スタッフ ノートブックの操作

適用対象: Office 365 のエンタープライズ ノートブック

世界中の学校や大学でスタッフ ノートブックを使用して、生産性の向上、関心度の向上、共同作業の促進に役立てています。

staffNotebooks エンドポイントを使用して、スタッフ ノートブックの作成や、リーダーやメンバーの追加および削除などのスタッフ ノートブックの一般的なタスクを実行できます。

注意

OneNote API には、スタッフ ノートブックに固有の操作のための staffNotebooks エンドポイントが含まれています。

要求 URI の構築

  1. 要求 URI を構築するには、お使いのプラットフォーム用のサービス ルート URL から開始します。

    OneDrive for Business のノートブック

    https://www.onenote.com/api/v1.0/me/notes/

    https://www.onenote.com/api/v1.0/users/{id}/notes/

    SharePoint サイトのノートブック

    https://www.onenote.com/api/v1.0/myOrganization/siteCollections/{id}/sites/{id}/notes/

    統合グループのノートブック

    https://www.onenote.com/api/v1.0/myOrganization/groups/{id}/notes/

  2. 次に staffNotebooks エンドポイントを追加し、それに続けて必要に応じてリソース パスを追加します。

    スタッフ ノートブックの作成

    ../staffNotebooks[?omkt,sendemail]

    スタッフ ノートブックの更新

    ../staffNotebooks/{notebook-id}

    1 つまたは複数のスタッフ ノートブックの取得

    ../staffNotebooks

    ../staffNotebooks/{notebook-id}

    スタッフ ノートブックの削除

    ../staffNotebooks/{notebook-id}

    メンバーまたはリーダーの追加

    ../staffNotebooks/{notebook-id}/members

    ../staffNotebooks/{notebook-id}/leaders

    メンバーまたはリーダーの削除

    ../staffNotebooks/{notebook-id}/members/{member-id}

    ../staffNotebooks/{notebook-id}/leaders/{leader-id}

    セクションの挿入

    ../staffNotebooks/{notebook-id}/copySectionsToContentLibrary

完全な要求 URI は、次の例のようになります。

https://www.onenote.com/api/v1.0/me/notes/staffNotebooks/{id}/leaders/{id}

https://www.onenote.com/api/v1.0/users/{id}/notes/staffNotebooks/{id}/members

https://www.onenote.com/api/v1.0/myOrganization/siteCollections/{id}/sites/{id}/notes/staffNotebooks

https://www.onenote.com/api/v1.0/myOrganization/groups/{id}/notes/staffNotebooks/{id}

https://www.onenote.com/api/v1.0/me/notes/staffNotebooks/{id}/copySectionsToContentLibrary

注意

サービス ルート URL の詳細についてはリンク先をご覧ください。

スタッフ ノートブックの作成

スタッフ ノートブックを作成するには、POST 要求を staffNotebooks エンドポイントに送信します。

POST ../staffNotebooks[?omkt,sendemail]

メッセージ本文で、スタッフ ノートブック作成パラメーターが含まれる JSON オブジェクトを送信します。

{
    "name": "notebook-name",
    "memberSections": [ 
        "section1-name", 
        "section2-name"
    ],
    "leaders": [
        {
            "id": "alias@tenant",
            "principalType": "Person-or-Group"
        }
    ],
    "members": [
        {
            "id": "alias@tenant",
            "principalType": "Person-or-Group" 
        },
        {
            "id": "alias@tenant",
            "principalType": "Person-or-Group"
        },
        {
            "id": "alias@tenant",
            "principalType": "Person-or-Group"
        }
   ], 
   "hasLeaderOnlySectionGroup": true
}
パラメーター 説明
名前 ノートブックの名前。
memberSections 1 つまたは複数のセクション名を含む配列。これらのセクションは、各メンバーのセクション グループに作成されます。
リーダー 1 つまたは複数のプリンシパル オブジェクトを含む配列。
メンバー 1 つまたは複数のプリンシパル オブジェクトを含む配列。セクション グループは、メンバーごとに作成されます。
hasLeaderOnlySectionGroup true リーダーのみに表示される リーダー限定セクション グループを作成する場合は true
omkt ノートブックの言語を指定する URL クエリ パラメーター。既定値は en-us です。例: ?omkt=es-es
sendemail ノートブックに割り当てられているリーダーおよびメンバーにノートブックが作成されるときに、電子メール通知を送信するかどうかを指定する URL クエリ パラメーター。既定値は false です。

