サーバー Essentials Office 365実行すると、ユーザーのプロパティが元のWindowsに戻る

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

問題

R2 Essentials を使用してWindows Server 2012 EssentialsまたはWindows Server 2012 R2 Essentials を実行Microsoft Office 365。 1 つ以上のユーザーのプロパティを変更するにはOffice 365ポータルをOffice 365します。 ただし、サーバー Essentials ディレクトリWindowsが実行されると、プロパティは元の値に戻されます。

CAUSE

サーバー Windowsが Office 365 と統合された後、Windows Server Essentials はクラウド アカウントを管理するための権限のあるソースになります。 Office 365 ポータルを使用して、Windows Server Essentials と統合されている Office 365 ユーザーのプロパティを変更すると、Windows Server Essentials 同期サイクル後に元の値に戻されます。

ソリューション

次のいずれかの操作を実行します。

  • ユーザーのWindows変更するには、サーバー Essentials ダッシュボードまたは Active Directory ユーザーとコンピューター コンソールを使用します。

    Windows Server Essentials と統合されているユーザーのライセンス、名、または名を更新するには、Windows Server Essentials ダッシュボードを使用できます。 [表示名] などの他のユーザー プロパティの 場合は、[Active Directory ユーザーとコンピューター] コンソールを使用します。 オンプレミス環境で行われた変更は、次のサーバー Essentials 同期サイクルの後にクラウドWindows更新されます。

  • サーバー Office 365の統合をWindows無効にします。

    ユーザーを管理するために Office 365ポータルを使用する場合は、サーバー Essentials Office 365統合Windows無効にする必要があります。 これを行うには、[サーバー Essentialsダッシュボード][サービス] の下の [統合Windows無効にする] をクリックします。

詳細

サーバー Essentials および small business server Windows詳細については、次のリソースを参照してください。

Windows Essentials and Small Business Server

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティ または Azure Active Directory Forums (英語情報) Web サイトを参照してください。