドウProperties window

デザイン時に選択したフォームまたはコントロールのプロパティを表示または変更するために使用されるウィンドウ。A window used to display or change properties of a selected form or control at design time. 一部のカスタム コントロールにはカスタマイズされたプロパティ ウィンドウがあります。Some custom controls have customized Properties windows.

プロパティproperty

オブジェクトの名前付き属性。A named attribute of an object. プロパティでは、サイズ、色、画面位置などのオブジェクトの特性や、有効または無効などのオブジェクトの状態が定義されます。Properties define object characteristics such as size, color, and screen location, or the state of an object, such as enabled or disabled.

Property プロシージャProperty procedure

クラス モジュールのプロパティを作成および操作するプロシージャ。A procedure that creates and manipulates properties for a class module. Property プロシージャは、Property LetProperty Get、または Property Set ステートメントで開始し、End Property ステートメントで終了します。A Property procedure begins with a Property Let, Property Get, or Property Set statement and ends with an End Property statement.

パブリックPublic

Public ステートメントを使用して宣言されている変数は、Option Private Module が有効である場合を除き、すべてのアプリケーションのすべてのモジュールのすべてのプロシージャで認識されます。Variables declared using the Public statement are visible to all procedures in all modules in all applications unless Option Private Module is in effect. Option Private Module が指定されている場合は、変数はそれが存在するプロジェクト内でのみパブリックです。In that case, the variables are public only within the project in which they reside.

参照されているプロジェクトreferenced project

現在作業中のプロジェクトから直接リンクが作成されているプロジェクト。The project you directly create a link to from the current project you are working on. 現在のプロジェクトの直接参照されているプロジェクトの 1 つによって参照されているプロジェクトは、間接的に参照されたプロジェクトと呼ばれます。A project referenced by one of the current project's directly referenced projects is called an indirectly referenced project. 間接的に参照されたプロジェクトの Public 変数には、そのプロジェクト名で修飾した場合を除き、現在のプロジェクトからはアクセスできません。Its Public variables are not accessible to the current project except through qualification with its project name. プロジェクト間の直接的および間接的な参照の任意の組み合わせは、完全なサイクル内に存在しているのでない限り有効です。Any combination of direct and indirect references between projects is valid as long as they do not result in a complete cycle.

参照しているプロジェクトreferencing project

現在のプロジェクト。The current project. プロジェクトへのリンクを作成する方法は、ホスト アプリケーションよって異なります。How you create a link to a project depends on the host application. たとえば、Microsoft Excel のプロジェクトを直接参照するには、[ツール] メニューの [参照] ダイアログ ボックスでプロジェクトを選択します。For example, to directly reference a project in Microsoft Excel, select the project from the References dialog box of the Tools menu. 直接参照されているプロジェクトの Public 変数は直接参照しているプロジェクトから認識できますが、直接参照しているプロジェクトの Public 変数は直接参照されているプロジェクトからは認識できません。Public variables in a directly referenced project are visible to the directly referencing project, but Public variables in a directly referencing project are not visible to a directly referenced project.

レジストリregistry

Microsoft Windows Version 3.1 では、OLE 登録情報とファイルの関連付けは登録データベースに格納され、プログラムの設定は Windows システム初期化 (.ini) ファイルに格納されます。In Microsoft Windows version 3.1, OLE registration information and file associations are stored in the registration database, and program settings are stored in Windows system initialization (.ini) files. Microsoft Windows 95 では、Windows レジストリが、ユーザー、アプリケーション、コンピューター固有の情報に関する集中的な構成データベースとして機能します。これには、Windows Version 3.1 の登録データベースと .ini ファイルの両方に格納されていた情報も含まれます。In Microsoft Windows 95, the Windows registry serves as a central configuration database for user, application, and computer-specific information, including the information previously contained in both the Windows version 3.1 registration database and .ini files.

リソース ファイルresource file

ファイル名拡張子が .res である Visual Basic プロジェクトのファイル。ビットマップ、テキスト文字列、または他のデータを含むことができます。A file in a Visual Basic project with an .res file name extension that can contain bitmaps, text strings, or other data. このデータを異なるファイルに格納することで、コードを編集することなく情報を変更できます。By storing this data in a separate file, you can change the information without editing your code. 1 つのプロジェクトに関連付けることができるリソース ファイルは 1 つだけです。Only one resource file can be associated with a project.

実行時エラーrun-time error

コードの実行中に発生するエラー。An error that occurs when code is running. ステートメントが無効な操作を試みると、実行時エラーになります。A run-time error results when a statement attempts an invalid operation.