リーダーとメンバーは、以下のプロパティが含まれるプリンシパル オブジェクトで表されます。
パラメーター 説明
ID Office 365 のユーザー プリンシパル名。

ユーザーとグループの詳細については、Azure AD Graph API の資料を参照してください。
principalType Person または Group

対応言語

omkt={language-code} URL クエリ パラメーターを使用して、スタッフ ノートブックを特定の言語で作成できます。次に例を示します。

POST ../staffNotebooks?omkt=de-de

以下の言語コードがサポートされています。既定値は en-us です。

コード 言語
bg-bg Български (България)
cs-cz Čeština (Česká republika)
da-dk Dansk (Danmark)
de-de Deutsch (Deutschland)
el-gr Ελληνικά (Ελλάδα)
en-us English (United States)
es-es Español (España)
et-ee Eesti (Eesti)
fi-fi Suomi (Suomi)
fr-fr Français (France)
hi-in हिंदी (भारत)
hr-hr Hrvatski (Hrvatska)
hu-hu Magyar (Magyarország)
id-id Bahasa Indonesia (Indonesia)
it-it Italiano (Italia)
ja-jp 日本語 (日本)
kk-kz ҚАЗАҚ (ҚАЗАҚСТАН)
ko-kr 한국어 (대한민국)
lt-lt Lietuvių (Lietuva)
lv-lv Latviešu (Latvija)
ms-my Bahasa Melayu (Asia Tenggara)
nb-no Norsk (Norge)
nl-nl Nederlands (Nederland)
pl-pl Polski (Polska)
pt-br Português (Brasil)
pt-pt Português (Portugal)
ro-ro Română (România)
ru-ru Русский (Россия)
sk-sk Slovenčina (Slovenská republika)
sl-si Slovenski (Slovenija)
sr-latn-rs Srpski (Rep. Srbija i Rep. Crna Gora)
sv-se Svenska (Sverige)
th-th ไทย (ไทย)
tr-tr Türkçe (Türkiye)
uk-ua Українська (Україна)
vi-vn Tiếng Việt (Việt Nam)
zh-cn 简体中文 (中国)
zh-tw 繁體中文 (台灣)

次の要求は、Staff Meetings という名前のスタッフ ノートブックを作成します。

POST ../v1.0/users/{leader-id}/notes/staffNotebooks?sendemail=true
Authorization: Bearer {token}
Content-Type: application/json
Accept: application/json

{
    "name": "Staff Meetings",
    "memberSections": [
        "Staff Notes",
        "Meeting Summaries",
    ],
    "leaders": [
        {
            "id": "leader1@contoso.com",
            "principalType": "Person"
        }
    ],
    "members": [
        {
            "id": "member1@contoso.com",
            "principalType": "Person"
        },
        {
            "id": "member2@contoso.com",
            "principalType": "Person" 
        },
        {
            "id": "member3@contoso.com",
            "principalType": "Person"
        },
        {
            "id": "member4@contoso.com",
            "principalType": "Person"
        }
    ],
    "hasLeaderOnlySectionGroup": true
}

これによって、それぞれに配布資料、スタッフ ノート、会議の要約を含む 4 つのメンバー セクション グループのあるスタッフ ノートブックが作成されます。メンバーごとに作成されたセクション グループには、そのメンバーとリーダーのみがアクセス可能です。またこれにより、リーダーのみに表示される リーダー限定セクション グループも作成されます。sendemail=true クエリ パラメーターは、ノートブックが作成されるとリーダーとメンバーに電子メール通知を送信するように指定します。

要求および応答に関する情報

次の情報は、POST /staffNotebooks 要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Content-Type ヘッダー application/json
Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 201 HTTP ステータス コード。
応答本文 JSON 形式の新しいノートブックの OData 表記。

通常のノートブック プロパティに加え、スタッフ ノートブックには次のプロパティが含まれます:
  • memberSections.ノートブック内のメンバー セクション。
  • leaders。ノートブックにアクセスできるリーダー。
  • member。ノートブックにアクセスできるメンバー。
  • hasLeaderOnlySectionGroup。ノートブックにリーダー限定セクション グループが含まれる場合は true、それ以外の場合は false
エラー 要求が失敗すると、API は応答本文の **@api.diagnostics** オブジェクトにエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

