OfficeLTSC 2021 および Office 2019 パーペチュアル ボリューム ライセンス製品は、クイック実行

約 20 年間、Microsoft Officeの展開機能Windowsインストーラー (MSI) テクノロジに依存してきました。 増大し続ける企業の要件に対応するために、Office最新の展開機能が継続的に導入されています。

2013 Microsoft Officeでは、クイック実行、現在世界中の数億人のユーザーにOfficeを提供している最新の展開テクノロジを導入しました。 2019 Microsoft Officeから、すべてのクライアント製品にクイック実行を拡張しました。 永続ボリューム ライセンス製品は、セキュリティと使いやすさを向上させる利点を利用しながら、展開コストを削減することができます。 たとえば、次のような利点があります。

  • 予測可能な累積的な月次更新
  • インストール時にすぐに最新のソフトウェア
  • サブスクリプション製品への簡単なMicrosoft 365パス

クイック実行は、MSI ベースの製品と同じエンタープライズ向け管理機能を提供します。 これには、ボリューム ライセンス認証、グループ ポリシー管理、更新プログラムの管理制御、および管理ツール (Microsoft Endpoint Configuration Manager など) が含まれます。 クイック実行 は、古い MSI ベースの製品からの移行を支援するために、Office 2019、Office LTSC 2021、または Microsoft 365 Apps に移行する際のインプレイス アップグレードもサポートします。

2019 Officeから、クライアント Office MSI 形式では使用できなくなりました。 この展開テクノロジの変更は、製品のライセンスまたはサポート方法には影響を与えかねない。

よく寄せられる質問

Q: 以前の MSI 製品を引き続き使用Officeですか?

A: 以前にリリースされた製品はすべて、該当するソフトウェア ライフサイクル ポリシーに従って引き続きサポートされます。 2013 年または 2016 年Officeなど、既存のOfficeはありません。