実行時run time

コードが実行している期間。The time during which code is running. 実行中はコードを編集できません。During run time, you can't edit the code.

スコープscope

変数、プロシージャ、またはオブジェクトの可視性を定義します。Defines the visibility of a variable, procedure, or object. たとえば、Public と宣言されている変数は、Option Private Module が有効でない限り、直接参照しているプロジェクトのすべてのモジュールのすべてのプロシージャで認識できます。For example, a variable declared as Public is visible to all procedures in all modules in a directly referencing project unless Option Private Module is in effect. Option Private Module が有効になっているときは、モジュール自体はプライベートであり、したがって参照しているプロジェクトからは認識できません。When Option Private Module is in effect, the module itself is private and therefore not visible to referencing projects. プロシージャで宣言されている変数はプロシージャ内でのみ認識され、Static と宣言されていない限り、異なる呼び出しの間で値が失われます。Variables declared in a procedure are visible only within the procedure and lose their value between calls unless they are declared Static.

シードseed

疑似乱数の生成に使用される初期値。An initial value used to generate pseudorandom numbers. たとえば、Randomize ステートメントは、一意の疑似乱数シーケンスを作成するために Rnd 関数によって使用されるシード数を作成します。For example, the Randomize statement creates a seed number used by the Rnd function to create unique pseudorandom number sequences.

単精度浮動小数点データ型Single data type

単精度浮動小数点変数を 32 ビット (4 バイト) の浮動小数点値として格納するデータ型。値の範囲は、負の値の場合は -3.402823E38 から -1.401298E-45、正の値の場合は 1.401298E-45 から 3.402823E38 です。A data type that stores single-precision floating-point variables as 32-bit (4-byte) floating-point numbers, ranging in value from -3.402823E38 to -1.401298E-45 for negative values, and 1.401298E-45 to 3.402823E38 for positive values. Visual Basic では、感嘆符 (!) 型宣言文字が Single を表します。The exclamation point (!) type-declaration character represents a Single in Visual Basic. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

並べ替え順序sort order

データの並べ替えに使用される順序付け規則。たとえば、アルファベット順、数値順、昇順、降順などです。A sequencing principle used to order data, for example, alphabetic, numeric, ascending, descending, and so on.

スタックstack

プロシージャ呼び出しの間にローカル変数および引数を保持するために Visual Basic によって使用される固定量のメモリです。A fixed amount of memory used by Visual Basic to preserve local variables and arguments during procedure calls.

標準モジュールstandard module

プロシージャ、型、データの宣言と定義のみを含むモジュール。A module containing only procedure, type, and data declarations and definitions. 標準モジュールでのモジュール レベルの宣言と定義は、既定では Public です。Module-level declarations and definitions in a standard module are Public by default. 標準モジュールは、以前のバージョンの Visual Basic ではコード モジュールと呼ばれていました。A standard module is referred to as a code module in earlier versions of Visual Basic.

ステートメントstatement

1 種類の処理、宣言、または定義を表す、構文的に完全な単位。A syntactically complete unit that expresses one kind of action, declaration, or definition. 通常では 1 行に 1 ステートメントですが、コロン (:) を使用することで 1 行に複数のステートメントを記述できます。A statement generally occupies a single line, although you can use a colon (:) to include more than one statement on a line. また、行連結文字 (_) を使用することにより、論理的な 1 行を物理的な複数行に継続できます。You can also use a line-continuation character (_) to continue a single logical line onto a second physical line.

文字列比較string comparison

2 つの文字シーケンスの比較。A comparison of two sequences of characters. バイナリ比較またはテキスト比較を指定するには、Option Compare を使用します。Use Option Compare to specify binary or text comparison. English-U.S. では、バイナリ比較では大文字と小文字が区別されて、テキスト比較では区別されません。In English-U.S., binary comparisons are case sensitive; text comparisons are not.

文字列定数string constant

数値としてではなく文字自体として解釈される連続する文字のシーケンスで構成される定数 (Const キーワードを使用して定義されます)。Any constant (defined using the Const keyword) consisting of a sequence of contiguous characters interpreted as the characters themselves rather than as a numeric value.