スタッフ ノートブックの更新

スタッフ ノートブックを更新するには、PATCH 要求を staffNotebooks/{notebook-id} エンドポイントに送信します。

注意

現時点では、hasLeaderOnlySectionGroup プロパティのみ PATCH 要求で更新することができます。

PATCH ../staffNotebooks/{notebook-id}

メッセージ本文で、更新パラメーターが含まれる JSON オブジェクトを送信します。

{
    "hasLeaderOnlySectionGroup": true
}
パラメーター 説明
hasLeaderOnlySectionGroup true UNTRANSLATED_CONTENT_START to add a Leader Only section group that's visible to leaders only. false is not supported. UNTRANSLATED_CONTENT_END

スタッフ ノートブックを変更する他の方法について、次の方法を参照してください。「メンバーまたはリーダーの追加」、「メンバーまたはリーダーの削除」、「セクションの挿入

次の要求によって、リーダー限定セクション グループを指定のスタッフ ノートブックに追加します。

PATCH ../v1.0/users/{leader-id}/notes/staffNotebooks/{notebook-id}
Authorization: Bearer {token}
Content-Type: application/json
Accept: application/json

{
    "hasLeaderOnlySectionGroup": true
}

新しい リーダー限定セクション グループがリーダーにのみ表示されます。

要求および応答に関する情報

次の情報は、PATCH ../staffNotebooks/{notebook-id} 要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Content-Type ヘッダー application/json
Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 204 HTTP ステータス コード。
エラー 要求が失敗すると、API は応答本文にエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

スタッフ ノートブックの取得

1 つまたは複数のスタッフ ノートブックを取得するには、GET 要求を staffNotebooks エンドポイントに送信します。

1 つまたは複数のスタッフ ノートブックの取得

GET ../staffNotebooks[?filter,orderby,select,top,skip,expand,count]

特定のスタッフ ノートブックの取得

GET ../staffNotebooks/{notebook-id}[?select,expand]

ノートブックは、leaders プロパティと members プロパティを展開できます。既定の並べ替え順序は name ascです。

スタッフ ノートブックは GET /notebooks 要求に対しても戻されますが、結果にはスタッフ ノートブックに固有のプロパティは含まれません。

次の要求では、2016 年 1 月 1 日以降に作成されたスタッフ ノートブックを取得します。

GET ../v1.0/users/{leader-id}/notes/staffNotebooks?filter=createdTime%20ge%202016-01-01 
Authorization: Bearer {token}
Accept: application/json

サポートされているクエリ文字列オプションや例などを含むノートブックの取得について詳しくは、「OneNote コンテンツと構造を取得する」を参照してください。

要求および応答に関する情報

次の情報は、GET /staffNotebooks 要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.Read、Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 200 HTTP ステータス コード。
応答本文 JSON 形式のスタッフ ノートブックの OData 表記。

通常のノートブック プロパティに加え、スタッフ ノートブックには次のプロパティが含まれます:
  • memberSections.ノートブック内のメンバー セクション。
  • leaders。ノートブックにアクセスできるリーダー。
  • member。ノートブックにアクセスできるメンバー。
  • hasLeaderOnlySectionGroup。ノートブックにリーダー限定セクション グループが含まれる場合は true、それ以外の場合は false
エラー 要求が失敗すると、API は応答本文の **@api.diagnostics** オブジェクトにエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

スタッフ ノートブックの削除

スタッフ ノートブックを削除するには、DELETE 要求を staffNotebooks/{notebook-id} エンドポイントに送信します。

DELETE ../staffNotebooks/{notebook-id}

次のような要求は、指定したスタッフのノートブックを削除します。

DELETE ../v1.0/users/{leader-id}/notes/staffNotebooks/{notebook-id} 
Authorization: Bearer {token}
Accept: application/json

要求および応答に関する情報

次の情報は、DELETE ../staffNotebooks/{notebook-id} 要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 204 HTTP ステータス コード。
エラー 要求が失敗すると、API は応答本文にエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

メンバーおよびリーダーの追加

リーダーおよびメンバーを追加すると、そのスタッフ ノートブックへのアクセスが可能になります。メンバーを追加すると、メンバー セクション グループも作成されます。このセクション グループは、そのメンバーとリーダーのみがアクセス可能で、ノートブックに対して定義されているメンバー セクションが含まれています。

