名前空間でプロパティを参照するReferencing Properties by Namespace

このトピックでは、 PropertyAccessorテーブル、およびビューおよびその子オブジェクトでサポートされている名前空間を一覧表示し、名前付きプロパティを参照するを説明します。This topic lists the namespaces that are supported by PropertyAccessor, Table, and View and their children objects, and discusses referencing named properties.

Outlook のオブジェクトによって使用される名前空間Namespaces used by Outlook objects

次の表では、名前空間と名前空間をサポートしている Outlook オブジェクトを使用しています。The following table summarizes the namespaces and the Outlook objects that the namespaces support. 名前空間によるプロパティの参照は、大文字小文字を区別するに注意してください。Note that property references by namespaces are case-sensitive.

名前空間Namespaces サポートされている Outlook のオブジェクトSupported Outlook Objects
http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag Outlook アイテム オブジェクトAddressEntryAddressList添付ファイルExchangeDistributionListExchangeUserフォルダー受信者、および**ストア** のオブジェクトです。Outlook item objects, AddressEntry, AddressList, Attachment, ExchangeDistributionList, ExchangeUser, Folder, Recipient, and Store objects.
http://schemas.microsoft.com/mapi/id (上記と同様)(Same as above)
http://schemas.microsoft.com/mapi/string (上記と同様)(Same as above)
http://schemas.microsoft.com/exchange (上記と同様)(Same as above)
urn:schemas-microsoft-com:office:office
urn:schemas-microsoft-com:office:office Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects
urn:schemas-microsoft-com:office:outlookurn:schemas-microsoft-com:office:outlook Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects
DAV:DAV: Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects
urn:schemas:calendarurn:schemas:calendar Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects
urn:schemas:contactsurn:schemas:contacts Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects
urn:schemas:httpmailurn:schemas:httpmail Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects
urn:schemas:mailheaderurn:schemas:mailheader Outlook アイテム オブジェクトOutlook item objects

メッセージング アプリケーション プログラミング インターフェイス (MAPI) の名前空間Messaging Application Programming Interface (MAPI) namespaces

Outlook をサポートする多くのプロパティは、MAPI プロパティです。Many properties that Outlook supports are MAPI properties. PropertyAccessor オブジェクトは、MAPI 名前空間の 3 つの下位名前空間をサポートしています: proptag、id、および文字列。The PropertyAccessor object supports three subnamespaces of the MAPI namespace: proptag, id, and string. 次のセクションに subnamespace、その subnamespace とで補強 Backus 法によるフォーム (ABNF)、で指定した [であるの表現の構文の定義にプロパティを参照する形式の説明の説明が含まれています。RFC4234]Each of the following sections contains a description for the subnamespace, a description for the format to reference a property in that subnamespace, and a definition of the syntax as expressed in Augmented Backus-Naur Form (ABNF), that is specified in [RFC4234].

proptag 名前空間proptag namespace

この名前空間を使用して、プロパティのプロパティ タグを使用して、MAPI 名前空間のプロパティにアクセスします。This namespace is used to access properties in the MAPI namespace using the property tag of a property. MAPI プロパティ範囲 (つまり、0x8000 未満のプロパティ識別子を持つプロパティ) のプロパティのみをサポートしています。It supports only properties in the MAPI property range (that is, properties with a property identifier below 0x8000). この名前空間でプロパティを参照する形式を次に示します。The following is the format to reference a property in this namespace:

http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/0xHHHHHHHH

HHHHHHHHは、高階 16 ビットの一意のプロパティ識別子とプロパティの型が、下位の 16 ビットの 16 進数のプロパティ タグ値を表します。HHHHHHHH represents a hexadecimal property tag value, with a unique property identifier in the higher-order 16 bits, and a property type in the lower-order 16 bits. 各 MAPI プロパティには、MAPI、Outlook、またはサービス プロバイダーによって、プロパティが定義されているかどうかに関係なく、プロパティ タグが必要です。Every MAPI property must have a property tag, regardless of whether the property is defined by MAPI, Outlook, or a service provider. 16 進数の値は、プレフィックス"0 x"に従う必要があります。The hexadecimal value must follow the prefix "0x".