文字列データ型String data type

数値ではなく文字自体を表す連続する文字のシーケンスで構成されるデータ型。A data type consisting of a sequence of contiguous characters that represent the characters themselves rather than their numeric values. String は、文字、数字、スペース、句読点を含むことができます。A String can include letters, numbers, spaces, and punctuation. String データ型は、固定長文字列の場合は 0 から約 63K 文字まで、動的文字列の場合は 0 から約 20 億文字まで格納できます。The String data type can store fixed-length strings ranging in length from 0 to approximately 63K characters and dynamic strings ranging in length from 0 to approximately 2 billion characters. Visual Basic では、ドル記号 ($) 型宣言文字が String を表します。The dollar sign ($) type-declaration character represents a String in Visual Basic. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

文字列式string expression

連続する文字のシーケンスとして評価される式。Any expression that evaluates to a sequence of contiguous characters. 文字列式の要素としては、文字列を返す関数、文字列リテラル、文字列定数、文字列変数、文字列のバリアント型 (Variant)、または文字列のバリアント型 (Variant) (VarType 8) を返す関数を含むことができます。Elements of a string expression can include a function that returns a string, a string literal, a string constant, a string variable, a string Variant, or a function that returns a string Variant (VarType 8).

文字列リテラルstring literal

引用符で囲まれた連続する文字のシーケンスで構成される式。引用符の内側がそのまま文字として解釈されます。Any expression consisting of a sequence of contiguous characters surrounded by quotation marks that is literally interpreted as the characters within the quotation marks.

Sub プロシージャSub procedure

プログラム内の特定のタスクを実行するものの、明示的な値を返さないプロシージャ。A procedure that performs a specific task within a program, but returns no explicit value. Sub プロシージャは、Sub ステートメントで開始し、End Sub ステートメントで終了します。A Sub procedure begins with a Sub statement and ends with an End Sub statement.

構文チェックsyntax checking

コードの構文が正しいことを確認する機能。A feature that checks your code for correct syntax. 構文チェック機能が有効になっている場合は、構文エラーが含まれるコードを入力するとメッセージが表示され、疑わしいコードが強調表示されます。If the syntax checking feature is enabled, a message is displayed when you enter code that contains a syntax error and the suspect code is highlighted.

構文エラーsyntax error

Visual Basic が認識できないコード行を入力すると発生するエラー。An error that occurs when you enter a line of code that Visual Basic doesn't recognize.

個別のキーワードの構文規則は、関連するヘルプ トピックの「構文」セクションで定義されています。Note that syntax rules for individual keywords are defined in the Syntax section of the associated Help topic. 開発環境内でキーワードに関するヘルプを表示するには、キーワードを選択して F1 キーを押します。To get Help on a keyword from within the development environment, select the keyword and press F1.

タブ オーダーtab order

Tab キーまたは Shift + Tab キーを押したときにフィールド間をフォーカスが移動する順序。The order in which the focus moves from one field to the next as you press TAB or SHIFT+TAB.

時間式time expression

時間として解釈できる任意の式。Any expression that can be interpreted as a time. これには、時間リテラル、時間とみなすことができる数値、時間とみなすことができる文字列、関数から返される時間の任意の組み合わせが含まれます。This includes any combination of time literals, numbers that look like times, strings that look like times, and times returned from functions.

時間は実数の一部として格納されます。Times are stored as part of a real number. 小数点の右側の値が時間です。Values to the right of the decimal represent the time. たとえば、正午 (12:00 P.M.) は 0.5 で表されます。For example, midday (12:00 P.M.) is represented by 0.5.

twiptwip

1/20 ポイントに相当する画面測定の単位。A unit of screen measurement equal to 1/20 point. twip は、画面アプリケーションの画面要素の配置と比率がすべてのディスプレイ システムで同じであることを保証するために使用される、画面に依存しない単位です。A twip is a screen-independent unit used to ensure that placement and proportion of screen elements in your screen application are the same on all display systems. 論理的な 1 インチは約 1,440 twip、論理的な 1 センチメートルは 567 twip です (出力時に 1 インチまたは 1 センチメートルと測定される画面アイテムの長さ)。There are approximately 1440 twips to a logical inch or 567 twips to a logical centimeter (the length of a screen item measuring one inch or one centimeter when printed).

型宣言文字type-declaration character

変数のデータ型を示すために変数名に付加される文字。A character appended to a variable name indicating the variable's data type. 対応する Deftype ステートメントがモジュール内に存在しない場合、変数は既定で Variant 型になります。By default, variables are of type Variant unless a corresponding Deftype statement is present in the module.