スタッフ ノートブックにメンバーまたはリーダーを追加するには、適切なエンドポイントに POST 要求を送信します。

メンバーを追加する

POST ../staffNotebooks/{notebook-id}/members

リーダーを追加する

POST ../staffNotebooks/{notebook-id}/leaders

JSON のプリンシパル オブジェクトを、メッセージの本文に送信します。要求ごとに 1 名のメンバー、または 1 名のリーダーを追加できます。

{
    "id": "alias@tenant",
    "principalType": "Person-or-Group"
}

リーダーとメンバーは、以下のプロパティが含まれるプリンシパル オブジェクトで表されます。

パラメーター 説明
ID Office 365 のユーザー プリンシパル名。ユーザーとグループの詳細については、Azure AD Graph API の資料 を参照してください。
principalType Person または Group

次の要求によって、リーダーを指定のスタッフ ノートブックに追加します。

POST ../v1.0/users/{leader-id}/notes/staffNotebooks/{notebook-id}/leaders 
Authorization: Bearer {token}
Content-Type: application/json
Accept: application/json

{
    "id": "leader2@contoso.com",
    "principalType": "Person"
}

要求および応答に関する情報

次の情報は、POST /members および POST /leaders の要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Content-Type ヘッダー application/json
Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 201 HTTP ステータス コード。
応答本文 メンバーまたはリーダーが追加されました。
エラー 要求が失敗すると、API は応答本文の **@api.diagnostics** オブジェクトにエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

メンバーおよびリーダーの削除

メンバーとリーダーをスタッフ ノートブックから削除すると、ノートブックへのアクセスが取り消されますが、コンテンツは削除されません。

スタッフ ノートブックからメンバーまたはリーダーを削除するには、適切なエンドポイントに DELETE 要求を送信します。

メンバーを削除する

DELETE ../staffNotebooks/{notebook-id}/members/{member-id}

リーダーを削除する

DELETE ../staffNotebooks/{notebook-id}/leaders/{leader-id}

要求ごとに 1 名のメンバー、または 1 名のリーダーを削除できます。

次の要求は、指定したスタッフ ノートブックから指定したメンバーを削除します。

DELETE ../v1.0/users/{leader-id}/notes/staffNotebooks/{notebook-id}/members/{member-id} 
Authorization: Bearer {token}
Accept: application/json

要求および応答に関する情報

次の情報は、DELETE /members および DELETE /leaders の要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 204 HTTP ステータス コード。
エラー 要求が失敗すると、API は応答本文の **@api.diagnostics** オブジェクトにエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

セクションの挿入

Office 365 のノートブックからの特定のセクションをコピーし、それらをスタッフ ノートブックのコンテンツ ライブラリに挿入するには、copySectionsToContentLibrary を使用します。コンテンツ ライブラリとは、リーダーが読み取り/書き込みアクセス許可を持ち、メンバーが読み取りアクセス許可を持つ、スタッフ ノートブック内のセクション グループです。

スタッフ ノートブックにセクションを挿入するには、POST 要求を対象のスタッフ ノートブックの copySectionsToContentLibrary エンドポイントに送信します。次に例を示します。

POST ../staffNotebooks/{notebook-id}/copySectionsToContentLibrary

メッセージ本文で、sectionIds パラメーターが含まれる JSON オブジェクトを送信します。

{
    "sectionIds": [
        "section1-id", 
        "section2-id",
        ...
    ]
}
パラメーター 説明
sectionIds スタッフ ノートブックに挿入するセクションの ID を含む配列です。

ターゲット セクションとノートブック (所有または共有) へのアクセス権限が必要です。すべてのターゲットは、同じテナント内にある必要があります。

次の要求は、指定したスタッフ ノートブックのコンテンツ ライブラリに 2 つのセクションを挿入します。

POST ../v1.0/me/notes/staffNotebooks/{notebook-id}/copySectionsToContentLibrary
Authorization: Bearer {token}
Content-Type: application/json
Accept: application/json

{
    "sectionIds": [
        "1-85ba33b1-4959-4102-8dcd-d98e4e56e56f", 
        "1-8ba42j81-4959-4102-8dcd-d98e4e94s62ef"
    ]
}

