Officeアドインが正しく表示されないOutlook

元の KB 番号:   4482725

現象

Microsoft Outlook をバージョン 1809 (ビルド 10827.20181) 以降のバージョンに更新した後、一部の Office アドインのデータが正しく表示されないか、Outlook 内のアドインのユーザー インターフェイスから欠落している可能性があります。

原因

この問題は、ブラウザー エミュレーションを適用するためにバージョン 1809 Outlook変更がInternet Explorer 10発生します。

注意

アドイン OutlookコンテンツOffice表示する場合は、アドインのコンポーネント パーツを使用してInternet Explorerを表示します。 この変更により、Outlook バージョン 1809 (ビルド 10827.20181) から、今日の機能のレンダリングOutlook向上します。 また、この改善により、エミュレートされたブラウザーの動作がブラウザーの動作と一致Internet Explorer 10。 この状況では、アドインで Internet Explorer 11 が必要な場合、またはレジストリ キーの値が FEATURE_BROWSER_EMULATION 11000 に設定されている場合に、この問題が発生することがあります。

回避策

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

この問題を回避するには、ブラウザーのこの変更を無効Outlook以前のブラウザー エミュレーション エクスペリエンスに戻す必要があります。 これを行うには、次のレジストリ キーを設定します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options
値: BrowserEmulationModeConfig = dword: 00000003

注意

このレジストリ キーを設定すると、今日の機能のレンダリングOutlook影響する可能性があります。