タイプ ライブラリtype library

オートメーションで使用できるように公開されているオブジェクト、プロパティ、メソッドの標準的な記述を含む、ファイルまたは別のファイル内のコンポーネント。A file or component within another file that contains standard descriptions of exposed objects, properties, and methods that are available for Automation. タイプ ライブラリはオブジェクト ライブラリ ファイル (.olb) に含まれます。Object library files (.olb) contain type libraries.

UnicodeUnicode

International Standards Organization (ISO) の文字規格。International Standards Organization (ISO) character standard. Unicode は 16 ビット (2 バイト) のコード化方式を使用し、65,536 個の文字空間に対応します。Unicode uses a 16-bit (2-byte) coding scheme that allows for 65,536 distinct character spaces. Unicode には、句読点、算術記号、装飾記号と、将来的な拡張のための十分な領域の表現が含まれます。Unicode includes representations for punctuation marks, mathematical symbols, and dingbats, with substantial room for future expansion.

汎用日付形式universal date format

汎用日付形式は #yyyy-mm-dd hh:mm:ss# です。The universal date format is #yyyy-mm-dd hh:mm:ss#. ただし、日付コンポーネント ( #yyyy-mm-dd#) と時間コンポーネント ( #hh:mm:ss#) を分けて表わすことができます。However, both the date component ( #yyyy-mm-dd#) and the time component ( #hh:mm:ss#) can be represented separately.

ユーザー定義型user-defined type

Type ステートメントを使用して定義される任意のデータ型。Any data type defined using the Type statement. ユーザー定義型は、任意のデータ型の要素を 1 つ以上含むことができます。User-defined data types can contain one or more elements of any data type. ユーザー定義型と他のデータ型の配列は、 Dim ステートメントを使用して作成します。Arrays of user-defined and other data types are created using the Dim statement. ユーザー定義型には任意の型の配列を含めることができます。Arrays of any type can be included within user-defined types. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

変数variable

データを格納できる名前付きの保存場所。プログラムの実行中に変更できます。A named storage location that can contain data that can be modified during program execution. 各変数には、スコープ内で変数を一意に識別する名前があります。Each variable has a name that uniquely identifies it within its scope. データ型は、指定することも指定しないことも可能です。A data type can be specified or not.

変数名は、アルファベット文字で始まり、同じスコープ内で一意であり、255 文字以下である必要があり、埋め込まれたピリオドまたは型宣言文字を含むことはできません。Variable names must begin with an alphabetic character, must be unique within the same scope, can't be longer than 255 characters, and can't contain an embedded period or type-declaration character.

バリアント データ型Variant data type

数値、文字列、日付の各データ、ユーザー定義型、および特殊な値 EmptyNull を格納できる特殊なデータ型です。A special data type that can contain numeric, string, or date data as well as user-defined types and the special values Empty and Null. Variant データ型の数値記憶域のサイズは 16 バイトであり、Decimal の範囲までのデータを格納できます。または、文字記憶域のサイズは 22 バイト (それに加えて文字列の長さ) であり、任意の文字テキストを格納できます。The Variant data type has a numeric storage size of 16 bytes and can contain data up to the range of a Decimal, or a character storage size of 22 bytes (plus string length), and can store any character text. Variant 内のデータの処理方法を定義するには、VarType 関数を使用します。The VarType function defines how the data in a Variant is treated. 他のデータ型として明示的に宣言されていない変数はすべて、Variant データ型になります。All variables become Variant data types if not explicitly declared as some other data type. データ型の概要」をご覧ください。See data type summary.

バリアント型の式variant expression

数値、文字列、日付の各データ、および特殊な値 Empty またはNull として評価できる任意の式。Any expression that can evaluate to numeric, string, or date data, as well as the special values Empty and Null.

ウォッチ式watch expression

変数または式の動作を観察できるユーザー定義の式。A user-defined expression that enables you to observe the behavior of a variable or expression. ウォッチ式は Visual Basic エディターのウォッチ ウィンドウに表示され、ブレーク モードに入ると自動的に更新されます。Watch expressions appear in the Watch window of the Visual Basic Editor and are automatically updated when you enter break mode. ウォッチ ウィンドウには、特定のコンテキスト内での式の値が表示されます。The Watch window displays the value of an expression within a given context. ウォッチ式はコードと共には保存されません。Watch expressions are not saved with your code.

Z オーダーz-order

フォーム上のコントロールの、フォームの Z 軸 (深さ) に沿った視覚的な階層構造。The visual layering of controls on a form along the form's z-axis (depth). Z オーダーによって、コントロールの前後の順序が決まります。The z-order determines which controls are in front of other controls.

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.