Microsoft 365 レポートに実際のユーザー名ではなく匿名のユーザー名が表示される

注意

Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 このブログの投稿を参照してください。

現象

Microsoft 365 レポートには、次のレポートで実際のユーザー名ではなく匿名のユーザー名が表示されます。

  • メール アクティビティ
  • メールボックス アクティビティ
  • OneDrive ファイル
  • SharePoint アクティビティ
  • SharePoint サイトの利用状況
  • Microsoft Teams アクティビティ
  • Yammer アクティビティ
  • Microsoft 365 サービスおよびアプリのアクティブ ユーザー
  • グループ アクティビティ

Microsoft 365 管理センターでこれらのレポートを表示するには、[ホーム] > [レポート] > [使用状況] の順に移動します。

原因

2021 年 9 月 1 日以降、企業が地域のプライバシー法をサポートするのに役立つ継続的な取り組みの一環として、すべてのレポートのユーザー情報を既定で非表示にしています。 詳細については、「管理センターの Microsoft 365 レポート」および「Microsoft 365 利用状況分析のプライバシーの変更」を参照してください。

解決方法

この問題を解決するには、Microsoft 365 管理センターで次のアカウント設定を変更します。

注意

Microsoft 365 テナント管理者である必要があります。

  1.       [Microsoft 365 管理センター](https://admin.microsoft.com)に戻ります。
    
  2. [設定] > [組織設定] > [レポート] に移動します。
  3. [すべてのレポートで、識別されていないユーザー、グループ、サイトの名前を表示します] オプションをオフにします。