正式には、この名前空間のプロパティの参照は ABNF で次のように定義できます。Formally, references of properties in this namespace can be defined in ABNF as follows:

  proptag-specifier = "http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/x" property-id property-type 
  property-id = 4HEXDIG 
  property-type = 4HEXDIG

たとえば、以下は、Outlook がそのオブジェクト モデルに Subject として公開している MAPI プロパティの PidTagSubject を表します。 For example, the following represents the MAPI property PidTagSubject that Outlook exposes in its object model as Subject:

http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/0x0037001E

id 名前空間id namespace

この名前空間を使用して、プロパティの識別子を使用して、名前空間のグローバル一意識別子 (GUID) によって識別される名前空間でプロパティにアクセスします。This namespace is used to access properties in a namespace identified by the globally unique identifier (GUID) of the namespace, using the identifier of the property. この名前空間でプロパティを参照する形式を次に示します。The following is the format to reference a property in this namespace:

http://schemas.microsoft.com/mapi/id/{HHHHHHHH-HHHH-HHHH-HHHH-HHHHHHHHHHHH}/HHHHHHHH

{HHHHHHHH-HHHH-HHHH-HHHH-HHHHHHHHHHHH} は名前空間の GUID を表し、HHHHHHHH はプロパティ タブを表します。{HHHHHHHH-HHHH-HHHH-HHHH-HHHHHHHHHHHH} represents the namespace GUID, and HHHHHHHH represents the property tag.

正式には、この名前空間のプロパティの参照は ABNF で次のように定義できます。Formally, references of properties in this namespace can be defined in ABNF as follows:

  id-specifier = "http://schemas.microsoft.com/mapi/id/" property-set "/x" property-long-id 
property-set = "{" 8HEXDIG "-" 4HEXDIG "-" 4HEXDIG "-" 4HEXDIG "-" 12HEXDIG "}" 
property-long-id = 8HEXDIG

たとえば、以下は Outlook NoAging プロパティを表しています。For example, the following represents the Outlook NoAging property:

http://schemas.microsoft.com/mapi/id/{00062008-0000-0000-C000-000000000046}/850E000B

string 名前空間string namespace

この名前空間を使用して、特定の名前空間で名前付きの文字列のプロパティにアクセスします。This namespace is used to access string-named properties in an identified namespace. この名前空間でプロパティを参照する形式を次に示します。The following is the format to reference a property in this namespace:

http://schemas.microsoft.com/mapi/string/{HHHHHHHH-HHHH-HHHH-HHHH-HHHHHHHHHHHH}/ name

{HHHHHHHH-HHHH-HHHH-HHHH-HHHHHHHHHHHH} は名前空間の GUID を表し、name は、文字列として定義されるローカル プロパティ名です。{HHHHHHHH-HHHH-HHHH-HHHH-HHHHHHHHHHHH} represents the namespace GUID, and name is the local property name defined as a string.

正式には、この名前空間のプロパティの参照は ABNF で次のように定義できます。Formally, references of properties in this namespace can be defined in ABNF as follows:

  string-specifier = "http://schemas.microsoft.com/mapi/string/" property-set "/" property-name 
property-set = "{" 8*HEXDIG "-" 4*HEXDIG "-" 4*HEXDIG "-" 4*HEXDIG "-" 12*HEXDIG "}" 
property-name = 1*CHAR

この名前空間を使用する例を以下に示します。The following is an example that uses this namespace:

http://schemas.microsoft.com/mapi/string/{00020386-0000-0000-C000-000000000046}/content-class

文字列の名前空間の名前付きプロパティを参照するのには、エスケープの規則が適用されます。Escaping rules apply to referencing named properties in the string namespace. 汎用リソース ロケーター (URL) のエスケープを使用して、表現する必要があります参照する場合、名前付き識別子を持つプロパティの文字列 (たとえば、作成者、会社、およびタイトル)、プロパティ名が含まれる場合スペース、一重引用符は、二重引用符、またはパーセント記号、対応するには、このような文字は、次の表に示すように、文字列をエスケープします。When referencing a named property that has a string identifier (for example, Author, Company, and Title), if the property name contains a space, single quote, double quote, or percent character, you must use Universal Resource Locator (URL) escaping and represent such characters with the corresponding escape string as shown in the following table.