要求および応答に関する情報

次の情報は、POST /copySectionsToContentLibrary 要求に当てはまります。

要求データ 説明
プロトコル すべての要求は SSL/TLS HTTPS プロトコルを使用します。
承認ヘッダー

Bearer {token}{token} は、登録済みアプリの有効な OAuth 2.0 アクセス トークンになります。

欠落している、または無効な場合は、401 ステータス コードで要求は失敗します。Azure AD を使用した認証 (エンタープライズ アプリ)を参照してください。

Content-Type ヘッダー application/json
Accept ヘッダー application/json
アクセス許可の適用範囲 Notes.ReadWrite.CreatedByApp、Notes.ReadWrite、または Notes.ReadWrite.All


応答データ 説明
成功コード 201 HTTP ステータス コード。
エラー 作成要求が失敗すると、API は応答本文にエラーを返します。
X-CorrelationId ヘッダー 要求を一意に識別する GUID。Microsoft サポートと問題のトラブルシューティングを行う際に、この値を Date ヘッダーの値とともに使用できます。

OneNote サービスのルート URL の構築

OneNote サービスのルート URL は、OneNote API へのすべての呼び出しで次の形式を使用します。

https://www.onenote.com/api/{version}/{location}/notes/

URL の version セグメントは、使用する OneNote API のバージョンを示しています。

  • 安定した運用コードには v1.0 を使用します。

  • 開発中の機能を試すには beta を使用します。 ベータ版の機能は変更される可能性があるため、運用コードでは使用しないでください。

URL内の location セグメントは、アクセスするノートブックの場所を表します。

  • OneDrive for Business のノートブック

    • 現在のユーザーが所有する OneNote コンテンツには me を使用します。

    • 指定されたユーザー (URL 内) が現在のユーザーと共有している OneNote コンテンツには users/{id} を使用します。 ユーザー ID を取得するには Azure AD Graph API を使用します。

  • SharePoint サイトのノートブック

    • チーム サイトとその他の SharePoint サイトには、ドキュメント ライブラリ内の OneNote ノートブックを含めることができます。

    • 現在のユーザーがログインしているテナント内のサイトの OneNote コンテンツには myOrganization/siteCollections/{id}/sites/{id} を使用します。 現在のテナントのみがサポートされており、myOrganization キーワードを使ってアクセスします。 サイト ID を取得する方法を説明します。

  • 統合グループのノートブック

    • 統合グループ (Office 365 groups とも呼ばれます) は、Office 365 の接続エクスペリエンスの一部です。 グループ メンバーは、ノートブック、ファイル、メールを共有できます。

    • 現在のユーザーがメンバーになっている指定のグループの OneNote コンテンツには myOrganization/groups/{id} を使用します。 統合グループは、サポートされている唯一のグループの種類です。 グループ ID を取得するには Azure AD Graph API を使用します。

サイト コレクションとサイト ID を取得するには FromUrl メソッドを使用します

指定されたサイトの絶対 URL のサイト コレクションとサイト ID を取得するには FromUrl メソッドを使用できます。 必要な場合にのみこの呼び出しを行ってから、今後使用するために値を保存する必要があります。

サイト URL の形式は、例えば https://domain.sharepoint.com/site-ahttps://domain.com/sites/site-aなど、構成に依存します。

要求の例

GET https://www.onenote.com/api/v1.0/myOrganization/siteCollections/FromUrl(url='{full-path-to-SharePoint-site}')

Authorization: Bearer {token}

Accept: application/json

応答の例

{"@odata.context":"https://www.onenote.com/api/v1.0/$metadata#Microsoft.OneNote.Api.SiteMetadata", "siteCollectionId":"09d1a587-a84b-4264-3d15-669429be8cc5", "siteId":"d9e4d5c8-683f-4363-89ae-18c4e3da91e9"}

FromUrl を使って、SharePoint サイトのノートブックを操作するための要件:

  • OneNote のノートブック、セクション グループ、セクション、ページを作成できるのは、既定のドキュメント ライブラリのサイト上のみです (一部のサイト テンプレートは、既定のドキュメント ライブラリを作成しません)。ただし、GET 要求は、サイト上のすべてのドキュメント ライブラリから OneNote コンテンツを返します。

  • OneNote サービス ルート URL は変更できません。つまり、SharePoint REST API サイト パスを使用して、そこに notes エンドポイントを追加することはできません。

  • 呼び出し元であるユーザーは、サイトのメンバーである必要があります。

  • FromUrl は、インデックス付けされたサイトでのみ機能します。 新しいサイトにインデックスを付けるには、数時間かかることがあります。

関連項目