Outlook 7 で PDF 添付ファイルの DLP ポリシー ヒントWindowsしない

元の KB 番号:   3001881

現象

Microsoft Outlook 2016 2013 Outlook 7 で実行Windows。 データ損失防止 (DLP) ポリシー ヒントをトリガーする必要がある電子メール メッセージに PDF ファイルを添付します。 ただし、ポリシー ヒントは、Outlook。

原因

この問題は、バージョン 10 以降の Adobe PDF iFilter (AcroIF.dll) がインストールされている場合に発生する可能性があります。

解決方法

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

この問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: 新しいバージョンの Windows (Windows 10)。

方法 2: 別のサード パーティ製の iFilter を試してみてください。

可能性があるサードパーティの代替手段は、Foxit と Tracker です。 サード パーティ製の iFilter は、他の iFilter と同じビットOffice。

サードパーティの iFilter を使用する場合は、サブキー TecDisableHardMemoryLimit をレジストリに追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Outlook を終了します。

  2. レジストリ エディターを起動します。 この操作を 7 で行うにはWindowsを選択し、検索ボックスに「regedit.exe」と入力し、Enter キーを押します。

  3. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。ここで 、x.0 プレースホルダーはバージョンの Office (16.0 = Office 2016、15.0 = Office 2013) を表します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\PolicyNudges

    注意

    サブキー PolicyNudges が存在しない場合は、作成します。

  4. [編集] メニューの [新規] をポイント 、[DWORD 値] を選択します

  5. 「TecDisableHardMemoryLimit」と入力 し、Enter キーを押します。

  6. [TecDisableHardMemoryLimit] を右クリックし、[変更] を 選択します

  7. [値の データ] ボックスに 「1」と入力、[OK] を選択します。

  8. レジストリ エディターを終了します。

詳細

Foxit iFilter および Tracker iFilter の詳細については 、「Foxit iFilter」 および 「PDF-XChange Shell Extensions and iFilter」を参照してください

サードパーティのお問い合わせ窓口に関する免責事項

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。