プロパティ参照内の文字Character in Property Reference 文字列をエスケープします。Escape String
スペース文字Space character %20%20
二重引用符Double quote %22%22
単一引用符Single quote %27%27
パーセント文字Percent character %25%25

指定し、名前付きプロパティの母親の「贈り物」PropertyAccessor.GetProperty メソッドを使用して、MAPI 文字列名前空間で定義されている値を取得する方法例は次のとおりです。The following is an example of how you specify and get the value of a named property, Mom's "Gift", defined in the MAPI string namespace, by using the PropertyAccessor.GetProperty method:

  PropertyAccessor.GetProperty("http://schemas.microsoft.com/mapi/string/{00020329-0000-0000-C000-000000000046}/Mom%27s%20%22Gift%22")

Exchange の名前空間Exchange namespace

Exchange 名前空間を使用して、文字列名のついた Exchange プロパティにアクセスします。The exchange namespace is used to access string-named Exchange properties. この名前空間でプロパティを参照する形式を次に示します。The following is the format to reference a property in this namespace:

http://schemas.microsoft.com/exchange/ name

name は、文字列として定義されるローカル プロパティ名です。name is the local property name defined as a string.

次の例は、この名前空間が参照するプロパティです。The following is an example of a property referenced by this namespace:

http://schemas.microsoft.com/exchange/readreceiptrequested

Office 名前空間Office namespaces

PropertyAccessor オブジェクトは、2 つの Office サブ名前空間をサポートします。The PropertyAccessor object supports two Office subnamespaces:

Office 名前空間Office namespace

この名前空間を使用すると、 DocumentItem オブジェクトのプロパティにアクセスします。This namespace is used to access properties of the DocumentItem object. この名前空間でプロパティを参照する形式を次に示します。The following is the format to reference a property in this namespace:

urn: スキーマ-マイクロソフト-com:office:office#urn:schemas-microsoft-com:office:office# name

name は、文字列として定義されるローカル プロパティ名です。name is the local property name defined as a string.

Office 名前空間を使用してDocumentItemプロパティを参照するの例を次に示します。The following are some examples of referencing DocumentItem properties using the Office namespace:

  • urn: スキーマ-マイクロソフト-com:office:office #Subjecturn:schemas-microsoft-com:office:office#Subject

  • urn: スキーマ-マイクロソフト-com:office:office #Templateurn:schemas-microsoft-com:office:office#Template

Outlook 名前空間Outlook namespace

この名前空間を使用して、Outlook のアイテム レベルのプロパティにアクセスします。This namespace is used to access Outlook item-level properties. プロパティの参照をサポートして、この名前空間を使用して、オブジェクト モデルに明示的に公開されていない Outlook プロパティにアクセスする他の名前空間に似ています。Similar to other namespaces that support property referencing, use this namespace to access Outlook properties that are not explicitly exposed in the object model. この名前空間でプロパティを参照する形式を次に示します。The following is the format to reference a property in this namespace:

urn: スキーマ-マイクロソフト-com:office:outlook#urn:schemas-microsoft-com:office:outlook# name

name は、文字列として定義されるローカル プロパティ名です。name is the local property name defined as a string.

Outlook 名前空間を使用して Outlook のアイテム レベルのプロパティを参照することの例は、次のようにします。The following is an example of referencing an Outlook item-level property by using the Outlook namespace:

urn:schemas-microsoft-com:office:outlookurn:schemas-microsoft-com:office:outlook#remotemessagesize

分散オーサリングおよびバージョン管理 (DAV) の名前空間Distributed authoring and versioning (DAV) namespaces

DAV 名前空間を使用して、Outlook のアイテム レベルのプロパティにアクセスします。DAV namespaces are used to access Outlook item-level properties. DAV 名前空間内のプロパティのスコープには、統一リソース識別子 (URI) の名前空間参照を使用します。A property in a DAV namespace is scoped using a Uniform Resource Identifier (URI) namespace reference. 形式は、名前空間の URI プレフィックスと名前空間 URI の統一リソース ロケーター (URL) または統一リソース名 (URN) の中に、文字列で表されるローカル プロパティ名を連結したものです。The format is a concatenation of the namespace URI prefix and the local property name expressed in a string, with the namespace URI being either a Uniform Resource Name (URN) or Uniform Resource Locator (URL).

次の例では、PropertyAccessor オブジェクトがサポートする DAV 名前空間を示しています。The following are the DAV namespaces that the PropertyAccessor object supports:

  • DAV:DAV:

  • urn:schemas:calendarurn:schemas:calendar

  • urn:schemas:contactsurn:schemas:contacts

  • urn:schemas:httpmailurn:schemas:httpmail

  • urn:schemas:mailheaderurn:schemas:mailheader

次に示すのは、異なる DAV 名前空間が参照するプロパティの一例です。These are some examples of properties being referenced by different DAV namespaces:

  • DAV:checkintimeDAV:checkintime

  • urn:schemas:httpmail:subjecturn:schemas:httpmail:subject

  • urn:schemas:mailheader:subjecturn:schemas:mailheader:subject

関連項目See also