フォルダー内の新しいアイテムの既定のメッセージ クラスを構成Outlookする方法

元の KB 番号:   2697986

概要

一部のカスタム またはサード パーティ製のソリューションでは、Microsoft のカスタム フォルダーに新しいアイテムを作成するときに使用される既定のOutlookします。 メッセージ クラスは、フォルダー内の各アイテムに関連付けられる。 さらに、アイテムを開く際に表示するフォームを定義します。 カスタム ソリューションが Outlook フォルダーの既定のメッセージ クラスを変更した場合、そのソリューションをアンインストールすると、フォルダーの新しいアイテム メッセージ クラスが既定の構成にリセットされない場合があります。 この状況では、フォルダーの既定の new-item メッセージ クラスが既定値から変更されたため、Outlook でさまざまな問題が発生する可能性があります。 たとえば、[新規] ボタンを選択してフォルダーの新しいアイテムを開いた場合、フォームは、Outlook によってインストールされた元の既定のフォームとは見なされません。

フォルダー内の新しいアイテムにカスタム メッセージ クラスを必要とするカスタム Outlook ソリューションを使用していない場合は、少なくとも次のプライマリ Outlook フォルダーに既定のメッセージ クラスを使用することをお勧めします。

  • 予定表
  • 連絡先
  • タスク

詳細情報

次の表に、カスタム メッセージ クラスが見Outlookの既定のメイン フォルダーを示します。 表の 2 番目の列は、フォルダーに使用される既定のメッセージ クラスを提供します。

フォルダー 既定のメッセージ クラス
カレンダー IPM.Appointment
Contacts IPM。連絡先
タスク IPM。タスク

フォルダー上の新しいアイテムに対して現在構成されている既定のメッセージ クラスを確認するには、次の手順を実行します。

  1. フォルダーを右クリックし、[プロパティ] を 選択します
  2. [全般] タブを選択 します。
  3. [このフォルダーに投稿する場合] ボックスの一覧に表示される値を調 します。
  4. フォルダーに追加する新しいアイテムの既定のメッセージ クラスを変更する場合は、[このフォルダーに投稿する場合] リストを選択し、フォルダーに適切なメッセージ クラスを選択します。 (表を参照してください)。

注意

カスタム メッセージ クラスを使用してフォルダー内のアイテムを既に作成している場合は、[このフォルダーに投稿する場合] の値を変更しても、これらの既存のアイテムのメッセージ クラスは 変更 されません。 [このフォルダーに 投稿する場合 ] を変更する場合は、値を使用し、変更後に作成されたアイテムだけが新しく構成されたメッセージ クラスを使用します。