Remove-WSManInstance

管理リソースのインスタンスを削除します。

構文

Remove-WSManInstance [-ApplicationName <string>] [-ComputerName <string>] [-Port <int>] [-UseSSL] [[-SelectorSet] <hashtable>] [-AuthenticationMechanism <AuthenticationMechanism>] [-Credential <PSCredential>] [-OptionSet <hashtable>] [-ResourceURI <Uri>] [-SessionOption <hashtable>] [<CommonParameters>]

Remove-WSManInstance [-ConnectionURI <Uri>] [[-SelectorSet] <hashtable>] [-AuthenticationMechanism <AuthenticationMechanism>] [-Credential <PSCredential>] [-OptionSet <hashtable>] [-ResourceURI <Uri>] [-SessionOption <hashtable>] [<CommonParameters>]

説明

Remove-WSManInstance は、ResourceURI パラメーターと SelectorSet パラメーターで指定された管理リソースのインスタンスを削除します。

このコマンドレットは WinRM 接続/トランスポート層を使用して、管理リソースのインスタンスを削除します。

パラメーター

-ApplicationName <string>

接続のアプリケーション名を指定します。ApplicationName パラメーターの既定値は "WSMAN" です。リモート エンドポイントの完全な識別子は、次の形式になります。

<transport>://<server>:<port>/<ApplicationName>

次にその例を示します。

http://server01:8080/WSMAN

セッションをホストするインターネット インフォメーション サービス (IIS) によって、このエンドポイントを含む要求が、指定されたアプリケーションに転送されます。この既定の設定 "WSMAN" は、ほとんどのユーザーに適しています。このパラメーターは、Windows PowerShell を実行している 1 台のコンピューターに多数のコンピューターがリモート接続を確立するときに使用するように設計されています。この場合、効率を向上させるため IIS によって Web Services for Management (WS-Management) がホストされます。

必須

false

位置

named

既定値

wsman

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AuthenticationMechanism <AuthenticationMechanism>

サーバーで使用される認証メカニズムを指定します。設定可能な値は、次のとおりです。

- Basic: Basic は、ユーザー名およびパスワードがクリア テキストでサーバーまたはプロキシに送信されるスキームです。

- Default: WS-Management プロトコルによって実装された認証方法を使用します。これが既定値です。

- Digest: Digest は、サーバーで指定されたデータ文字列をチャレンジで使用するチャレンジ/レスポンス スキームです。

- Kerberos: クライアント コンピューターとサーバーは、Kerberos 証明書を使用して手動で認証されます。

- Negotiate: Negotiate は、認証で使用するスキームを特定するために、サーバーまたはプロキシとネゴシエートするチャレンジ/レスポンス スキームです。たとえば、このパラメーター値を指定すると、Kerberos プロトコルと NTLM のどちらが使用されるかを特定するネゴシエーションを行うことができます。

- CredSSP: 資格情報のセキュリティ サービス プロバイダー (CredSSP) 認証を使用します。この認証では、ユーザーが資格情報を委任できます。このオプションは、1 台のリモート コンピューターで実行していても、データを他のリモート コンピューターから収集したり、追加のコマンドを他のリモート コンピューターで実行したりするコマンド用に設計されています。

注意: CredSSP により、ユーザーの資格情報がローカル コンピューターからリモート コンピューターに委任されます。これを実行すると、リモート操作のセキュリティ リスクが増します。リモート コンピューターのセキュリティが低下している場合に、そのリモート コンピューターに資格情報を渡すと、それを使用してネットワーク セッションを制御できます。

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComputerName <string>

管理操作の実行対象のコンピューターを指定します。値には、完全修飾ドメイン名、NetBIOS 名、または IP アドレスを指定できます。ローカル コンピューター名、localhost、またはドット (.) を使用して、ローカル コンピューターを指定します。既定値はローカル コンピューターです。リモート コンピューターがユーザーとは異なるドメインにある場合、完全修飾ドメイン名を使用する必要があります。このパラメーターの値はパイプを使用してコマンドレットに渡すことができます。

