ハイブリッド展開でメールボックスのアーカイブを有効にしようとするときに、「エージェント 'Windows LiveId エージェント' の検証中にエラー Exchange発生しました。

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

元の KB 番号:  2936559

注意

2010 年から 2010 年のExchange 管理コンソールにMicrosoft Exchange Serverハイブリッド構成ウィザードはサポートされなくなりました。 したがって、古いハイブリッド構成ウィザードを使用しなくなりました。 代わりに、ハイブリッドOffice 365ウィザードで使用できるハイブリッド構成ウィザードOffice 365使用します。 詳細については、「ハイブリッド構成ウィザード for Office 365 2010」を参照Exchangeしてください

問題

Microsoft Exchangeハイブリッド展開では、メールボックスをオンプレミスの環境からExchangeにExchange Online。 ただし、メールボックスのアーカイブを有効にしようとするときに、Exchange管理センターからExchange Onlineエラー メッセージが表示されます。

次のエラーは、エージェント 'LiveId Agent' Windows検証中に発生しました。'保存操作を実行できません。 ' <UserName> ' ' は有効なサーバー書き込みスコープ内ではありません。 ヘルプについては、ここをクリックしてください。..。

原因

この問題は、Active Directory 同期を使用するときに、受信者管理をオンプレミス環境から実行する必要がある場合に発生します。

ソリューション

この問題を解決するには、オンプレミスサーバーからメールボックスのアーカイブを有効Exchangeします。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: 管理センターまたは Exchangeを使用Exchange 管理コンソール

In Exchange 2013

  1. 管理センター Exchange開きます。
  2. [受信者 ] を クリックし、[メールボックス] をクリックします
  3. 変更するメールボックスをクリックし、[インプレイス アーカイブ]の の [有効] をクリックし、[はい] を クリックします
  4. ディレクトリ同期が 2 サイクル実行されるのを待ちます (約 6 時間)。 または、ディレクトリ同期を強制します。 これを行う方法の詳細については、「ディレクトリの同期 」を参照してください

In Exchange 2010

  1. Exchange 管理コンソールを開きます。
  2. コンソール ツリーで、[受信者の構成] を展開し、[メール連絡先] をクリックします。
  3. 変更する連絡先を右クリックし、[ホストされたアーカイブを有効にする ] をクリックします
  4. ディレクトリ同期が 2 サイクル実行されるのを待ちます (約 6 時間)。 または、ディレクトリ同期を強制します。 これを行う方法の詳細については、「ディレクトリの同期 」を参照してください

方法 2: 管理シェルExchange使用する

  1. 管理シェルExchange開き、次のコマンドレットを実行します。

    Enable-RemoteMailbox <UserName> -Archive
    
  2. ディレクトリ同期が 2 サイクル実行されるのを待ちます (約 6 時間)。 または、ディレクトリ同期を強制します。 これを行う方法の詳細については、「ディレクトリの同期 」を参照してください

詳細

さらにヘルプが必要ですか? [Microsoft Community]または[TechNetフォーラムExchangeに移動します