Office 365ビルド番号を 5 桁の形式に変更する場合

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

概要

2018 年 6 月、Microsoft Office 365はビルド番号を 4 桁から 5 桁の形式に変更しています。 この変更を次の表に示します。

バージョン 桁マスク
Old 4.4 ビルド 1234.5678
新規 5.5 ビルド 12345.67890

アプリケーション インストールのビルド番号をOfficeするには、Officeアプリケーションを起動し、[ファイル アカウント] を選択し、[概要] を > 参照 \ <ProgramName> します

詳細情報

どのような影響がありますか?

情報ワーカーの場合、この変更は影響を与える必要があります。 この変更は、Backstage ビルド バージョン番号でのみ表示されます。 この変更は、アプリケーションの機能には影響を与えかねない。

IT Professional または ISV の場合、これらのツールに 4 桁のビルド番号を見つけるハードコードされたロジックがない場合、この変更は管理ツールに影響を与えることはありません。 この期待は、ビルド バージョン番号を検出するロジックに依存する可能性のある、業務行 (LOB) アプリケーションにも適用されます。

注意

バイナリ ファイルのメジャー Officeバージョン番号は 16.0 のままです。 したがって、この変更はレジストリ ハイブの場所やファイル フォルダーの場所には影響を与えかねない。