必須

false

位置

named

既定値

localhost

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ConnectionURI <Uri>

接続エンドポイントを指定します。この文字列の形式は次のとおりです。

<Transport>://<Server>:<Port>/<ApplicationName>

次の文字列は、このパラメーターの正しい形式の値です。

http://Server01:8080/WSMAN

URI は完全修飾名でなければなりません。

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential <PSCredential>

この処理を実行するアクセス許可を持つユーザー アカウントを指定します。既定値は現在のユーザーです。"User01"、"Domain01\User01"、"User@Domain.com" などユーザー名を入力します。または、Get-Credential コマンドレットで返されるような PSCredential オブジェクトを入力します。ユーザー名を入力すると、パスワードの入力を促すメッセージが表示されます。

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-OptionSet <hashtable>

要求の内容を変更または微調整する一連のスイッチをサービスに渡します。これらはサービスに固有であるため、コマンド ライン シェルで使用されるスイッチと似ています。オプションはいくつでも指定できます。

次の例は、値 1、2、および 3 をパラメーター a、b、および c に渡す構文を示しています。

-OptionSet @{a=1;b=2;c=3}

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Port <int>

クライアントが WinRM サービスに接続する際に使用するポートを指定します。トランスポートが HTTP の場合、既定のポートは 80 です。トランスポートが HTTPS の場合、既定のポートは 443 です。HTTPS をトランスポートとして使用する場合、ComputerName パラメーターの値はサーバーの証明書の共通名 (CN) と一致する必要があります。ただし、SkipCNCheck パラメーターが SessionOption パラメーターの一部として指定されている場合は、サーバーの証明書の共通名はサーバーのホスト名と一致している必要はありません。SkipCNCheck パラメーターは、信頼されたコンピューターにのみ使用してください。

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ResourceURI <Uri>

リソース クラスまたはインスタンスの URI (Uniform Resource Identifier) を格納します。URI は、ディスクやプロセスなど、コンピューター上の特定の種類のリソースを識別するために使用します。

URI はプレフィックスとリソースのパスで構成されます。次にその例を示します。

http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/wmi/root/cimv2/Win32\_LogicalDis

http://schemas.dmtf.org/wbem/wscim/1/cim-schema/2/CIM\_NumericSenso

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-SelectorSet <hashtable>

特定の管理リソース インスタンスの選択に使用される値のペアを指定します。リソースのインスタンスが複数存在する場合に SelectorSet パラメーターが使用されます。SelectorSet パラメーターの値は、ハッシュ テーブルである必要があります。

次の例は、このパラメーターの値の入力方法を示しています。

-SelectorSet @{Name="WinRM";ID="yyy"}

必須

false

位置

2

既定値

パイプライン入力を許可する

true (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SessionOption <hashtable>

WS-Management セッションの一連の拡張オプションを定義します。New-WSManSessionOption コマンドレットを使用して作成する SessionOption オブジェクトを入力します。使用できるオプションの詳細については、「New-WSManSessionOption」を参照してください。

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseSSL

リモート コンピューターとの接続確立に Secure Sockets Layer (SSL) プロトコルを使用するように指定します。既定では、SSL は使用されません。

WS-Management では、ネットワーク上で送信されるすべての Windows PowerShell コンテンツが暗号化されます。UseSSL パラメーターを使用すると、HTTP ではなく HTTPS による追加の保護を指定できます。接続に使用されるポートで SSL が利用できない場合にこのパラメーターを指定すると、コマンドは失敗します。

必須

false

位置

named

既定値

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable。詳細については、次を参照してください: about_Commonparameters.

入力と出力

入力値の型は、コマンドレットへのパイプが可能なオブジェクトの型です。戻り値の型は、コマンドレットによって返されるオブジェクトの型です。

入力

なし

このコマンドレットは入力を受け取りません。

出力

なし

このコマンドレットは出力を生成しません。

Windows Management Instrumentation (WMI) コマンドレットの 1 つである Remove-WmiObject コマンドレットがよく似ています。Remove-WmiObject は DCOM 接続/トランスポート層を使用して WMI インスタンスを作成または更新します。

例 1

C:\PS>Remove-WSManInstance winrm/config/Listener -SelectorSet Address=test.fabrikam.com;Transport=http

説明
-----------
コンピューターの WS-Management HTTP リスナーを削除します。





関連項目

概念

Connect-WSMan
Disable-WSManCredSSP
Disconnect-WSMan
Enable-WSManCredSSP
Get-WSManCredSSP
Get-WSManInstance
Invoke-WSManAction
New-WSManInstance
New-WSManSessionOption
Set-WSManInstance
Set-WSManQuickConfig
Test-WSMan
Remove-WmiObject